森下暢仁宇草孔基対談

-あけましておめでとうございます。今年からカープの一員になった2人が最初に出会ったのはいつ?

森下「高校3年の日本代表だよね」

宇草「そうだね。そのとき暢仁が進路を迷ってて、法政に誘ったことを覚えてる」

森下「プロに行きたいとも思っていた時で。でも行くならプロか明治だった」

宇草「大学は同じ東京六大学。暢仁が1年から投げていて、僕はその時、スタンドから見てた。でも会うたびに話をしたりご飯を食べに行ったりしたよね。そこから仲良くなった。対戦するのがすごく楽しみだった」

森下「ドラフトの日に1位で指名された後、いろいろなことが終わってテレビを見たら、2位指名が宇草だった。来た、来たって思ったよ」

(全文はリンク先)


・同い年でずっと仲良くて、プロでチームメイトになれるなんていいなぁ。お互い心強いだろうな。








 
・新世代が出てきて、カープのスタメンを取るようになったら、カープはもっと強くなれる



・宇草はユーティリティーとして重宝されるだろう。



・広島には全然縁が無かったと思うけど、関東や九州出身の先輩は山ほどいる。
野球以外のことは心配せず、頑張ってください。






・ファンとしてはカープ愛を貫いてほしいです。




・森下は個別のスペックはいい



・彼ら2人は一軍キャンプ帯同するようだね。
彼ら2人のそれぞれのキャンプ最初のあいさつが楽しみだ。
上本が進行役となると思われるから、どんなイジリを見せるかも楽しみ。

お互い仲良さそうでよかった。互いに切磋琢磨しながら頑張って!



・イップスはメカニズムから改善が必要



・誠也みたいになってくれれば最高だけど、ユーティリティーより周東のようなスペシャリストが欲しいな。警戒された中でも走れるような、それこそ赤松のような走力のプレイヤーが欲しい。育てるというより足で一軍に呼ばれるような起用の仕方をしてほしい。



・カープは六大学なら法政、早稲田が好きだから、明治の森下一本釣りなら、よほどその素材に惚れ込んだんだろうね、投手出身の佐々岡ならではの発想。賢明な判断だと思うけど!



・最近カープに入団する選手はよく、「カープはよく上位争いをしている強いチーム」と言ってくれるのを見て、時代が変わった印象がある。

やっぱりある程度勝てるようになると、周りの見る目も変わってくるものなのかな。



・若い人は知らないだろうが、昭和50年代、カープが強かった頃、甲子園で優勝した福岡代表の柳川高校の選手でエースの久保(近鉄、阪神の選手、コーチ)とか主砲の立花(西武)とかテレビ(プロ野球ニュース)でどこのチームに行きたいかと言われ広島カープと答えていた。

当時は九州にプロ野球球団が無くなくっていたとう事情もあった。



・一年目から2人とも一軍で活躍
そして佐々岡カープ優勝





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認