新井貴浩_大下コーチ

広島・新井の体に染み込んだ大下剛史氏の教え


まだまだ老け込むわけにはいかない。広島・新井貴浩内野手(40)が5日、宮崎・日南市での春季キャンプ第1クールを特守で締めた。約45分、190球を丁寧に捕球したチーム最年長のベテランは「体のあちこちが張っているけど、しっかりと追い込めた。まだ若い選手には負けないぞという気持ちでやっている」と5日間を振り返った。 

~中略~

40歳の肉体はすでに悲鳴を上げている。毎夜のように筋肉痛で夜中に目を覚まし、寝起きも「体がバリバリに張っているので、ゆっくり起きるようにしている。若いときのようにガバッと起きて首とかがピリッといったら(治るまで)1週間はかかるから」と細心の注意を払っている。
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/648512/



・いくら新井さんでも、本当に怪我にだけは気をつけて…





【おすすめ記事】
亀梨君、カープ菊池涼介に打撃のアドバイスを貰う。日南キャンプの居残り練習もしっかり見学


自らに苦しいメニューを課すのは、入団1年目(1999年)のキャンプで叩き込まれた下半身強化の重要性が体に染み込んでいるからだ。「当時は午前中全部がアップというか強化走でしたからね。(ハードメニューで)気持ちが悪くて昼食も食べられなかったり、座って食べていたらヘッドコーチの大下(剛史氏=本紙専属評論家)さんに怒られて、立ったまま食べたり…。でも、いま考えると、あの経験がすごく重要だったと思う」
 
昨年はチームを25年ぶりのリーグ制覇に導き、MVPに輝いた。それでも新井は新井のまま。年を重ねても気持ちはルーキーイヤーと変わらない。  
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/648512/




・大下さん元気ですか?



・今日は休養日しっかり休んで



・頑張って下さい、新井貴浩選手!
今年も応援させて頂きます。



・若手時代の猛練習が染みついて、周りが心配になるくらい体を追いこまないと不安になる新井さん。
今年はペース配分を考えて、1年間好調を維持して下さい。





・いっつもなぜか笑ってしまう写真もこれはかっこいい



・今の新井さんがあるのは大下氏も大きいが、黒田博樹氏の影響や、阪神の金本監督を追ってハードなウエートトレや護摩行に励んだ成果でもあることを忘れてはならない。



・えぇ、、座って食べてたら、怒られたんか。。



・この歳でハードな練習をこなしても壊れずに、しっかり力の糧として吸収できる新井の兄は見事。しかし大下は当時の事としても、メシ時間位は鬼モードのスイッチを切らないと。



・大下氏のやり方は、今では絶対通用しない
カープの選手の怪我が多かったのは、練習のオーバーワークによるところが大きい
 
いろいろ勿体ないことをしたと思う



・いい顔しとるの~
俺は新井のファンなんじゃ
今年も応援しているぞ!



・大下さんの教えが体に染み込んでいる
若手の頃から厳しい練習して、この年齢になってもイキイキしている



・鉄拳嵐の大下剛史…

河田コーチが若い頃、走塁練習でミスをしてビンタ喰らってたのを思い出した…

近年でこんな事やると、訴えられて社会問題になる



・まだ老け込む歳じゃない。 



・菊地が100人分の1の守備部門で、「貴くんで」と新井貴浩の名前を上げて、「自分と同じように一生懸命、捕りにいく新井さんの姿勢が自分もやらなくちゃっていう気持ちに繋がる」っていうような話をしていた。

今は、新井さんの若い頃ほど、鬼軍曹がしごきまくるような無茶苦茶な練習はないけど、それでも、カープの練習、練習の伝統は変わってないなと思う。
 
あんまり張り切りすぎも心配だけど、でもがむしゃらに一生懸命が新井さんのスタイルなんだろうなぁ。




・その出会いがなければ
今はないんだろなあ

ボロボロになるまで
頑張ってね



・カープの鬼軍曹、大下さん。懐かしい。
今の時代にはもうこんな厳しい指導をする、鬼コーチは出てこないだろうな。
達川監督時のカープの厳しい練習は伝説になって、必ずこの人の名前があった。



・大下がコーチの時は、ボコボコ選手が壊れてたけどなぁw
でも生き残れた新井には、今のトレーニングメニューでは物足りないかもしれない。 





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認