小園海斗田中広輔からショートのレギュラー奪取宣言
https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/01/06/0013011555.shtml

広島・小園 遊撃でレギュラー奪取宣言「若さ、積極性で」広輔さんに挑む【インタビュー1】

 -遊撃への思いは。

 「去年は1年目から1軍で試合に出場させてもらいました。悔しいことがいっぱいあったので、さらに活躍してやろうと強く思うようになってきた。その気持ちがうせたら野球選手は終わり。そう強く思いながら春季キャンプに入っていきたい」

 -昨季は開幕1軍をつかみ、58試合に出場し打率・213、4本塁打、16打点、1盗塁だった。

 「こんなに試合に出られるなんて考えてもいませんでした。すごく大きな経験になったし、もっともっと成長したいと思うようになりました。プレーの内容や成績については、全く満足はしていません。チャンスで1本打っていたらチームが勝っていたという試合がある。守備も同じ。自分がエラーをしたことによって負けたことがあった。1日1日が濃くて、本当に良いシーズンを過ごさせてもらったのは確かです。でも悔しかった記憶が大半ですね」



・菊池が残留してくれたお陰で内野の層が厚くなった。キャンプの結果次第とは言え、正直誰を起用しようか監督も迷うだろうな。嬉しい悩みだ。





【関連記事】




広島・小園 今年の漢字一字は「進」 開幕スタメン目指す

 小園が指す目標は、遊撃争いとは切り離せない。昨季は後半戦59試合のうち50試合に遊撃で先発しても、定位置を確保したとは言えない。手術を受けて完全復活を期す田中広との一騎打ちが春季キャンプから始まる。昨秋キャンプでは二塁にも挑戦したが、メジャー移籍を目指していた菊池涼の残留が決定。2軍戦では三塁で5試合出場した経験はあるものの、遊撃一本と腹をくくった。

 「もちろんショートです。二塁は秋に練習はしたけど、これまでにやったことはない。遊撃で頑張りたいと思っています」

(全文はリンク先)
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/01/06/kiji/20200105s00001173406000c.html



・菊池がFA残留したし、怪我の癒えた田中広が普通にプレーしたら
小園が二遊間のどちらかで即レギュラー奪取の機会はおそらく無い。

そうなると・・・・
一番チャンスがありそうなのは「三塁」となるが・・・


【小園インタビュー2】10発&2桁盗塁へ 鑑は誠也&松山

-ボール球を振らなくなれば打率も上がる。

「誠也さんを見ていると、平気でワンバウンドを見逃しますよね。投手を全く相手にしていないように感じることがありました。だから、ベンチに座っているときに、どうやって見極めているんだろうと思っていたんです。

選球眼が良くなってボール球を振らなくなれば四球で出塁できる。打率も下がらない。本当に大事です。塁に出られたら盗塁するチャンスも出てくる。成功すれば二塁打を打ったのと同じ価値があると思うから、選球眼を良くしていきたいです」

(全文はリンク先)



・カープの先輩はお手本になる選手がたくさんいるし、みんな若い。吸収しやすい環境も大きい。






・ついにショート田中広輔に宣戦布告!

こういう上昇志向の高いコメントを言うプロ野球選手が減ってるから新鮮でいいね。
先輩の鈴木誠也の行動や発言が、小園にいい影響を与えてる。



・打席の前・後ろに立つのはそれぞれ長所・短所がある。焦らず自分の形を見つけて欲しい。迷ったりスランプになっても朝山コーチや優しい先輩がアドバイスしてくれる。


・去年は散々やったけど、本来であれば田中広輔から遊撃を奪うのは他球団のレギュラーであっても容易ではない。

長打力の背景なしに四球をもぎ取る特別な技術を備えているからだ。



・3割打ってほしいね。



・4位に終わった昨年は小園の活躍が救いでした。今年も更なる飛躍の年になるよう、応援してます。楽しみです。



・ここまでエリート街道を進んできた小園は今年も順調に行くのか、初めての壁にぶち当たるのか、まあ、どっちにしても大成してほしい



・今年は広輔からレギュラーを奪い取って、3割、15本、一番打者の活躍を期待している。
潜在能力の高さから考えて、十分可能な目標

広輔は復活して3塁のレギュラー争いに。



・ところで、二塁練習していたが菊池に残留された堂林はどうするんだろう?



・というか
菊池がセカンドのレギュラーである前提の話がすでに面白くない
セカンド奪ったっていいよ



・.214の昨季成績であれば、今年は2年目のジンクスなんて言っていられない。成長あるのみ。


・昨年の終盤での巨人戦で小園が打席に立っていたけど、菅野や山口俊に手も足も出ない状態だった。

解説の野村謙二郎さんが

「今は全く手も足も出ませんよね。でもこれで良いんです」

「勿論打てるに越した事はありませんが、二軍に居たら菅野や山口俊といった一流投手の生きた球を体感する事なんて出来ません」

「来年は広輔が戻ってくるでしょうし、また二軍に逆戻りになるかもしれません。それでも高卒1年目でいきなりこういった投手と対戦したというのは貴重な財産になります」

「守備や走塁といった所でもまだまだ未熟です。それでも二軍での試合とは違う何かを彼は身体で感じたと思います」

と言っていた。

野村さんが仰った通り、今年は昨年の経験を活かして欲しいね。



・菊池の残留でショートのポジションを田中・三好などと争う事になると思う。先日放送されたプロ野球の運動会で動体視力は12球団の参加した選手で優勝だった。

去年の経験を活かしボールを見極め四球を選び好球必打して出塁率を上げればポジションを獲得出来る可能性はある。



・今年は田中の「聖域」は最初からないはずだから、どっち使うか迷うくらいに競ってもらいたい。



【関連記事】





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認