広島カープ_トレーナー

広島のリーグ2連覇の影にナイン支えたトレーナー部門の尽力


~中略~

故障者を出さないのが基本方針。ケガの予防に最も力を入れ、客観的な数値を基にして治療やコンディショニングを行ってきた。体の各部の機能を評価したり筋力を測定したり、良いパフォーマンスが出せない数値が出ていれば、練習メニューの変更や代打での出場、さらには休養を首脳陣に提案した。短期、中期、長期と3つに分け、戦力を落とさないためには何が最善なのかを考えた。

 選手の主観、トレーナーの感覚や経験だけに頼ることは決してしない。体脂肪を計測して、それまでの数値と変化があれば、食事の改善を促したりすることもある。5月に菊池が下半身のコンディション不良で欠場したときも、機能評価を行った結果、プレーを継続すれば今後、大きな故障につながる可能性があると判断したためだ。

「できるだけ状態の良い選手を増やすことがトレーナー部の使命だと思っています。それが戦力の底上げにもなる。何かがあっても隠して治療に来ないというのが一番困る。言いやすい環境にはしています」と松原慶直1軍チーフトレーナー。

選手と積極的にコミュニケーションを図りながら信頼関係を築いて、症状を覚えたときに言いやすい環境作りにも力を入れてきた。トレーナー間での連携を密にして情報共有しながら、故障を未然に防いできた。

(全文はリンク先)※かなり長文ですが、トレーナーなど裏方さんの頑張りが伝わる良記事なので、全文を読んでからまとめを見ることをオススメしますm(_ _)m
https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/19/0010567059.shtml



・過去の反省を生かして作られ、強化したと言える







【おすすめ記事】
カープ菊池「チームの雰囲気が暗いのが嫌で、入団した頃から変えたかった」


・いい記事!
しっかりとケアしてるからこその強さ



・カープ選手が故障で離脱して復帰した時のコメントで、第一声がトレーナーの方に対する感謝の言葉が出ている。



・実績に裏付けされたケアが選手に行き届いてることがよく分かったし、オーナーが意外といい仕事してるのも分かった






・トレーナーさんだけじゃないけど、見えないところでしっかりいい仕事をしてくれる裏方さんのご苦労があって初めてチームは円滑に回って勝って行けるもの。



・古くは前田智徳のアキレス腱断裂や江藤智の眼窩底骨折など選手生命の危機すらあった選手たちを再び一軍で復活させた裏にもトレーナーの尽力があったんだろうね。



・野球以外のプロスポーツチームもマツダスタジアムに視察に訪れてトレーニング設備を見て参考にし始めたらしいね、FAで選手を補強しない分今ある選手の為にお金を使うのは素晴らしいと思います
今いる選手が少しでも怪我なく長く活躍できるのはファンにとっても嬉しい



・今季、12球団随一ケガ人に泣かされたヤクルトは広島のトレーナーを見習うべき



・松田オーナーのチームに対する愛情は半端じゃない。
良いと思ったらどんどん新しいことを取り入れる姿勢は昔のカープもそうだったが、実るまでは時間のかかること。
それが立派に開花したのだね。



・無事これ名馬なり。



・デイリーさん

お手数ですが、ヤクルト球団本社にこの記事を送っていただいていいですか



・「野球」の最も遅れている分野。それは大学、高校、それ以下から当然の様に(知識のあるトレーナーが)サポートするのが当たり前の様になると良いね。。。



・スタジアムツアーで三塁側トレーナー室を見ましたが、
横になれるシートが4つはありました
緊急連絡先やいざという時の移動経路について
記された紙も貼られていましたね



・やっぱり組織はトップが大事。白紙の設計図、かっこいい



・カープアカデミー設立、スカウトマン養成にリハビリ施設。
しっかりとした準備をしていたのだなあ。
オーナーは本当に強くしたい思いがあったのだと痛感した。
20年以上に渡る低迷が見事花開いた。



・少々の故障などあろうが出場するのがどこか美談めいて語られたりすることはあるが、結果長い目で見れば、チームにとっても本人にとってもマイナスになる。

カープには鉄人と呼ばれた偉大な先輩もいらっしゃるが、皆が皆出来ることではないし、長い低迷になったのは選手層が薄い分主力に負担がかかりすぎた面もあったと思う。






・カープの8月の移動距離がダントツ多かったなぁ。Deはたったの400kmってのも笑えたけど。日程の組まれ方が問題だよぁ、、、。



→それでも独走しちゃうんだもんなぁ。



・表の部分だけやなく裏の部分も 重要である事がよくわかる。
見えない所に 力を入れて少しずつ実になって来た。



・確かに昔の広島は怪我が多かった。投手では山内、澤崎、小林幹、苫米地、梅津、永川…野手は野村、前田、緒方、栗原、尾形と怪我人だらけ。

ヤクルトが野戦病院っていうけど、それでも治療すれば復帰できたが広島の場合、もう選手生命の危機になる怪我になってしまうのばかりだったからな。

それだけボロボロにしてしまう環境をようやく変えられたのはいいこと。



→昔は「練習やり過ぎて故障するのは勲章」・・・みたいな、軍隊野球の考えだったからなぁ。

トレーナーに力入れてたのは知ってたが、海外事情を視察してこんなに充実してたのは知らなんだ。



・阪神も見習って欲しいところだが、果たして藤浪のイップスまでケアすることはできるのだろうか?

今は二軍コーチの藤本が言ってたけど、金本さんが現役の頃は「トレーナー室には行くな。行ったら休まされる」と言われていたそうだし、死球を受けた選手に「骨か?肉か?」とだけ聞いたくらいだからなぁ。いつまでも根性、辛抱、我慢じゃやっていけないのだが。



・俺は広島在住で、長年カープファンだけど、初めてこんなにも充実したカープトレーナー部門が存在することを知ることができた。 

大変興味深く秀逸な記事。




・「育成を大事にするのも大事だけど、25年間優勝できなかったのは長すぎ」と言われたら「鈴木選手や丸選手が揃い、今のカープができたのはここ5年くらいのもの。20年以上同じメンバーでやってきわけじゃないんだから、その期間は関係ない」という内容の返しをしていた人を見たことがあります。

どちらも選手のことをメインにしていたけど、怪我人が多いことから対策を考えて施設やトレーナーを充実させるには20年近い期間も大事だったことがこの記事を読んでわかりました。



・トレーナーさんや裏方さんの支えが合っての優勝と思っても過言では無いと思うよ



・昨日のビール掛けもアツがまず準備してくれた裏方さん達への感謝を述べてたのが印象的だった。常日頃から裏方さんも含めて一つのチームの意識が全員に浸透している証だろう。




・ポジションを空ける事がクビに繋がる世界
選手は自分から休みたいとなかなか言えないもの、監督も休みたいという選手はチームの手前使い辛い

そこに第三者が客観的な数字を出す意味があるのだと思う






__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認