鈴木誠也_大野寮_門限


広島・鈴木誠也、大野寮の門限にたびたび遅れそうになった理由とは…

【球界ここだけの話】

広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)=慶大=ら新人6選手が7日、広島・廿日市市内の大野寮に入寮した。寮長の道原裕幸さん(67)はルーキーに寮内のルールを丁寧に説明していた。

「団体生活するので最低限のことを守ってもらいます。あいさつは聞こえるようにする。朝食は必ず食べる。門限を守るとかですね」 

~中略~

ほかにも、門限は午後10時30分で、もし遅れるようなことがあれば外出禁止のペナルティー。その門限にたびたび遅れそうになった若鯉がいたという。その男は、昨季打率・335、29本塁打、95打点で“神ってる”活躍をした鈴木誠也外野手(22)だった。

「鈴木はいつも練習していて門限スレスレでした。(寮横の)室内(練習場)でバットを振っていました。門限があるから『目の届く範囲で素振りしてくれ』と言っていた覚えがあります」 午後10時30分以降は寮近くのスペースで素振りをしていたという。その鈴木は暗闇の猛特訓の成果もあって、2軍メンバー中心の大野寮から巣立って1軍を舞台に活躍している。

道原寮長は「1軍で活躍している選手はよく食べて、よく練習していました。丸、安部もそうでした。菊池は入寮日には室内で練習していましたと」と話す。

広島のルーキーは8日から新人合同自主トレをスタート。先輩を見習って、まずは1日でも早い大野寮卒業を目指す。 
http://www.sanspo.com/baseball/news/20170115/car17011512390002-n1.html 


・成功する人はすべからく努力しているんだなぁ。

 




【関連記事】
カープ鈴木誠也シーズン中に10キロ増!アスリートジム代表「あり得ない。金本でも5キロ減ったのに」




・誠也が去年大活躍した意味がわかった気がする。



・夜遊びじゃないしいいんじゃない。



・いい記事だなあ

春が待ち遠しい



・これだけ努力した選手が成功するのは嬉しいよね。





・プロ野球選手になってからスタートの人
一軍に上がってからスタートの人
レギュラーになってからスタートの人
どこに目標をおいてるかで違うんでしょうね。



・道原さんのホームランって結構印象に残っているのだけれど、5本だけとは意外だな。



・夜遊びじゃなく練習していたのか、やはり努力する選手は頑張って欲しい。



・堂林も練習の虫って聞くけどな



・自主練習しすぎで、外出禁止って、なんかホレてまう。



・おぉ~道原さんが寮長してるのか。
柳井出身の捕手、久しぶりに名前を目にした。
懐かしいのぉ。


 
・練習量が実力を物語っているというのはよく聞くけど、本当なんだな。実力のある選手はどんな時でも野球のことを考えて練習してる。

練習嫌いの選手はそれなりか結果が出ず、もういない場合が多いと思う。



・練習は嘘つかない。



・何だ、努力の天才の話か。



・新人6選手、将来のカープのために頑張ってくれ。
鈴木誠也、今年も昨年と変わらぬ、いやそれを超える活躍を期待しています。
中心選手となった誠也の活躍なくして、今年の優勝争いはないと思っている。



・努力と根性の塊。昭和っぽい匂いがする選手



・彼らにとっては野球は仕事やもんね。
ダラダラしたり、気を抜いてしまいがち、言われた事はやるけど言われなければ出来ない人は淘汰されてくということか。



・鈴木誠也が活躍したのは神ってるからでなく努力した結果



・去年の誠也の活躍は、神ってるという奇跡的なものではなく、本人の努力の賜物であるという事が分かる記事ですね。



・日本シリーズで負けた直後にマツダスタジアムの室内練習場で打撃練習をしていたという記事もあった。彼の努力出来る才能というのは本当に素晴らしい。









※自主トレ中の鈴木誠也を野間が撮影

怒りだしたり、ふざけだしたり忙しいやつだ!笑 #練習なう#笑笑

nomaさん(@taka.nm)が投稿した動画 -




バッティング終了!

nomaさん(@taka.nm)が投稿した動画 -




・以前 カープの寮には{練習は不可能を可能にする}と書かれた看板?が飾ってあると読んだ



・そうですよね、才能だけで飯が食えるほどプロは甘くない
天才が、必死で凄まじい努力するから、プロで大活躍できる。


 

【お知らせ】
「かーぷぶーん」の副管理人を募集(1/18締め切り)。



__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認