丸勝浦トークショー

 千葉県勝浦市出身のプロ野球広島カープの外野手で、2017年にセ・リーグMVPに輝いた丸佳浩さん(28)が4日、同市芸術文化交流センターでトークショーに臨んだ。同級生や恩師らと一緒に野球に熱中した青春時代を振り返り、「好きだから頑張れる。継続して練習することが大事」と呼び掛けた。800人入る会場が満員の凱旋(がいせん)講演となった。

 丸さんは市立勝浦小学校、同勝浦中学校を経て千葉経済大学付属高校に進学。2度、甲子園に出場した。2007年、広島カープに高校生ドラフト3巡目で入団。13年、外野手として盗塁王を獲得し、翌14年にベストナインに選ばれ、17年にセ・リーグMVPに輝いた。

 トークショーには幼なじみの植村拓也さん(28)、中学時代、野球部監督だった荒井猛さん(59)、中学高校で後輩の吉野聡泰さん(27)が駆け付けた。

 マイクを握った主役は小学3年の時、植村さんから「一緒にソフトボールチームに入ろう」と誘われたが「ゲームがやりたいから断った」と会場を沸かせ、再び勧誘されて参加したことを明かした。

◆市から特別表彰

丸さんは「生まれ育った市から、表彰されるとは思ってもいなかった。勝浦で応援してくれる方々に希望を持ってもらえるプレーをしたい」と話した。



・地元のご両親も喜ばれたのではないでしょうか。








丸佳浩千葉県勝浦市トークショー











■会場には、丸の親族、地元の友人が多数参加。イベントの最後に参加者一人づつと握手








■丸のお父さんもカープファンとの記念撮影に応じる





■トークショー内容

■丸佳浩が野球を始めたきっかけになった友人「本当は一度断られて、もういいやと思ったけど、母に『もう一度誘ってみなさい』と言われた」


丸佳浩千葉県勝浦市トークショー_01


■丸の高校時代のエピソード

丸佳浩千葉県勝浦市トークショー_02



・中田廉は、高校時代に選抜で丸と記念写真を撮っていた。
・丸のドラフト会議のとき、生徒が隠れて携帯のワンセグで見ていたが先生は容認した。
・指名されるなら「遠くの球団がいい」と思っていた。
・小学校の卒業文集に書いた目標は「2000本安打&200勝」



丸佳浩千葉県勝浦市トークショー_03


・丸のイメージカラーのピンクはアシックスの担当が決めた。
・中学生のときは、巨人・高橋由伸の真似をして練習していた


丸佳浩千葉県勝浦市トークショー_04










~ネット上の反応~





・高校時代の仲間も大切だが、小中時代の仲間は、もっと大切だ



・FA宣言するかしないかは別にして今年のストーブリーグの主役になることは間違いなし。在京志望が強かったら引き留めが難しいよね。



・FAしないで、カープにずっと居てね。



・千葉県民じゃが、いつまでもカープの看板選手で頑張ってつかあさい



・今年は、鰹まつりの日は、ちょうど千葉マリンスタジアムでの試合になりそう。
勝浦の皆さん、お祭りでも丸選手とカープを応援お願いします!



・幼なじみと恩師とトークショーって、おもしろそう。




【お知らせ】
かーぷぶーんの副管理人を募集します(第2次募集)




__________________


■お知らせ

※『かーぷぶーん管理人の成り済ましコメント』を匿名掲示板やコメント欄に書き込む荒らしが発生しているようです。当サイトとは関係のないユーザーなので、誤解のないよう、よろしくお願い致しますm(_ _)m

※『docomoの携帯やスマホの仕様を利用した荒らし行為』をする悪質なユーザー対策のため、現在、docomoの端末のコメントが制限されています。より多くの人にとって、快適なコメント欄を維持するための処置です。一部のユーザーにはご迷惑をおかけしますが、ご理解よろしくお願い致します。


 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認