maruhttps://bunshun.jp/articles/-/13683









丸佳浩移籍の“心の傷”が癒えない理由――あるカープファンの面倒な思い

~前略~

謎の大失速と急上昇を繰り返した結果、現在は「目指せCS!」という位置に甘んじている。もしこのまま巨人が優勝したら……。そんなことを考えた時、ふと「ある男」の顔が思い浮かんだ。丸佳浩である。

巨人が優勝するということは、丸もそれを味わうということ。自分にとって、これはかなり厄介な問題である。 ベイスターズにも可能性があるのであくまで「仮」。

その前提で、巨人が優勝し原監督が胴上げされる姿を想像する。悔しい。本当に悔しい。でもそれは来季への原動力になる。ただ、その先。優勝の輪の中で喜ぶ丸の姿を見たら、今度は悔しいなどの感情ではなく、シンプルに「傷ついちゃうな」。

そう思ったのだ。相思相愛、結婚を考えていた相手が急に別の人と付き合い始め、とてつもなく幸せそうにしている姿を見るような感覚とでも言えばいいだろうか。

優勝したチームに対しては「来年こそ」あるいは「見返してやる」と思えるが、去った選手に対しては抱く感情の種類がまったく違う。相手が「個人」であるため、来年とか見返すとか、具体的な解決策を見つけることができないのだ。

~中略~

数日前。東京に住んでいる自分は、山手線の車内で巨人のユニフォームを着た親子の会話を耳にした。おそらく東京ドームの試合の帰りだろう。

小さな男の子が「やっと優勝できるね。やっぱり坂本のお陰だね。1年目で優勝させる原監督もすごいよね」。さて、お父さんはどう返すんだ?

気になって聞き耳を立てていると「カープから来てくれた丸を忘れちゃダメだ。たしかにホームランや打率は坂本の方が上かもしれない。でも、出塁率やフォアボールは丸の方が上。それだけすごい選手をカープが育ててくれたということなんだ」。

私は思わずそのお父さんを抱きしめそうになった。強く抱きしめ「よく言ってくれた! お陰でこっちにシワ寄せが来てるけど、アンタ、最高のお父さんだよ!」。

そう言いたくなった。私の心は救われた。奇しくも、丸の移籍先のチームのファンであるお父さんによって。 ようするに私はファンとして「救い」が欲しいのだ。


いまある心の傷は時間が解決してくれるかもしれないけど、それは自分の心が自然と行うもの。そうではなく、私は選手に救われたい。

謝れとかそういう攻撃的な意味ではなく、丸で言えば過去の録画をバンバン観られるようになりたいし、巨人の優勝の輪の中にいる姿を見て素直に「良かったね」と言いたい。

私は、あのお父さん、丸とカープへのリスペクトを忘れないたったひとりのお父さんに救われた。

もしそう思わせてくれるのが移籍した選手自身だったら、どれだけ気持ちが楽になるだろう。丸もそう、これから移籍する選手もそう。どうか、私のように女々しくて面倒なファンのために「救い」を与えてください。どうかよろしくお願いいたします。

(全文はリンク先。記事の最後に投票ボタンあり)
https://bunshun.jp/articles/13683





















~ネット上の反応~






・カープファンですが、丸選手には3連覇の感謝がありますし、球団の顔だったので、手放すべきでなかった選手だったと思います。
ただ、もう過去の話で、今は巨人の選手なので、心の傷は癒えてます。

問題は今、将来の選手です。

カープ球団の皆さま、手放すべきでない選手にはFA前年までに複数年契約の打診をお願いします。





・井端さんが巨人に行ってしばらく野球を見ることができなくなってしまった自分を思い出します。

頭ではわかるんです。放出されるに至った球団に対する怒りもあるし擁護したい気持ちにもなる。選手は短い選手生活の中で一番自分を生かせるチームに行く権利がある。

スポーツは感情を揺さぶりますよね。色々な気持ちがあって当然じゃないでしょうか。でも時が経てば落ち着きます。自分はそうでした。

今に夢中になっていくうちに過去の心の傷を冷静に見られるようになりました。まあそうやってまた心の傷のタネを自分で作ってる気もするのですが・・・




・取られても取られても、必死に若手を育てて、
三連覇したカープって凄いと思う。
若手にもチャンスが沢山あるわけだし、何より成長して、活躍する姿を見れるのって 最高の贅沢だと思う




・丸は昨年の水害の時に1000万円を地元に寄付したと聞いている。税制上の話もあるかもしれないが2億ちょっとの年収の人が1000万円の寄付はかなり大きいと思う。

あの時、きっと丸は出て行くんだろうなと思った。そしてあれは餞別のつもりだったんでしょう。

本人は今でも広島に対する感謝の気持ちや愛着は持っていると思います。

ただ、今の立場ではそれは封印しなければならないことも、本人が良く分かっていることです。




・FAで選手が流出する側にメリットが少ない、このことがこの手の感情を生み出す。

MLBのように翌年のドラフト一位指名権譲渡などがあれば、育てた選手が出て行っても「彼の流出のおかげで、次の金の卵が得られた」と納得できるだろう。

欧州サッカー市場のように「移籍金」という形でもいいかもしれない。




個人的には、移籍のお陰で西川ら新しい力が定着した、必要な移籍だったって、今にして思ってるんだけどね




・カープファンです。

痛いほどよくわかるが、いつまでこの話をするつもりか。どういう事情であれ、ルールに則って他球団の戦力になったんだから、そのチームが優勝すれば本人が喜ぶのは当たり前。

丸がカープの3連覇に貢献した主力選手で、抜けた年にカープの優勝が危うくなって、行った先が読売で、読売がトップを走っている、という条件が重なっているからそう思うだけよ。

丸に移籍先がロッテだったとして、ロッテが優勝争いをしていたら同じことを思うか?我々は丸を愛していたし、今ももちろん嫌いではない。

でももうほかのチームの選手なんだから過度の思い入れはやめよう。その熱い思いをこれからカープの主力になるよう頑張っている若手や他の選手に向けようよ。

カープファンがどう思うか、なんて丸は我々以上に考えなかったはずがない。
ファンはどうあっても選手目線には立てないものだと思うよ。




・わかる、凄くよくわかる!
丸を恨んではいけないという筆者の気持ちも痛いほど伝わってくる。

選手がFA権を獲得するたびに、胃が痛くなるような思いをする。ただ、唯一独立採算を取る広島東洋カープという市民球団のファンである以上、

親会社が巨大な資金を持つ球団相手にマネーゲームで勝てないことは重々承知。むしろそうした球団だからこそそれを誇りに応援している自分があります。

無ければ作る。そうした精神だからこそ。そしてそこには紛れもなくファンの存在がいるのです。これはカープファン全ての自負であります。





・なんだか泣けちゃう記事でした。
丸の移籍は悲しいし、活躍は少し嬉しい。
巨人戦は本当に気持ちが忙しいです。

これからもカープファンはFAの恐怖との戦いになりますね。
ファンレターで思い留まってくれたとか、横断幕や声援で考え直してくれたとか、
ファン冥利に尽きる話を選手が言ってくれたこともありました。

カープの選手として野球を続けて貰うために、ファンとしてできることをしたいと思います。




・丸は、マツダで退団会見開いてファンに向けて包み隠さず移籍に対する想いを語ってくれていたら…だいぶファンの気持ちは違ったんじゃないかなぁ…




・丸ちゃん移籍以来ずっとモヤモヤしていましたが、今初めてしっくりくる記事を見ました。皆自分が勝手な事言ってるのは分かってる。

でも、ファンだから…去年の今頃はバリバリ応援してたから。寂しいのです。
なぜなら今でも丸佳浩が好きだから!

丸ちゃんがずっと広島に居てくれて、いつか丸ちゃんがユニフォーム
脱ぐ時に「引退セレモニー何日なんじゃね~行きたいねぇ」等々言いたかった




・中日ファンです。読み応えありました。
失恋の傷を癒すのは、次の恋です。

先日、埼玉で西武vs.ソフトバンクを観てきました。
FAとトレードで事情は違いますが、西武の小川龍也が登板したときは、なかなか胸に迫るものがありました。良いところで使ってもらっています。柳田を三振に斬り堂々と引き上げる様には、不覚にも涙腺が緩みました。

丸への複雑な想いを消してくれる「新しい恋」のお相手は、野間でしょうか、西川でしょうかね。堂林…?




・私はカープ女子ですが同意しかない記事でした。

移籍先で優勝目前となっている。そのおかげでプロ野球自体は最後までペナントレースが盛り上がっていいことだったとは思うけど、どうにもモヤモヤしてしまうのもファンの正直な気持ちですよね。

そんな中だったので記事中の巨人ファンのお父さんに私も幾分か救われました。
そして同じ想いをしている同志の気持ちに触れて慰められました。
今年も残り僅かのペナントレースですが、選手を信じて最後まで応援したいと思います!!




・選手に対してファンのことを自分のこと以上に考えて欲しいと言うけど、ならファンは選手のことを同じように考えてるんだろうか?

みんながみんな新井のようにファンのために野球をやってるわけじゃない。その新井だってカープに戻ってファンのために燃え尽きようと思ったのだから。

愛着や情で残る選手もいるがみんながみんなそうじゃない。ファンにとっては趣味でも選手にとっては仕事。選手目線になれとまでは思わないがファン目線になってほしいと求めるのは違う気がする。



・広島はつらいよな。分かるよ。




・やっぱり記事にして人に見せる以上ユーモア交えて綺麗ごと並べるのは当然だが
広島ファンも巨人ファンも記事の著者みたく寛容であれば少しはつばぜり合いが収まる




・個人的には巨人ファンの田原俊彦が「こんなにいい選手をいただいたんだから勝たないと申し訳ない」と言っていたのが印象に残っている

移籍先のチームは移籍元から大事に育てた選手をいただいているというくらいの意識がいいと思う




・去年まで応援していた選手が今度は自分の応援するチームの
反対側でバット振ってる熱心なファンや、それこそカープが日常の一部である広島の人々にとってその現実を早々割り切る事は難しい

応援がそんなに軽い気持ちでは無いという裏返しでもあるんだが

ただ、出る選手がいる一方で緒方はオファーがあっても蹴ってるし
黒田は戻ってくれた新井は新井だけど出戻りで戻ってくれたし、エルも最後までカープの事を言ってくれている救いってのはこういう事なんだと思うよ




__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認