田中広輔失敗を恐れない

広島・田中広輔の図太さがチームを導いている


~中略~

田中広輔は坂本勇人よりいいショートか?

 田中はあの坂本と競ってベストナインになったのだ。昨年の坂本はシーズン最後の方でやや打撃成績を落とした。シーズン前のWBCからスタメンで出場を続けたことの影響があったかもしれない。WBCでは控えだった田中はキャリアハイの成績だった。昨年の二人の打撃成績は、かなり拮抗した数字になった。ベストナインに田中が選ばれたのは、盗塁王(35個)と最高出塁率(.398)に輝いたことと、チームが優勝したことが大きかったと思う。

 ただこれは「2017年の」ベストナインだ。持てる実力ではリーグナンバーワンのショートは坂本、という意見が多いと思う。田中の昨年の打率はリーグ11位の.290。3割じゃないんだよなー、とちょっと思ってしまう。特別な打者と思われるには、どうにも3割以上が欲しいところなのだ。エラーはリーグワーストの16。ゴールデングラブ賞を受賞した坂本のような、プロの中でも特別な守備能力の持ち主ってわけではない。

 でも、ここ2年の田中のプレーを観てきて気づいたことがある。田中こそが今のカープに重要なスピリッツを植えつけている。これはベストナインに選ばれなかったとしても大切なことだったと思う。田中にはミスを恐れないガッツというか図太さがあるのだ。この図太さが、特別な能力の持ち主の揃うプロ野球選手のなかで、田中がポジションを築いたポイントだ。

http://bunshun.jp/articles/-/5840



・ベストナインではなくて、もしベスト打順というタイトルが存在するなら今年の成績は1番打者として相応しい活躍だったと思う。






【関連記事】
カープ田中広輔はトリプルスリー可能!達成者ノムケンが太鼓判

田中の盗塁刺の数の意味

 田中のプレーで走塁は重要なポイントだ。

一昨年、田中はリーグ2位の28盗塁だったが19盗塁刺で、盗塁成功率60%はいいとは言えない数字だった。セイバー系の分析では盗塁成功率は70%くらいはないと「攻撃の効率を悪くする」とされてしまう。それでも田中はミスにも下を向かず、目を見開いて平然とチャレンジを続けた。

昨年はシーズン最初の3回の盗塁を失敗して、4月終わるまでは4盗塁に4盗塁刺だった。それでも田中には塁に出れば仕掛け続ける図太さがある。昨年のシーズンの終わりには35盗塁、13盗塁刺の盗塁成功率73%までもっていった。安全な選択をしていては、田中はここまでの選手になれなかったに違いない。そして、この図太さこそが、ほかの誰でもない田中がチームにもたらす大切なものだ。

 昨シーズン外野守備・走塁コーチだった河田コーチは、このスピリッツを推進していた。チャレンジしてのミスならOKだ。鈴木誠也はミスを恐れずチャレンジできる。変な言い訳かもしれないが、ミスしても田中は平然としているのだ。

どうかカープファンは、このことに気づいてほしい。

田中のミスを賞賛してほしい、というわけじゃない。3連覇を狙う今年のチームで怖いのは、ミスが増えることよりミスを恐れるようになることだ、と思うのだ。ゲームで選手がミスしたときは「こらっ。次は頼む!」でいいのだ。「これで流れが向こうに……」なんて心配はしない方が楽しめるんじゃないか。気に病んだところでゲームは次に進んでる。ゲームの流れを読むのは解説者にまかせて、ゲーム後にプロ野球ニュースでも観ながら反省すればいい、と思う。そうすれば二度楽しめる。だから田中が一塁にでたら、この合言葉でいこう。

「走れ! コースケ」

(リンク先にこの記事への投票ボタンがあります)
http://bunshun.jp/articles/-/5840





・ツーアウトでランナーがいない時に、打ちたくても味方投手の肩作りを優先させるために、相手投手に球数を投げさせて時間を作る姿勢も、数字には現れていない貢献度だと思う



・カープのトップバッターは1番ショート背番号2がしっくりくるな!

最後の走れコースケはちと、ウルッときたわ笑



・そういうところが短期決戦向きなのかもね。






・走れ!コースケ!



・これはなるほど、と思わせる記事でした。

田中って図太いとこあるな、とは思っていたけど、やっぱりそうなんですね。



・これら全部含めて田中広輔をスタメン1番で使う醍醐味だからなぁ。
今年も存分にやっちゃってください。



・明らかなファウル狙いのカットではなく、しっかり振ってファウルにする。見ていて気持ちの良い選手です。相手にしたくはないです。



→分かります!明らかなファール狙いはしらける。広輔はそれとは違いますね。



・広輔のベストナイン受賞は当然だが、今期はわからない。巨人の坂本は言うに及ばず、中日京田も今年は怖い存在。
もうひと回り大きな広輔を見せれば、今年もベストナイン。



・なるほどー。去年は応援してても広輔に限らず選手の一つのミスに神経尖らせてハラハラして試合が終わる頃にはグッタリしてました(笑)私、知識の無いファンだからな

今年はおおらかに応援しよう



・去年のセリーグエラー王、田中。

エラーしても、何か?みたいな姿勢になかなかカープにはいないタイプ



・石井元コーチが目指したスタイルと合致したのは大きかった



・同感。守備はとかく言われるが、マツダは土の影響もあって、エラー覚悟で前にチャージしてるんだよね。待って内野安打とチャージしてエラー。待っていたらエラーはつかぬが、刺すことは出来んわけで。

菊池の相手が務まるショートはそうそういません。



→菊池とコンビ組めるって重要なポイント



・面白いコラムでした。
カープの背番号2に相応しい選手。






・足が速く選球眼の良い一番は投手にとって嫌な相手だろう。こんな選手が社会人まで指名されなかったんだね。



・肩の強さが加われば守備力は飛躍的に上がる。

肩の強さって持って生まれた要素も強いけどなんとか鍛えて欲しいね。



→上半身だけで投げるときはお手上げだがそれ以外の時は下半身使ってうまくカバーしてるよ



→肩が強ければとか、プロ野球選手にたられば言えばキリがない
それこそ、みな名選手



・このライターさん、愛があるなぁ…



・「どうかカープファンは、この事に気づいてほしい」

殆どのカープファンはとっくに気づいてます。



・坂本のような長打力はないが、ノーアウトで塁に出れば1点入るような感覚を持ってしまう。



・田中は長所、短所がはっきりしてるからな。エラー&送球エラー、肩の弱さ、盗塁の成功率。モノは考えようだがほぼ完成している坂本とと違って田中はまだ伸びしろがあるとも言える。



・一番で100四死球に最高出塁率は、過去にいない素晴らしい記録です



・確かに打率は3割を切っている。しかし、相手が仕留めにきた球をことごとくカットして四球を選び最高出塁率のタイトルを獲得。

塁に出ると失敗するけど走るかもしれないと思わせるだけで相手ピッチャーは精神的に疲労する。このいやらしさが田中のもち味。

坂本も凄いけど3番打者。どちらも立派な選手だけど贔屓も入るが田中の方が相手は嫌だと思う。



・他の人工芝の球場より守備走塁がかなり難しい天然芝のマツダスタジアムで今季の成績は素晴らしい。もっと評価されても良い選手






・正直、カープとやってるとき一番嫌なのが田中広輔
何がなんでも塁に出てやろう、絶対三振しないという気持ちが前面に出てる
1番バッターらしい野球をしてくる



・田中広輔の弱味を晒した上で、一番良いところとそれがチームにもたらす効果、そしてその楽しみ方を書いた良記事。

「強いチームで常に良い選手を見続けたこと」の利点について述べられてるのも良い。特別な身体能力が無い者にも出来ることを、体で覚えている。弱小チームのワントップみたいに天狗にならない。

でも「故障しない」って、ある意味特別な能力でしょう。「無事これ名馬」を地で行く田中広輔は、いまや余人を以て代え難い選手です。

あと、菅野がホームラン打たれてグラブ投げた唯一の選手でもあるよ。



・あとは盗塁の成功率と三振が少なくなれば、最強の1番ショートになれると思います。



・>3連覇を狙う今年のチームで怖いのは、ミスが増えることよりミスを恐れるようになること

これは本当にそう思う。
まだまだ上を目指すチャレンジャーということを忘れないでほしいね。

ファンはチームが勝つところもそうだけど、何より成長し続ける姿をみたいんだから。



・この記事いいね!

ホントにそう。萎縮して守りに入ることほど、勝利から遠ざかってしまうと感じる。

図太いカープ選手であって欲しい。

メンタルもリードオフマン!よろしく!



・最後の一文は村上龍の「走れ、タカハシ!」から取ったのかな?

広島はチームが若い分、チャレンジの上でのミスには寛容なところがあって、守備でも前に突っ込んでのエラーならOK、後ろに下がってのミスはNGってのが徹底されているし、走塁もホーム突入でのチャレンジは積極的にやってるよね。だからギリギリのプレーが多い。

それがいまの広島の魅力になってると思う。



【お知らせ】
かーぷぶーんの副管理人を募集します(第2次募集)




__________________


■お知らせ

※『かーぷぶーん管理人の成り済ましコメント』を匿名掲示板やコメント欄に書き込む荒らしが発生しているようです。当サイトとは関係のないユーザーなので、誤解のないよう、よろしくお願い致しますm(_ _)m

※『docomoの携帯やスマホの仕様を利用した荒らし行為』をする悪質なユーザー対策のため、現在、docomoの端末のコメントが制限されています。より多くの人にとって、快適なコメント欄を維持するための処置です。一部のユーザーにはご迷惑をおかけしますが、ご理解よろしくお願い致します。


 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認