鈴木誠也筒香嘉智ライトスタンドホームラン
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/11/21/kiji/20171121s00001173015000c.html


【12球団番記者が振り返る・広島】セ相手に負ける姿想像できなかった

 担当した2年間でリーグ連覇。Bクラスの常連だった頃を知らないから、カープは勝って当たり前のチームだった。何でもできるタナキクマルがいて、若き4番の誠也がいて、勝負強い松山や新井が脇を固めた。黒田が抜けた投手陣も薮田や岡田が急成長し、勝ちまくった。

 大げさでなく、たとえ短期決戦でも負けるところが想像できなくなった。少なくともセ・リーグ相手には。だからこそCSでの敗戦はショッキングだった。広島には細かいミスが出たし、相手の采配はズバズバ当たった。いわゆる流れをつかめなかったわけだが、負けるときはこうもあっさり負けるもんなんだなと。

 「自分たちの野球ができなかった」と振り返った選手が何人もいた。3連覇がかかる来季も本命視されるのは間違いない。進化して、乗り越えて、今度こそ日本一を見たい。
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171231-OHT1T50159.html



・5月7日の甲子園での9点差逆転負けがあったからこそ、リーグ2連覇を達成したと思う





【おすすめ記事】
菊池涼介、テニスのサーブ&スマッシュをキャッチ!「KYOKUGEN2017」で好守披露


 
・セ相手に負ける姿想像できなかったと言いますが、交流戦ではソフトバンクと同じ12勝6敗でした



→本気で交流戦優勝を狙っていた。



→広島はたしかにSBと同じ12勝6敗だったが、SBは和田、千賀、武田、スアレス、内川、デスパイネ等の主力を欠いていた。






・そんなに簡単なはずはない。カープファンだからこそ思う。



・嘗てのソフトバンクもCSで敗退し、日本シリーズを逃していた時期もありましたが、その当時の姿と今の広島と重なって見える気がします。



・中日、巨人が過度期ってのもあるね



・広島は一番プロらしいプロ野球チームだと思う。新人をしっかり育成して活躍させ、試合で結果を残している。



広島は巨人に強い。

巨人はDeNA に強い。

DeNA は広島に強い。


今年のセは不思議な関係だったなぁ。



→denaがカープに強いって言ってもほぼ互角。短期決戦での戦い方ができなかった



・ペナント優勝は選手の実力
CS敗退は監督の采配の差



・(CS敗退は)去年は想像出来なかったけど、今年は横浜相手ならありえると思っていた。その通りになった。



・来年も優位かもしれないが、分からない。
歯車が狂えば、全体が狂う。
慢心せず、やっていけば、三連覇達成は可能



・カープ。間違いなく強いけど、強いのが当たり前と自軍チームが思うとまずいと思います。

今年のお得意さんたちが来年は普通になってそう。

ただセイヤはさらに打ちそうな気がしてます。



・打撃陣は、リーグ1だから、あとは投手王国を復活させて盤石の体制を



・もう数年はカープの時代になりそう



→それで良い。

一貫したドラフトへの姿勢と素晴らしい育成システムで常勝で有り続ける事は素晴らしい。

敵ながら敬意を示さずにはいられない。






・日本シリーズに進めなかったのが不思議、一つは全てはシリーズまでの準備に問題があったことと、もう一つは一発勝負の短期決戦の戦い方にあった、後者については2年続いて同じことを繰り返している、何が問題であったか、それ以上は誰も言えないかも、厳しい意見かな



→ノムさん曰く、
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」



・チームなんて主力1人が不調になるだけでガタガタになることもある
逆指名がなくなりドラフトが公平になったことが広島躍進の一つの要因だが、同じ要因でベイスターズも強くなっている。

他球団も条件は同じだから、各球団の戦力は均衡化しているし、
すぐ抜かれることだって十分にあり得る。



・采配もあるけど、誠也、安部、エルドレッドと三人も抜けては勝てないよ。



・打たれ出したら止まらないピッチャーやばいよね。安部のサヨナラがなかったらCS みたいにズルズルいってたんじゃねえの。



・大きな補強もせず生え抜きの選手をジックリ育てて来たカープは素晴らしいチーム、まだ2軍には将来活躍しそうな選手がしのぎを削っている、先発投手陣が有る程度の結果を出してくれれば暫くは盤石な状態が続くだろう。



・雨でコールド負けした時に勝てると予感できました。ベイのファンです。



・来季三度目の正直、オフに丸がFAしたら結構ピンチ、再来年はどうなるかわからないので、来季こそ日本一。



・カープは耕して種を蒔いて肥やしもやって、時間を掛けて来たから実りの時を迎えている。今の強さは地道な積み重ねの上に成り立ってるので、少々の事では簡単に揺らぐ事はない。

来季は他球団のマークはより一層厳しくなるだろうが、カープの野球がしっかり出来れば大丈夫。3連覇と日本一へチーム一丸で邁進して欲しい。



→逆風で育てたものが飛ばされるとかの苦難もあったけど、それでも耐えて育ててきたものがようやく実を結んだ感じがして嬉しい



・CSはバタバタし過ぎて自滅しましたよね。

リーグ優勝した特権を最大限生かす投手起用したら良かったんですけどね。



・過去に10ゲーム差以上で2年共に連覇したチームは3年目も優勝してる。
 
しかも得点700点台の稀有な打力。

カープに余程の不運と、他チームは、全員がキャリアハイするぐらい噛み合わないと追い付けない大差。

瞬間的に横浜、阪神に首位取られることもあるかもだが、焦らずやれば大丈夫だろう。



・ただ、ある種この奢りが今年のCS敗退に繋がったと思います。

去年の制覇はメークドラマというものに対する免疫が有ったので、あれだけの差をつけて勝ち、CSも制したと思います。今回は連覇を達成してセリーグ突破なんて当たり前という気持ちが少なくともファンの中には充満していたし、それが選手レベルにも少なからず有ったような気がします。

特に薮田でCS初戦を獲った時は。勿論、それだけではないけどそれで敗退したと思います。

でもそういう意味では今年のCS敗退は来年の3連覇、悲願の日本一を達成する為の過程だと思ってます。去年のCS敗退があったからこそ日本一になれた。と来年こそは言えると思います。






・パファンだけど、ソフバンのような強さは全くないと思う。なによりこの記事、コメントを見て思うことは慢心しすぎ。

日本一になっても来シーズンはどうなるか分からないと言うソフバンファンを見習ったほうが良いと思う、勝負事に絶対はないわけだし。



・9点差逆転や3連発と屈辱的な敗戦はあれど、散発で抑えて
バティスタ、七夕、1-0の薮田完封、福留の2ランを安部が2ラン返しと、劇的な勝ち方を毎月続けていましたからね

安部と誠也と突発的な怪我が出たのは仕方なかったですが、
それでも故障を最小限で戦い抜いた今シーズンだったと思います。

来期も怪我無く乗り越えて欲しいですね



・来期も本命なのは間違いない、ただ二連覇が他チームに与えた影響は想像以上にデカい。

どのチームも三連覇されたら恥ずかしいから、対巨人じゃなく対広島で先発ローテーションを組んでくるだろうし、広島は今年と同じ戦力だとやられるから他チームと同じかそれ以上の上積みが必要になる。

タナキクマルは安泰とか言ってないで、もっとチーム内で競争が必要だね。



→西川、坂倉を始めとする控えの底上げが不可欠



・これからも広島は強いだろうけど若手がしっかり育っているチームは強い。DeNAや阪神もかなり恐い。少なくとも去年や今年のようには勝てないと思っている。



・毎年優勝は難しいけど、毎年優勝争いできるチームでいて欲しい。80年代はずっとそういうチームだった。



・カープが優勝するというのは、資金に差があっても根気と工夫でペナントを制することが出来る証左(証拠)にもなる。

お金をかける事を否定する気はないけれど、資金差だけでペナントの行方が決まらない方がプロ野球としては面白い。





__________________


■お知らせ

※『かーぷぶーん管理人の成り済ましコメント』を匿名掲示板やコメント欄に書き込む荒らしが発生しているようです。当サイトとは関係のないユーザーなので、誤解のないよう、よろしくお願い致しますm(_ _)m

※『docomoの携帯やスマホの仕様を利用した荒らし行為』をする悪質なユーザー対策のため、現在、docomoの端末のコメントが制限されています。より多くの人にとって、快適なコメント欄を維持するための処置です。一部のユーザーにはご迷惑をおかけしますが、ご理解よろしくお願い致します。


 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認