黒田博樹_菅野智之_絶賛_WBC_侍ジャパン_02

菅野球数制限の中で「さすが」侍エース/黒田博樹


<黒田博樹氏の侍ジャパン随行記>

広島とドジャース、ヤンキースで日米通算203勝を挙げ、昨季限りで現役引退した黒田博樹氏(42)が第4回WBC1次ラウンドのオーストラリア戦(東京ドーム)を観戦。日刊スポーツが独占掲載する「侍ジャパン随行記」で8日も、侍ジャパンの戦いぶりを熱く語った。先発菅野のエース的な投げっぷりを絶賛。第1戦は打ち勝ち、第2戦は守り勝った日本代表が、いい形のチームになったと太鼓判を押した。 

~黒田のWBC観戦記~

エースらしい投球だった。この日、先発した菅野は決してベストピッチングではなかっただろう。思うように使えない球種もあった。それでも使える球種を中心に試合を作った。期待された中、期待通りの投球をする。さすがだ。結果を残して、チームに勝ちをもたらす。

まさにエースの姿だった。

試合中は投げにくさを感じていたかもしれない。僅差の試合展開。アメリカ人の球審は内角に厳しかった。苦しい中でも、チームにいい流れをもたらした。
(続く)
http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2017/news/1789504.html

 

・球数制限がある国際試合においてはコントロールが良いのは何よりの武器。計算出来る投手がいるのは本当に心強い。 

 



【関連記事】
【侍ジャパン】味方になった菅野智之wwwwww


黒田博樹_菅野智之_絶賛_WBC_侍ジャパン

~中略~

試合後、菅野の口から「1イニングでも長く」という言葉が出た。

エースの気質だろう。

すべての球種が一級品であることは言うまでもなく、シーズン中はマウンドに上がれば白黒つけるまで降りないという姿勢が感じられる。特に中継ぎ投手が連投しているときは最後まで投げきってやろうという気概がある。

個人的には、投手の分業制が確立されても、エースは最後まで投げ切るのが理想。そういう気持ちがあるからこそ、65球の球数制限の中、5回途中まで投げられるのだと思う。


(全文はリンク先)
http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2017/news/1789504.html




・黒田さん解説者としても引っ張りだこだろうね



・いつも通り優秀だったね。途中まで援護がなかったのもいつも通りだったけど



・イチローの言葉を借りれば、本来の自分でなくてもゲームを作れる投手ですよね。






・菅野に援護を………



・内角を全然取ってくれないのでリーチの長い外国人相手に苦労してるように見えたけど菅野はさすがの投球だったね。黒田さんもそこを再三指摘してたけどMLBの主審だとこの後もこの辺が苦しいとこだな



・65球の制限内で5回まで投げるのはたいしたもの。




・菅野も頑張ってくれたし
ランナーを背負った場面から登板した
岡田も頑張ってくれた。
これまで失点が多かったけど
投手陣も安定感が出てきたね。



・内角取ってくれない割には根気強く
投げてくれた。
原は相変わらず甥っ子に手厳しいね



・原さんは確かに巨人監督時から甥っ子に厳しかったね。それを情実人事で菅野に甘いなんて勘違いを言う人もいましたね。



・ちゃんとゲームを作ったし、これがエースという投球だった…次も期待している。



・やっぱり、メジャーで実績のある黒田さんは説得力がありますね。



・5回を投げ切ってたら、言う事なしだったけど、
菅野もたぶん、ランナー2人残しての降板は悔いが残ったろうな
でも、球数制限がある中で、よく投げたと思う



・菅野ってあまり好きじゃないけど・・・
でも菅野は間違いなく今の日本球界では最高の投手ってことは間違いないって思ってる。
 
味方になるとこんなに頼もしいなんて。



・同じくカープファンとして菅野を味方として応援できるとは…
悔しいけど素晴らしいピッチャーなのは間違いない!



・黒田さんの分析って、心理面と技術面双方に言及してくれる






・WBCでは実力を100%発揮(使い切る)するのはボールの違いや球数制限があるので、難しい投手がほとんどかもしれないが、オーストラリア戦での菅野のピッチングはそのような中でも流石ジャパンのエースといえる内容だった。
 
逆に千賀はWBC球にフィットしているように見えた。



・尊敬する、黒田さんに褒めてもらえて、嬉しいのでは。



・明日の中国戦をいかに有効に使えるかがカギになると思う。



・メジャーのストライクゾーンにしても内角の判定が
辛かった。菅野のような横の変化と制球力で勝負する
投手には、審判との相性が最悪だったと思う。
そんな中、よくまとめたなあと思う。



・黒田はいい監督になりそう。



64球までに三振がとれて、2アウト1塁になっていれば
5回投げ切り可能だったかな。

球数制限の焦りはあったかと感じた。
普通の野球にはないルールだし、投球全体に影響があるね。



・黒田さんは菅野みたいな投手が好きそう。援護が少ないところも良く似てるし(笑)



・プレッシャーの中、「さすが」という投球。65球という球数制限で5回途中は普通にすごい。開幕前で調整も難しかったとだろうし、エースとして期待通りのピッチングをしていたと思う。



・どんな投手でも100%なんてそうはないし、工夫はすると思う。ただいつもと違うストライクゾーンや、使える球種で勝負にいくには、やっぱり力がないとダメだし、そこを黒田さんはほめてましたね。

 

__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認