広島カープFA選手去る者追わず

このチームにはブレがない。今季、球団初のリーグ3連覇を達成した広島のことだ。

 今オフは2年連続リーグMVPの丸佳浩外野手(29)が国内FA権を行使して巨人に移籍。順調にいけば来季中には菊池涼介内野手(28)、会沢翼捕手(30)らが国内FA権を手にする。

17日には同じく来季中に国内FA権を取得する見込みの野村祐輔投手(29)が契約更改交渉に臨んだが、従来通り他球団のようなFA権取得を見越した複数年契約の提示はナシ。席上では鈴木球団本部長から「ずっと(広島に)おって」との言葉があっただけだという。



・ケチケチ言われて悲しかったけど、こういう事はカープファンはみんな知ってる。
ただこうやって記事にしてくれるとほんのり嬉しい。





【関連記事】
鈴木誠也(24)の筋肉がヤバすぎる件wwww


 丸に対して提示した条件も4年総額17億円で、ライバルの巨人やロッテより低かったが、選手に冷たいわけではない。過去を振り返っても、FA権を行使せずに踏みとどまった主力選手には“肩たたき”することなく、本人が限界を感じるまで現役として雇用。野村前監督や緒方監督のように指導者として起用するだけではなく、たとえユニホームを着られなくても地元テレビ局などで働けるように図らうのがカープ流だ。

 契約を済ませた野村はFA権について「何も考えていないです。まずは来年しっかりとした形にしないといけない。それで頭がいっぱいですね」と話すにとどめた。

広島では選手の間で、先輩から後輩に
「ここでずっとやりたいなら、目先の50万円とか100万円で球団とモメるのは得策じゃない」と契約更改に向けたアドバイスが送られることもある。プライスレスな魅力もあるだけに、選手も悩みどころだろう。(金額は推定)

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1223452/

 

・カープ、ライオンズは誰が出て行こうが、必ず他の誰かが出てくる土壌があります



・それが カープ なのです。 だから 好きなんよ。



・来年も去るもの追わずかね。FAで三人一気に出て行かれても良いのですかね。






・自由契約になった梵氏や栗原氏はどういった立場?



・カープ、ライオンズは誰が出て行こうが、必ず他の誰かが出てくる土壌があります。

かつ、現行のドラフトやその他の制度が改悪されない限り、その二球団に関しては新陳代謝を繰り返しながらも優勝争いには絡んでくるかと。特にライオンズは。多少の浮き沈みはあるとしても。

私はスワローズファンですが羨ましい限りです。



→広島も西武も低迷期は長かったぞ。



→必ず出てくるは言い過ぎだよ。
来期は少なくともこの3年間よりも苦戦はするきがする。特に巨人戦は左うちわだったけど、イライラすることも増えそう。
接戦の優勝争いは楽しいかもしれないけども



・記事になることによって、他球団のファンの方にも知っていただけて、カープのイメージアップになりますね。



・生え抜きの選手が頑張っても、原みたいにどんどん
大物をいれてたら、生え抜きの選手のモチベーションが下がる。
もちろん口には出せないが、内心誰でも思う。



・菊池選手、野村投手が出たら、寂しいなぁ。カープの選手として末長く現役をまっとうしてほしいです。



・1億稼ぐ人と3億稼ぐ人の生活レベルは変わらないから。
金なんて稼ぎ過ぎても仕方ないことを最近身に沁みて分かる。
それなら選手として幸せな最後を迎えたいよね。



・「広島ファンが丸の事を悪く言ってる」といつまでも記事にする人は、現地で取材をしろよと言いたい。

アメリカ映画が日本をイメージだけで映像化するのと同じくらい違和感を感じる。



→例えが凄い



→私の回りも丸の事が大好きなままです。移籍は悲しいけど丸の事を悪く言う人は一人もいません。ほんとネットやメディアでの報道には違和感しかありません。

一部の声だけ掬い上げ大きくしてカープファン=悪とゆう印象を根付かせたいだけのように思います。

それでなくても丸が居なくなってカープファンみんな落ち込んでるのに傷口に塩ズリズリ刷り込まれた気持ちでした。こういった記事は本当に心が救われます。



・FA選手の退団で世代交代が早めに行える



・丸の巨人での年俸は4億5000万とあるけど、明らかに+αで◯億か貰ってるよね。



・黒田が自主的に帰ってきた事がどこまでも異例の事だと何故気付かないのか



→異例なことなのはわかっていて
その上で黒田さんには『帰りたい』と思う魅力があったということですよね。
新井さんも『拾ってもらってもどの面で顔向けすればいい』という思いもあった上での復帰。

野村謙二郎さん、緒方さん、前田智徳さん、佐々岡さんにしても他球団に出ていこうと思えば出ていけたはず。『残りたい』という魅力もあったことでしょう。

選手それぞれ、それをどう捉えるかってことですよね。





・プロ球団を経営する親会社として正しいあり方かどうかはともかくとして、この記事が広島の実態であり、それに愛着を感じる選手はFAせずに残っている。

ただFAで移籍することも選手の権利であり、プロとして高い評価をした球団に行くことも当たり前にあってよい選択。どちらがいいとか悪いとかいう話しではない。



・本人が限界を感じるまでとあるが、そこから更に説得して現役を続けさせる。

前田智徳や緒方がそうだった。




・主力が抜ける→若手がここぞと競いながら上がってくる→ステップアップして主力となる→FAでまた抜ける→そしてまた次の若手

この繰り返しがまた応援する醍醐味、というのは讀賣ファンにはわからんだろう?



・FA権まで来れば、カープなら実質終身雇用ということ。記事の通り、過去の選手たちを見ても明らかで、他球団の複数年契約よりも安定感がある。入団記者会見の後、松田オーナーは選手の父母たちに「今日から、この子たちは私の子供でもあります」と挨拶し、実際、そのように扱う。

厳しく優しく。カープほど選手を大切にしているチームはない。



→天谷も宣言残留から引退して早速解説者決まったみたいだし、バラエティーにも出てましたね
広島限定なら飲食とかお店出しても生活に困る事は無いんじゃないかな



・カープは選手にいい意味でも悪い意味でも甘い
他球団なら育成契約になってたかも知れない赤松や床田とこのまま契約したり
怪我で一年棒に振った大竹にも最低限の限度額で年俸を提示した




・木村昇吾はトレード組だし、自らFAして出て行った口だからなあ。
もしFAしてなかったら、生え抜きレベルで待遇されていたかも知れないけど、本人がそれを望まなかったのだろう。

FAまで行かなくても、広島で引退する選手には、球団職員とかスコアラー、スカウトなんかで再雇用してる例が結構多い。
それは他球団にも言えることかも知れないけど、広島で働こうと思ったらかなりハードルが下がる傾向がある。

元選手の飲食店とか、営業の人とか結構いるからね。



・カープの魅力はカープ愛さえあれば移籍した選手を暖かく迎えることだと思う。
新井さんや黒田だって戻ってきた。

丸なんかも家族の都合で一時的に移籍しただけでカープ愛はかわらない。

いつかはカープに戻ってくると思うよ。




・(暗黒時代は)球団やオーナーから優勝への強い意志が感じられなかったのは事実かと思います。
それでもカープなりのやり方を貫き、3連覇は素晴らしい成果。次の選手が出てくるかは来季以降に答えが出る話しですね。



・ブレがないのはいいこと。

だけど、菊池は丸みたいなことにしてしまってはアカンと思う。
今年のうちに囲い込みましょう。
大リーグ希望なら仕方ないですが。

次から次と主力選手が出て行ったら、いくら育成のカープでも間に合いませんぞ。

勝てなくなったら、人気なんて一気に消し飛びますよ。
過去もそうだったじゃないですか・・・



・もちろん移籍も選手の権利だけど、残留した選手が引退してどうなっているかを見れば選手たちも判ってると思う。
どっちが正しいとかもない。
どちらを選ぶかは自由だし。

来シーズンからのカープも楽しみだな。



・いろいろな事を言われるだろうが、このような球団がひとつくらいあってもいいでしょう

新井、黒田が帰ってきてくれた事が全てを物語っていると思う。





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認