カープ下克上からの日本一

4連覇はダメでも……。「日本一」へ、広島が見る夢

サヨナラ勝利の意味合い

~中略~

 そのムードを一変させたのが、9月23日、本拠地・マツダ広島に帰っての中日との直接対決だった。17年間、チームのために投げてきた永川勝浩の引退試合ともなったこのゲーム、カープはシーソーゲームの末、延長10回サヨナラ勝ち。今季のレギュラーシーズンで最も大きいともいえる勝利を挙げた。

 この勝利の意味合いはとにかくいくつもある。まず、自力によるCS進出確定の目を残したことが一つ。これで27日のシーズン最終戦で中日に勝てばCS確定になる。シーズン終盤は順位の決まったチームは来季へのテストに入ってしまうことが多く、他力本願の状況はほぼ当てにならないだけに、これは何より大きい。

~中略~

そして、この日の収穫として一番大きいのは、本拠地に戻ったこともあるが、CS出場への執念と、「永川さんのために」という気持ちが結集し、カープ野球本来の粘り、リズムがよみがえってきたことだ。10回裏に見せた、ここ一番での鈴木誠也の三盗成功は、まさにカープ野球。最後に選手会長の會澤翼がサヨナラ打を放ったのも、チームを上げ潮に乗せる要素になろう。




・CS日本シリーズは球団として経験がものを言う。
意外と短期じゃないしね。





【関連記事】



CSに出場すれば……

 さて、そうして大きな1勝を手にしたカープ。もちろん、この後はまず、中日との最終戦に勝つことが大事になるが、CS出場が手にできた場合、広島がCSを勝ち抜く可能性は、それなりにあるのではないかと見る。出場した場合に対戦相手になるDeNA、巨人とも、若干、ここにきて先発投手の頭数が不足している感があるからだ。

 もちろん、DeNAには、今季対戦成績0勝5敗と苦手の今永昇太がおり、初戦に抑えられていきなりガケっぷちに追い込まれる可能性もあるが、ペナントレースでの今季最後の対戦では打ち込んでいるところに期待をかけたい。また、第2戦、第3戦についても、広島は第2戦がジョンソンまたは大瀬良、第3戦は床田寛樹の先発が予想され、上茶谷大河、バリオスあたりが相手ならそれなりの勝利確率が見込めそうだ。

https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20190924-16


・試合を観ても判るが、選手達には其々諦めず、何とか勝とうとする力はまだある。



・天敵横浜に勝ち
強敵読売に勝ち
更にパリーグのどのチームにも勝てないカープがパリーグの王者を倒せる可能性



→交流戦最下位のチームがパリーグの覇者に勝つ為のビジョン
これまでとは全く違う野球が出来ないとダメでしょう。





 そして対巨人については、何といってもレギュラーシーズンで14勝10敗1分けと勝ち越しているのがよりどころ。少なくとも、広島は巨人から見て最も嫌な対戦相手のはずだ。

もちろん、山口俊は難敵になるが、菅野智之の状態次第では、巨人の先発がキャリアの浅い若手投手や足で揺さぶれる外国人投手頼みになる可能性も高く、崩せる可能性は十分にある。

広島は前半は野村祐輔、九里亜蓮あたりの先発起用になるだろうが、何とか早いうちに相手のアドバンテージを消し、大瀬良、ジョンソンの登板が回ってくるところまで持ちこたえることができれば、勝利への道が見えてくる。

 もちろん、現状、可能性の高い3位からの出場となればビジターで戦うことになるので、有利とまでは言えないが、レギュラーシーズンで背負っていた連覇の重しが取れて「負けてもともと」という楽な精神状態が作れることも考え合わせると、勝ち抜けの可能性もそれなりに期待できると言えるのではないだろうか。

(全文はリンク先)
https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20190924-16


・ファイナルに進めたら大健闘でしょう。



・無論チャンスがある限り、あきらめずに勝つことを望んで応援している。
ここ数試合を見る限りではカープもベイスターズも似たような感じ。
すごく勢いがあるとは互いにいえない。

先に消化して結果を待つカープ・・・どれだけ強く気持ちを切らさずにCSへ臨めるか。

ただ、阿部の引退という大きなモチベーションを高める要素が加わり、チームの結束力が確実に高まるであろう巨人が圧倒的に有利であることは間違いない。


→阿部の引退がどちらに転ぶかわからない。
新井の件もある



・昨日は本当なら9回で気持ちよく終わってなければいけない試合だった。サヨナラゲームの球団記録を更新したらしいが、内容が悪い。

去年までは序盤の劣勢をひっくり返してのサヨナラが多かったが、今季はリードを守れず辛うじてのサヨナラ勝ちが多い印象。




・そもそも去年までの”逆転のヒロシマ”もいつも先制なりリードされているから起こることで、絶対的な強さじゃなかったことを示しているんだけどね。

強いチーム=逆転勝ちが多い ではないということ。




・臨機応変な采配が出来ないと、選手の勢いだけでCS突破はあっても日本一は難しい。



・投手の台所事情が火の車なのは、カープだけでなく巨人もDeNAも同じ。



・日本シリーズ目指せるの今回がラストかもしれない。強いカープは今年まで。来年からは また辛抱の年にはいるから。



・広島としたら巨人には勝ち越しているし、交流戦を除けば首位争いだとの思いがあるんでしょうね。CSで巨人となら勝てそうにはあるが、DeNAは広島を苦手としてないからな。



→巨人には確かに勝ち越しているけど、広島はバティスタが出なくなってから6戦中2回しか勝ててない。しかもマツダでは無く東京ドーム



・今年は色々問題あったから、他球団に悪くて応援に熱は入らないけど、こういう時に限って案外勝ち進んじゃったりして・・・






・3連覇中でさえ短期決戦には弱かったのに今年のチーム力で突破できるんだろうか?



・今年は浮き沈みが激しかったが、巨人だって浮き沈み激しくて他のチームがもたついてリーグ優勝できたような決して強い野球ではなかったので、CSなら突破できる力はあると思う。CSなら。



・もっとカープの試合を見たいんじゃ



・適材適所で短期決戦を考えた采配ができるか
9回(直近で不調だった)西川に代えて堂林とかね




・可能性は0ではないが、打つほうはともかく投手陣、特にリリーフ陣の状況が厳しい。



・前半の元気なころの今永と違うから、カープは恐れることはないと思う。
問題はハマスタだよ。
あの圧倒的な応援団の圧力はソフトバンクでも負け越したからな。

なにしろ12球団で一番優勝してないんだから、ファンの想いは強いからな。



・まずは今永を攻略出来るかじゃないかな?

間違いなく初戦に出てくる。そこで完敗するようなら、そのまま横浜が勢い付くだろうね。

今永を打ち崩したら逆に広島に流れが傾くような気もする。

巨人には勝ち越してるから、広島が勢い付けば日本シリーズの切符は手にする可能性はあるかもね。



・回跨ぎだらけで無駄に負担をかけて結局敗退するくらいなら、来季に備えた方がいい、とも言えますね。CS出場のみ、は悲願ではないので。別に今年にこだわる必要はないかと。

監督うんぬんの前に、ディフェンスの戦力が揃っていないと思います。


→折角143試合して、日本一に一縷の望みがあるのに
何でチャレンジせずに来季のこと考えるのだろう
こういう分析は正論で多数なんだけど損してると思う

西武もディフェンス戦力弱いし、ソフバンも万全じゃないですよね
仮にパリーグにボコボコにされたとして
それを来年の対策の材料にしてもいいと個人的には思うのですが



→CSはいらないしリーグ優勝にこそ価値があると思ってる。
だからやり方はともかく巨人が真のセのチャンピオンである事には変わりない。

ただ制度があって出場する以上は贔屓のチームを全力を応援するのがファンだよね。
今出来る最善の結果を求めて何が悪い。



→ディフェンスが揃っているチームなんてないよ。どこも満身創痍で必死。
来年? 今、手を抜いて来年なんてあるわけがない




→「やる前から負ける事考えている奴がいるかよ!」
これは対テレビ朝日のアナウンサーへのビンタの時のアントニオ猪木の名言ですな。





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認