會澤翼
https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2019/10/10/0012777392.shtml
負けの時こそ試される団結力 誠也、会沢…広島にある精神的支柱の頼もしさ

広島のリーグ3連覇を支えた救援陣の不調は、それを補おうとする若手投手にも試練を与えた。今季は、中村恭、菊池保と中堅組の“新戦力”が台頭しただけでは補い切れず、若ゴイもブルペンの中心となって支えざるを得なかった。

そんな酷な状況に寄り添ったのは、先輩投手だけではない。野手の主軸も、当然のようにケアを怠らなかった。 たとえば、大卒新人の島内颯太郎投手(23)は悩んでいた。

「お前みたいなタイプなら、思い切って腕振ってど真ん中に投げれば大丈夫。腕を振っていたら、抜けた変化球でも対応できない。腕振るだけで全然違うから」

今季で7年目を迎えた鈴木は、大卒新人から見れば2学年先輩。主軸に上り詰めるまでに積んだ経験を、ヒントとして与えた。

「極端な話、もう思い切りやってダメだったら野球をやめるしかない。俺はそうやって割り切って考えてやってきた。人生で野球やっている時間の方が短いんだから」

島内はうなずき、内心で驚いていたという。「誠也さんのレベルの選手でも、あそこまで想像しているなんて思いませんでした。2軍にいたときはすぐに1軍に上がりたくて結果が欲しいし、緊張感も違う中で縮こまっていたかもしれないですね」。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/22/kiji/20191022s00001000024000c.html



・家族だよね、まさに 時に厳しく時にやさしく諭す
なれ合いも傷のなめあいもない

それにしても鈴木誠也選手、心身ともにたくましいね
いい指導者にもなれそうだ。来季こそ巻き返そう全員野球で







・島内は即戦力として見られてる分、来年は絶対に結果で返してくれ
三連覇の時に投げまくってヘトヘト中の一岡や今村を休ませるためにも



・野手と投手の交流って少ない気がするが、黒田さんと新井さんが交流の道筋を作ってくれて今も生かされているのかな。
なんか、ホッとする記事でした。



・若い若いと思ってたら鈴木誠也選手も後輩を思いやる頼もしい先輩になってたんだね今年は打順の前後が中々固定せず重圧がかかって大変だったと思うけど

それにまけず素晴らしい成績を残したと思う山本浩二みたいに大事なところで絶対打ってくれるすごい選手になって欲しいです来年はトリプルスリーを達成かな


また、一時勝ちパターンで起用された遠藤淳志投手(20)の心の弱さを見抜いたのは、会沢翼捕手(31)だった。

6月22日のオリックスとの交流戦で、遠藤が2点劣勢の7回に登板。4番・吉田正への内角直球に首を振り、外角の変化球にうなずいた。結果は四球と勝負しきれなかった。

試合後、優しく諭した。 「逃げたのだとしたら、それはやめよう。打たれてもいいんだよ。遠藤の責任じゃない。俺のせいだから。攻めて勉強しよう」 

遠藤は、当時の心境を「吉田さんへの内角は、やっぱり怖かったんですよね」と素直に認める。そして、ときに内角勝負に敗れながら未来への経験を積んだ。

会沢はチームメートについて「仲間という感覚が強い。仲間を絶対守ってあげようと思える」と言ったことがある。

赤ヘル一丸には、投打も、年齢の壁もない。団結力は、負けた時に試されるもの。精神的支柱の頼もしさを再認識する今季だった。(記者コラム・河合 洋介)

(全文はリンク先)
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/22/kiji/20191022s00001000024000c.html

・アツさんの残留は大きいよな
















・他にも菊池は面倒見がいいし、大瀬良はとにかく優しい
長野さんもベテランから若手、二軍の選手まで幅広く交流をしている

西川も後輩を可愛がったり先輩にもなついてるし、他の選手もそうだと思う
黒田さん新井さん以降続くこの風習を続けていって欲しい




・カープらしい記事ですね。
思い浮かぶ記憶に新しいシーンはリーグ優勝した時の黒田・新井の抱擁シーン。
あれを間近で見た會澤が、らしさを受け止めてくれたのが嬉しい。

広島以外の人はあまり知らないだろうけど、サードで苦しんでた西川をサポートしてたのも會澤なんだよな。




・會澤がサヨナラを打った時、一番に駆け寄った西川を見て、本当に面倒見が良いんだなと感じた。
誠也の島内への話は知らなかった。
誠也がそういう気持ちを持っているのなら、カープに居てくれそうだね。




・広島はまたチームを再建する段階に入りつつあるけど、まだ勝てる力も十分ある。
若手がどれだけ出てくるか。




・会沢の残留は戦力的にも精神的にも本当に大きい。ドラフトで良い選手を獲得出来新外国人も補強するだろう。来季が楽しみで仕方ない。




・誠也はいつも、個人成績より、チームの勝ちが大事と言っている。
若いけど、若手では出せない存在感と実力で、チームを引っ張ってほしい。

翼は、新井さんが居なくなって、カープのお父さん的な存在。
あの頼りがいがある包容力、他チームへは威圧感笑
残ってくれて本当に嬉しい。




・誠也はおちゃらけてるように見えてチームの事いつも考えてくれてるよな。
會澤もカープの大黒柱として選手会長として見守ってくれてるし。




・チームは一旦落ち着きを見せた。力の貯金がなくなり好不調が極端だった。

ここ数年を作り上げたスタッフは素晴らしいと思う。まだ優秀選手も多い。育てながら、勝っていけるか楽しみ。




・誠也は投手も経験してるから、言葉に説得力があるだろうな。

横山には會澤と連係して、投手に闘魂を注入してほしい!




→そう、そこ大事!
投手のみでピッチングは成り立たない。
バッテリーで見ないとな!




・来期 楽しみです!
皆で助け合ってますし 本気で本音で話が出来てる!
会沢が残ってくれた事が本当に大きい!




・會澤の大きな器、誠也のリーダーシップ、チームがいい感じでまわってるね。




・島内も誠也ほどのバッターからそう言ってもらったら嬉しいと思う。
家族の大黒柱アツを中心に来季の巻き返しを期待しています。




・アツ・誠也、菊池も大瀬良らも、今や若手を引っ張る立場に。
その上にはチョーさんがいて石原がいて、彼らが若手にはどれだけ心強い先輩達か。
特に今年の小園を見てると、その雰囲気がよく感じられる。

出始めの頃、エラー連発で何度か試合を落とした事があって本人も落ち込む表情をしてたけど、周りがしっかり担いでやってる。




→そのお陰で緊張や堅さが抜け、ノビノビとプレーして実力を発揮出来た。

内野処理の時もヒット打って走る時の表情も、にこやかになっているのを見ると、選手間の繋がりがしっかり出来ているんだとハッキリ分かるだけに、アツが残留決めたのはやはり精神的に強味だろうな。




・シーズン終わってしまった後のこの時期に、嬉しい記事ですね。 
記者でないと分からないところを伝えてもらえると、ファンとしては堪らない。 
ありがとうございます。




・いい話です。このいい話の主人公の一人の翼が残留してくれてうれしい。カープもラグビー日本代表のスローガン「ONE TEAM」のようないいチームでいつまでもあってほしい。応援してます。




・どんな良いコーチでも見えない部分があるはずだし、選手だからこそ見えるものもあると思う。

こういうことは誰もができるわけじゃないけれど、選手たちで高めあっていけるのはとても良いこと。




→どのチームでも、絶対こういう存在は居るけど、若い選手が多いカープにとって、特別重要な存在だと思う。

鈴木や會澤も先輩から色んな声を掛けてもらったんだろうし、新井さんや黒田さんの姿を近くで見てきて感じたものもあると思う。




・各選手には各々のプレー以外で役目があるとこ思う。チームとしてのプレー、個のプレー、各場面で上手くバランスをとって各選手が長けているプレー以外の部分も出してチームの勝利に貢献してもらいたい。



・他球団にももちろん似たような話はあると思うけどこれがカープの良さであり魅力だと思います!




會澤選手にはただただ感謝です
會澤選手のみならずカープの選手たちは皆温かい
だからカープがどんなに弱くても心から応援している




去年までのカープ投手陣は、制球も球威もそこそこなんだだけど、腕を振ることで真ん中付近でも抑えられていた。
相手バッターが首をかしげることもしばしば。

それがことごとく、腕が振れなくなりフォアボール連発というのが、今年のパターンになってしまった。
アツや誠也がいうとおり、来期は腕を振って抑えていってほしい。




・今回書かれていることはほんの一例に過ぎないだろうけど、アドバイスをもらった選手たちは、助言を力に変えて、彼らが居るポジションを目指し、共に最前線で戦う姿を見せてほしい。




・これから、次の世代が出てきて、少しずつ新たなカープの色を出していかないといけない。

どんなにチームの色が変わっても、団結力の重要性は変わらない。今の若手たちが、次の世代にこの経験を引き継いでくれたら嬉しい。


__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認