20180404-00000182-dal-000-2-view

広島・緒方監督 初黒星も4回5失点の高橋昂を評価「たくさんいいものが見えた」

広島が今季初黒星を喫した。プロ初登板初先発の高橋昂は三回まで無失点に抑えたが、四回につかまり5失点。それでも緒方孝市監督は「初めてであれだけのピッチングをした。たくさんいいものが見えた。悔しい思いをしたと思うけど、チャンスはまたある」と、19歳の投球を高評価した。

打線は5点を追う六回に途中出場の磯村のソロ、エルドレッドの3ラン、松山のソロで同点。昨年7月7日ヤクルト戦(神宮)以来の1イニング3発で、五回まで無安打に抑えられていたヤクルトの先発ハフをKOした。

だが、リリーフ陣が勝ち越しを許し、開幕からの連勝は「4」でストップ。それでも指揮官は六回の同点劇について、「いい攻撃をして同点に追いついてくれた。集中力を持ってやってくれている」とうなずいていた。





・次こそ初勝利たのむで!






【関連記事】


・いい投げっぷり、いい面構えでした。初モノ投手に打線が沈黙したのが残念。リードした時のピッチングも見てみたかった。
とにかくがむしゃらに頑張れ〜




・四球祭りするくらいなら打たれた方が良いし得られるものもある!




・またチャンスもあるでしょう。次は甲子園でのタイガース戦かな?甲子園の大歓声は緊張するかもしれないが、高校時代に何回か投げてるマウンドなので、いいかもしれない。
できればその次の週がズムスタなんで、あの大歓声のホーム感の後押しの中で投げてほしい。期待してますよ。





・バレのスリーラン以外はそんなに悪くなかったと思う。
ていうかバレのスリーランも低めのコースで悪くなかった。
あれをスタンドまで運んだバレがすごいだけ




・緒方監督のコメントがすごく温かみがある。




・昂也は何試合か投げさせれば一軍に定着できると思う
しかし三連覇というミッションを背負ったチームでどれだけ先発機会を与えられるか・・・早々にノックアウトされれば中継ぎへの負担もある
九里や中村恭平(佐々岡押し)あたりにもチャンスを与えるべきと思うし、なかなか首脳陣は頭がいたいだろう




・四死球を出しまくって、独り相撲するよりかはいいと思います。
今日みたいに打たれまくったほうがはっきりしてますから!




・高橋投手は本当によく投げた。伸びしろを感じます。まだ19歳これからしっかりカープの左腕として一本立ちしてほしいと思います。




・初先発にしては、よく投げたと思う。次回は、もう少し冷静に投げられるだろう。期待してます。




・現地観戦でした。
あのレジェンド大野さんでさえ3分の1、5失点からプロ生活が始まっている。
高橋昂也は毎回ランナーを出していたけど4回5失点、2四球。及第点じゃないかな。
自分は高橋昂也はカープの屋台骨を支える大野二世になれる素材だと思っているのでこの悔しさを忘れずに頑張って欲しいと思う。期待してます!





・当然チャンスはまだある。松っちゃんの守備も不味かった部分もあるし、バレの打球もマツダやったらフライ。
そう考えて、次につなげてほしい。




・まずは1軍の空気にがっつり触れたことが収穫!
どんなピッチャーでも勝ち続けることはない!
次回のピッチングは更なる進化を期待!!




・一歩一歩成長して、いずれは広島のエース、日本のエースになってほしい。




・坂倉とのバッテリーが見たい。




・いつぞやかは、塹江にも二回目のチャンスがあったもんな。
一回だけで判断しちゃうにはもったいない。

逆に言えば、1勝したくらいでホッとして、2度目に失敗してるようではダメという、野村・KJ・大瀬良・薮田へのプレッシャーでもある。

次の登板には、受けるキャッチャーも若くしてみれば面白そうな気もするんだけどなぁ…




・抑えてもさらに練習、打たれてもさらに練習。
初めからうまくいくことのは稀。
高橋の場合は、結果よりまずは内容と経験。




・昨夜打たれた経験はずっと忘れないだろうな
まだまだこれから、期待してるぞ




・昨日は、低めの判定がめちゃくちゃだった気がするけど。素人目に見ても。
やっぱり、ストレートは良いから次も頑張って欲しい。




20180405-00000037-dal-000-2-view

カープ昂也チャンスまたある プロ初登板、燕バレにプロの洗礼弾…4回5失点

プロの厳しさを味わった。高卒2年目の広島・高橋昂也投手(19)がプロ初登板初先発し、4回8安打5失点。ホロ苦デビューとなった左腕は「緊張というよりも、自分の力を出し切れなかったのが反省」と悔しさをかみしめた。

 三回までは毎回走者を背負う中、落ち着いて無失点。だが四回、1死三塁で中村の左中間適時二塁打で先制点を献上。さらに1点を失い、なおも2死一、二塁でバレンティンに直球を捉えられ左中間へ3ランを運ばれた。「石原さんが要求したところ(外角)よりも、中に入ってしまった」。一線級はわずかな隙も見逃してくれないことを痛感した一発だった。

 開幕ローテを勝ち取り、新たな一歩を踏み出した。地元・埼玉から観戦に訪れた両親の前でプロ初白星を飾ることはできなかった。だが、最速145キロを計測した持ち味の直球など、先へとつながるものは示した。スタンドから見守った花咲徳栄時代の恩師・岩井隆監督も「勉強ですね」と優しいまなざしを送った。




・自分の力を出せなかったと言っているのは
出し切れば抑える自信があったということ。
こんな事なかなか言えることじゃない。次に期待!




・2ストライクからあそこに投げちゃったのが問題だな。
あれで終わればホームラン打たれる事もなかったわけだし失点も無かった。
1球の重みを体験できたんじゃないかな。




・打たれたけど19歳の初登板としたら良く投げたよ 相手もバレンティン青木好調のヤクルト打線だし
どんどん壁にぶち当たって成長して欲しい




・高校の時から観てるけど、昨日は初登板とは思えないほど堂々としてたし
試合前の練習でも落ち着いていたように思えた。
まだ1試合に投げただけだし、これからが楽しみだね。




__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認