広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    カープ高橋慶彦ロッテトレード


    【トレード物語29】“フライング発表”でひと騒動が起こった広島・高橋慶彦らのトレード【1989年】


    近年は少なくなってきたが、プロ野球の長い歴史の中でアッと驚くようなトレードが何度も行われてきた。選手の野球人生を劇的に変えたトレード。週刊ベースボールONLINEで過去の衝撃のトレードを振り返っていく。

    ロッテ側は「結論は出ていない」

    [1989年オフ]
    広島・高橋慶彦、白武佳久、杉本征使⇔ロッテ・高沢秀昭、水上善雄

     ロッテ・金田正一監督がポツリと漏らした。

    「ロッテも昔とは変わったなあ……」

     1989年オフ、11年ぶりに現場復帰した指揮官の本音。前代未聞の“トレード・ミステリー”の渦中での、このひと言が騒動のすべてを物語っていた。

     あらためて騒動を振り返ってみると――。それは11月13日、マスコミも球界関係者もがキツネにつままれた思いで始まった。

     この日正午過ぎ、秋季キャンプ地の宮崎・日南で広島が高橋慶彦内野手、白武佳久、杉本征使両投手と、ロッテの高沢秀昭外野手、水上善雄内野手との3対2トレードの成立発表として、マスコミに流した。しかし、もう一方の当事者・ロッテは沈黙を続けるだけ。

     普通、トレード発表といえば両球団同時発表が、球界の常識だ。そして、同日夕方にかけて、「事件」は、さらに意外な展開を見せていく。

     広島側が、成立を前提に3選手、山本監督のコメントを発表したのだ。高橋に至っては、リハビリ中の名古屋市内のホテルでの記者会見で、ロッテ移籍の心境を語ったほど。

     そして午後5時30分。ロッテ側は松井オーナー代行が記者会見。だが、その内容は「確かに広島からトレードの申し込みはあったが、こちらの結論は出ていない」という。“未成立”宣言だ。さらに、一方的発表の広島に抗議を申し入れ、謝罪を得たことまで明らかにした。




    ・高橋慶彦のときは、逆に知名度高いスターがロッテに来て、また実力者の白武もとれたから悪くは感じなかったな。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃



    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/12(火)07:33:37 ID:gPs
    赤松真人体重が2キロ減る_02
    【広島】赤松、復帰への思い「勇気を与える立場」1月胃がん手術
     
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171211-OHT1T50238.html

    胃がんからの復帰を目指す赤松がマツダでキャッチボールなどを行った。

    1月に手術し、胃を半分切除。リハビリ組の3軍に合流してからも体重が2キロ落ちているといい「野球ができるかという不安も、再発するかという不安もある」と現在の心境を明かした。

    「まずは2軍に合流しないと。病気やけがをされている方に勇気を与える立場。やらないといけない」と復帰への強い思いを口にした。

    12: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/12(火)08:00:39 ID:wkE
    同じ病気の人に勇気を与えるって意味ではすごい使命を背負ってるよな
    頑張ってほしい
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1513031617/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    img_74d1744b6f799a41f6c396582a7743ff286914

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/10(日) 23:43:58.93 ID:dBctpTSe0
    ないやろ

    5: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/10(日) 23:44:47.70 ID:yx9qWXFYd
    ミスター

    6: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/10(日) 23:45:06.26 ID:2nDkMYtQ0
    ゴジラ

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1512917038/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島カープ入団会見2017

    広島ドラ1中村奨成「カープの看板選手に」新入団会見で460人ファンに誓う


    広島が13日、広島市内のホテルで新入団選手発表記者会見を行った。会場には32倍の倍率を勝ち抜いたカープファン460人が参加し、歓声を送った。

     ドラフト1位の中村奨成捕手(18)=広陵=は「これだけたくさんのファンの方の前で開いていただいてありがたいです」と感謝を口にし、「(実感が)すごく沸いてきています」と目を輝かせた。 プロでの目標を聞かれると、「まずは新人王、最終的にはトリプルスリーや、誰も成し遂げていない記録を成し遂げたいです」と高い志を示した。

    今夏の甲子園では大会新記録の6本塁打。打撃の期待も大きく、「自分はアベレージヒッター。勝負強いバッティングをプロでも多く見せたい」とアピールした。

    捕手のこだわりも強く「小さいときからずっとキャッチャー、正捕手の座は渡したくないです」ときっぱり。あこがれは広陵のOBである巨人・小林。背番号22も同じで「モチベーションになります。カープの看板選手になりたいです」と力を込めた。
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/12/13/0010814150.shtml


    ・みんなユニフォームが似合っておる。



    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1513135526/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    中村奨成小林誠司モデルミットバット
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171212-OHT1T50233.html


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/13(水) 07:41:41.44 ID:x5KTD9Rgd
    中村奨成小林誠司モデルミット

    広島D1・中村奨、バット以外はG小林仕様!13日入団会見


    広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18)=広陵高=ら新人9選手が12日、13日に行われる入団会見に備えて広島市内のホテル入り。

    今夏の甲子園で1大会史上最多となる6本塁打を放った“怪物”は母校の先輩の巨人・小林誠司捕手(28)と同じモデルの捕手ミットを10月から使用していることを明かした。

     「バット以外は誠司さんと同じモデルにしました。10月頃から使っています。他のミットと違って、小さめです」

     3月開催のワールド・ベースボール・クラッシック(WBC)で日本代表の小林のプレーをテレビで見てひと目ぼれ。 ずっと憧れの存在でプロ入り後の背番号も小林と同じ「22」を着ける。

     小林はZETT社の捕手ミットを愛用し、安定した捕球力と強肩で今季ゴールデングラブ賞を初受賞。 10月に中村奨は数あるサンプルの中から小林モデルを選び、プロ入り後も使用する。
    強打のルーキーは小林ミットで打って、守れる捕手を目指す。
    http://www.sanspo.com/baseball/news/20171213/car17121305020001-n1.html
    8: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/13(水) 07:43:23.95 ID:E6G3E4+Ea
    なんでバットは真似しないんですかね
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1513118501/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    丸佳浩FA移籍しない

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/12(火)15:13:08 ID:ZJK
    その自信はどこからくるんや?
    4: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/12(火)15:31:57 ID:Wx9
    >>1
    カープをあいしてるからだろ
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1513059188/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/11(月)23:07:04 ID:ZyK
    広島カープ高橋昂也ヨとEを間違える

    4: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/11(月)23:08:16 ID:xi0
    >>1
    ちなみにそれ番組内で指摘されたんか?
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1513001224/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ