金本監督広島カープ
https://www.daily.co.jp/opinion-d/taidan/2019/06/11/0012414756.shtml


金本×新井さんと鈴木誠也の共通点

名伯楽・内田順三氏の想像を超えた選手たち 共通点とは

~中略~

金本同様、新井も努力のふた文字なくして語れない選手だろう。広島とパイプの太かった駒大から、98年ドラフト6位で入団。体は大きかったが、大学でも通算2本塁打。周囲も「何とかものになれば」というくらいの評価で、まさか名球会に入るほどの選手になるとは誰もが思わなかっただろう。

 守備も課題だらけ。駒大の先輩である大下ヘッドコーチが朝からずっとノックをガンガンやっていたが、「これだけやっているなら新井を試合で使うのも当然だろう」と周囲を納得させるほどの練習量だった。

 金本の背中を見て育った新井。これは江藤もそうだったが、彼らに共通するのは体が元気なこと。けがもしない。過酷な練習をしても、すぐ元気になる。多くの選手は辛抱するのが精いっぱいで顔に出るものだけど、彼らにはそうしたことが全くなかった。

 その後、広島・鈴木誠也の2軍時代に指導した経験があるが、彼を見ていると、金本や新井の姿に通ずるハートの強さがあった。いい意味で眼力の鋭さがあり、なにくそ精神でこちらにぶつかってきていた。会うたびに、体もどんどん大きくなっている。技術だけではない、ハートや体の強さ。若手が育つカープの土壌には、こうした伝統がしっかり根付いている。

(全文はリンク先)


・広島に入団した頃の金本はガリガリでプロでやっていけるのだろうか?と思うくらい力感がなかった
まさか後にあんなにビルドアップするとは・・・




【関連記事】




・金本は阪神6番の印象と同じくらい、広島10番の姿の印象も強いんだよな。



・金本は入団したときはガリガリ。



・自分はカープファンではないが思い返せば確かに金本さんのすくい上げたスイングでのホームランは記憶にないな‥ほぼレベルからダウンの軌道で打っていたイメージである。典型的な中距離打者が筋肉でブーストしてスラッガーになっていたと考えるとその努力は想像を絶する‥






・金本のガタイはほんとテレビ越しでもわかるくらい凄かった、凄い体の集まりのプロ野球選手の中でもずば抜けていた。
肩の怪我さえなければあと数年はやれてたと思う



→広島以外なら、松井稼頭央がヤバかった。
リアル孫悟空みたいなカンジだったが、すれ違いで目が合ったら、気さくに娘と握手&サインしてくれた。



・山本浩二、衣笠祥雄を見て(正しくはその下の代をかな?)育った人たちの背中を見て新しい主砲が育つ。よき伝統ですね。

もっとも、江藤、金本、新井…みんな出て行っちゃったけど。みんな残っていたらどんだけの打線になっていたのだろう?



→新井と江藤は99年しかカープで一緒にしてないし、新井があそこまでのびたのは、江藤が抜けた2000年の後半に野村、緒方、前田も離脱して2年目の新井にレギュラーをとるチャンスが来たのが大きかった。



→他球団ファンですが、緒方、野村、前田もいたし、怖い打線でした。



→繋ぎに正田、打点王を取ったロペスに捕手は西山に代打には右は町田、左は浅井。



→6番音、7番金本の強力下位打線。



・「元木がベンチでジュース飲んでいる間に、江藤、金本、前田はメチャクチャ練習してるんですよ」と達川が言っていたのが懐かしい。
ま、元木は元木で、今いい味だしているんですけどね。



・他球団に入ってたら、ここまで伸びなかったであろう選手達だな。

もうひとつ伸びた要因として、忘れてはならないのが、同球団で同年代にいたライバルの存在だろうな。



→前田、緒方の存在は相当あったでしょうね。



→金本が入団した時、前田は、年下ながら、バリバリのレギュラーで、普通なら「いつか、追いつき追い越してやる!」と思うのだが、前田のあまりにも卓越した技術に「どれだけ努力してもあいつのレベルには追いつけない」と感じたそうです。しかし、通算成績では、前田を追い越しました。やはり、丈夫な体が1番なんだと思います。



→今でも同じことが言えると思う。
鈴木誠也をライバル視できる選手が、
カープにどれだけいるか?だな。






→前田の打撃フォームは、かなり参考にしたと金本本人が言ってたもんな。
基本が守れる天才が前田だと。

その怪我は、前田の卓越した打撃フォームにとっては致命的だった。
それでも通算3割という成績を残せてるのが凄い。



・そのルーツは根本にある。若手時代の衣笠や山本浩司(後に浩二に変える)も根本が課した猛練習をこなす体力があった。

この時に鍛え上げられたメンバーが後に花開く。広岡がカープのコーチに来た時に根本は「こいつらは野球は下手だが体力と根性はある」なんて言ったらしい。



・天才と呼ばれたイチローや高橋由伸、前田智徳らのスイングって、見てて美しいなと思うけど、金本や新井のスイングって、それとは正反対なんだよな。
つまり、そこまでのセンスを感じない。だからこそ彼らの努力というのは、とてつもないモノだったんだろうなと思わせるね。



・いい選手でも本当に故障に泣かされる選手と
ほとんど大きな故障をしない選手がいる。

何がその差を分けるのか気になっている。



・もやしみたいだった金本さん。それが鋼の肉体になるなんて相当な努力だったはず。



・負けん気の強さが結局プロでの成長率を決めるよな。
心と体の強さがあれば技は後からいくらでも付いてくる。



・内田や杉村は期待されながらヤクルト選手としてレギュラーになれなかった。しかしともに球界を代表する打撃コーチとなった。自らは選手として不足していたことを信念をもって教えているのだろう。



→杉村は日ハムでホームランが出なくてアベレージヒッターに挑戦させられてたりと迷走していた鵜久森に対して『ホームランが狙えるバッターにヒット狙いの指導はしない』と言い切ったみたいです。
天才だと思いましたね。



・バケモノ集団のプロ野球選手の中でも、金本も新井も身体の強さを感じさせる。鈴木誠也といい、素人には広島の選手にはそういう選手が多い様な気がするが、そういう選手を狙って採っているのかな。

やっぱり息の長い選手は丈夫な選手が多い



・第一次広島時代の新井の守備はホント酷かったと思うよ。
当時見ててイライラしたしな。

大事なとこで弾いたり、送球ミスしたり、落球したり…一生懸命な分、よけい悲しさもあった。

けど、不思議だけど年数と共に阪神経て第二次広島時代は全然気にならなかった…どころか別人のような安定感だった。

努力ってのは、誰にでも出来るようでできない。
まぎれもない才能



→努力をできることが才能。努力できない人が多いから。私もそうだけど。努力できる才能が羨ましい。



・新井の不器用さは、今後の若手の見本になるな。流した汗と涙は嘘をつかない。林や、正随も同じ匂いがするな。





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認