広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    清宮早稲田実業
    仙台育英に敗れ、悔しそうな表情で引き揚げる早稲田実の清宮=19日、甲子園
    仙台育英VS東海大相模で決勝 甲子園初対決、東北勢初か45年ぶりか

    ◇第97回全国高校野球選手権準決勝(2015年8月19日 甲子園)

     第97回全国高校野球選手権大会の第13日は19日、準決勝2試合が行われ、仙台育英(宮城)と東海大相模(神奈川)が決勝進出を果たした。

     仙台育英は26年ぶり、東海大相模は5年ぶりの決勝進出。仙台育英は26年前の決勝は帝京(東東京)に0―2で敗れており、東北勢初の優勝を目指す。東海大相模は5年前の決勝で興南(沖縄)に1―13で敗れており、勝てば1970年以来45年ぶりの優勝。

    両校は春夏通じて初の対戦となる。
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1439962315/

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/08/19(水) 14:31:55.91 ID:AkmF48XC0.net
    みたい?

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

     広島・新井貴浩内野手(38)が18日、出場選手登録日数が4年に達し、3度目のフリーエージェント(FA)権を取得した。
    この日の中日戦(ナゴヤD)前に取材に応じ「(取得は)全く知らなかった。自分には関係のない話。残り試合、優勝目指してしっかり頑張りたい」と封印を明言した。

     新井は権利を初取得した07年には阪神にFA移籍し、11年には行使した上で残留した。8年ぶりに広島に復帰した今季は90試合に出場し、打率2割8分8厘、6本塁打、51打点の成績を残している。

    松田オーナーは「すべてにおいて評価は高い。シーズンを通して、若い選手に戦うべき姿勢を伝えてくれている」と絶賛した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150818-00000099-sph-base
    3: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/08/18(火)17:17:39 ID:w27
    昔元ハムの金子誠がFA権獲得した時に売れるものなら売りたいって言ってたな
    新井さんも売りたいだろうな

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    鈴木 見逃し三振
    試合終了
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    黒田博樹右手打球直撃
    広島・黒田博樹が強烈ライナーを右手で止める


    「中日-広島」(18日、ナゴド)

     広島・黒田博樹投手が、平田良介外野手の打球を右手で止め、いったんベンチに下がる場面があった。

     0-0の初回2死一塁。中前に抜けそうな強烈なライナーに対し、迷わず右手を出して止めた(記録は投手強襲内野安打)。打球直撃後、畝投手コーチらがマウンドに向かい状態を確認。5球投球練習した後に治療のため、一度ベンチに下がった。


    負傷交代の心配もあったが、マウンドに戻り6球投球練習し、問題なしをアピール。その後は2死一、二塁のピンチで、和田を空振り三振に斬り、この回を無失点で切り抜けた。

     ファン投票1位で出場したオールスターでも、この日と同様に右手を出していた。7月18日のマツダスタジアムでの第2戦、二回、中島(日本ハム)の鋭いピッチャー返しに反応。直撃はしなかったが、ヒヤリとする場面があった。


     一つ間違えば大けがにつながるプレー。それでも黒田は「あの打球に当たっていたら、周り(の人)も引いちゃう。でもそれは仕方がない。小さい頃からやってきたこと」と振り返っていた。

    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1439824184/

    200: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/08/18(火)18:11:01 ID:nvF
    (黒田の利き手の右手に)当たったんか?
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    大瀬良_初ホールド_ヒロイン
    http://www.carp.co.jp/
    コイ大瀬良 中継ぎで躍動「持ち場全うしたい」

    昨年のセ・リーグ新人王で、今季途中から中継ぎに転向した広島・大瀬良大地投手(24)の輝きが増している。当初は失点も目立ったが、球威のある直球で押す投球に磨きがかかり、オールスター戦明けの後半戦は登板13試合で防御率0.59(17日現在)。接戦の終盤に登場するセットアッパーとして、「勝利の方程式」の一角に定着した。大瀬良は「結果を自信にしながら、持ち場を全うしたい」と逆転優勝を狙う終盤戦へ向けて意気込む。
    (続く)
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1439811010/0-

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ