石井琢朗前田智徳
http://pict-dd.cocolog-nifty.com/carp/2010/11/post-5c20.html

12球団ダントツ 広島・石井打撃コーチが明かす得点力の秘密
12球団ダントツ 広島・石井打撃Cが明かす得点力の秘密


1日のヤクルト戦に勝利した広島。8月23日に、4番の鈴木が右足首骨折で離脱する苦境に見舞われたが、主軸不在となった24日からの計8試合は新井や松山が4番を務め、1試合平均得点は4.25をキープ。この日、4番として3打数3安打2打点の活躍を見せた松山は「なかなか点が取れない中でいい仕事ができた。一人一人がつなぐ打撃を心がけている」と話したように、12球団ダントツのチーム総得点635の攻撃力は健在だ。

その裏には「考えさせる野球」がある。石井打撃コーチはこう言う。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/212799



・あれだけずっとここ一番に弱かった打線が、特に今年は序盤から、チームの流れが苦しくなっても、何とか結果を出せるようになった。





【おすすめ記事】
カープ西川龍馬、鈴木誠也のペンダントを「勝手に持ってきた。アイツにはまだ言ってない」

「プロに入るときは一流だ、天才だとチヤホヤされる。いざプロに入ったら、みんな自分と同じかそれ以上のレベルの人ばかり。まず、それに驚いて戸惑う選手が多い。そこからどうやって1歩2歩、自分が飛び出していくか。それを考えていったらやるべきことは決まってくる。自分が現役のときも状況を考えながら取り組んでいました。

練習は
『理想を追い求める場所』

試合は
『どれだけ迅速な状況判断ができるかを試す場所』

練習は確認作業であって、試合とは切り離して考えないといけない。『練習でやってきたことを試合でも』というのは違う」

理想と現実は別物という考えの徹底。それは打者と投手の関係性にあるという。

「打者はあくまで受け身でしかない。投手が投げてくる球をどう崩して食らいつくかを考えるしかないんです。西川(龍馬)も『天才』なんて言われているけど、相手に『真っすぐに強い』というイメージを持たれているから変化球で崩される。そこからの駆け引きの部分はまだ課題であり、伸びしろでもある。そういう部分を試合で鍛えていかないといけない」

 得点だけでなく、盗塁もリーグトップ(97)。相手の動きや隙を突いた状況判断のたまものか。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/212799


・天才と言われる西川や怪力エルドレッドが常時スタメンじゃなくても機能する打線。凄いと思う。
ただ、今は苦しい戦いが続いてるから再度勢いを取り戻して欲しい。



・苦しい中で良くやっていると思う。練習と試合は別物か、成る程。素晴らしい指導



・主力に疲労の蓄積が見られる今こそ、コーチの腕の見せどころ。
フレッシュな選手を活用して、連覇を目指して欲しい。






・我が巨人軍と違って若手が育ちますね。



→チーム方針の違いは影響してるでしょうね
今年ならセカンドで勝負しないといけない若手が結果を出せずに結局マギーがおさまってしまった

来年は村田がいなくなるかもしれないし、阿部も毎回スタメンじゃきついだろうからセカンドのレギュラー争いはまだ残ってるはず
カープもレフト兼ファーストとサードは埋まり切ってないからもっと下から突き上げて欲しい



・勿論繋ぐ気持ちは一番大事や思うが、誠也がいない今、やはりエル砲か新井砲を打てなくてもどちらかスタメンで起用して貰いたい。相手投手に威圧感与えるしファンもワクワクする。昨日みたいに右投手やからいって左を揃えるのはどうかなぁ?



・2年前(2015年)のシーズン終盤、25試合連続1桁安打があり、そこがテーマで、始まったようなものです。



・パのどこのチームか忘れたがカープと試合してソフトバンクの打線みたいだとか言ってたな



・カープはまだまだ成熟してないチーム。
だから去年も軽く日ハムに…

後、2年後くらいかな日本一に成るかも?て
期待出来るのは。



・もちろん日本一になって欲しいとは思うけど、今年は誠也も離脱してジョンソンが長らく不在だった事もあって中継ぎは疲労困憊。。。
日本シリーズに出てもちょっと厳しいですかね



・そして状況判断は試合に出ないと磨かれないだろうし、状況判断に求められるスピードは一軍と二軍では全く違うんだろうね。試合に出ること、試合に出られる環境を整えることが大事なんだね。



・タクロウさんは選手てしても指導者としても素晴らしい。



・もうちょっと入れ替え活発にしてほしいな…上がってくる選手も同じ選手ばかりが多い…土生とか下水流、庄司とかはダメなのかな?



・石井の厳しい指導についてこれるのは、カープの選手だけかな?



・まだまだ苦しい状況は続くな






・なるほど。練習と試合に関する考え方がしっかりしている訳ですね。別物と言い切る明快さが印象的。チーム打率が、打撃10傑に入りそうなくらいの高率だもんな。凄いわ。



・石井、波留、鈴木、ローズのマシンガン打線好きだった



・助けてほしかったら、先ずは自分が相手を助けなさいと教わった。カープは石井コーチを横浜から助けた。今、石井コーチにカープは助けられている。



→引退セレモニーで観客の掲げてた
琢朗さん。カープに来てくれてありがとう。
は何気ない言葉だけど本当に感動した



→わたし、たくろーさんが広島に来て最初に警備員より先に市民球場に練習にきた話、大好きです!

7時前(つまり朝の6時…)
「市民球場ってどこから入るのー?」ってトレーナーさんに電話してビックリさせた。



→自分が子供の頃から、マシンガン打線の切り込み隊長として敵ながら名を轟かせた石井琢朗

横浜の名遊撃手として20年、最後はカープの選手としてわずか4年
正直この人が引退して広島に残ってくれるとは思わなかった
琢朗には感謝しかない



・ありがとう栃木県。



・あの時横浜に少しの愛情をタクロウに持ってたら、今頃カープと横浜の立場が逆転してたかも



・まぁしかし8月は苦しんだね
9月はいっきにつき離そうぜ!


・石井コーチが引退した年に、勝負弱い貧打線の力の無さで、CSを逃した前監督の痺れる場面で力を出せるチームにすると言った言葉が、ようやく実って来ている。

前監督の作った基盤を引き継いだ緒方監督が、一歩前に進めて的確な方向性を打ち出して、信念を貫いて、我慢して選手を起用してきた結果だが、監督と同じ方向性を共有する石井コーチの指導と存在がなければ、ここまで成功はしなかっただろう



・広島打線は相手ピッチャーの投げる球種が分かっているかのように打っている。
細かいクセなどを研究しているのかな。



・琢郎コーチになってから、病気かと思うほどの
連続無得点イニングや底無しの連敗が無くなってる



・猛練習の叩き上げ、メンタル強い、体が頑丈、頭がいい、走攻守の三拍子、勝ちにこだわる、足りないところを何とかする思考。

=石井琢朗



・去年からの東出コーチの力は、大きいと思います。




・以前は考えろよ、頭使えよと試合を見てて思わず口走る事が実に多かった。今でもないわけではないが、昔と比べたら回数は随分と減った。個々が置かれた状況で今自分が何をしなければならないか、チーム全体に浸透して来たという事だろう。これこそが今のカープの強さの源でもある。



・タクローコーチの考え方には一貫性があるし、キチンと結果も出ている。



・カープ野球と石井コーチは相性抜群



→河田コーチも相性良い



・何と言っても、昨年優勝した瞬間に顔をくしゃくしゃにして泣いている琢朗さんを見て、嬉しかったです。





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認