カープ堂林の厳しい現実「守備固めで出る選手でもない」

広島・堂林の厳しい現実 「守備固めで出る選手でもない」 今季44試合で0本塁打4打点

首脳陣の一人は「なかなか難しいと思う」と否定的で、その理由を「(一軍で)出るところがないから」とし「堂林が守る一塁や左翼のポジションは打撃の成績が伴わないと厳しい。途中から守備固めで出る選手でもない」と話す。

 若手の成長著しいという状況もある。堂林が昨季守っていた一塁と三塁は現在、プロ3年目の林晃汰内野手(20)が先発出場を続けている。チーム関係者は「若手にとっては試合に出続けることが大事だからね」とも明かす。

 さらに同関係者は「もちろん林も結果が出ない時もあるけど、試合に出ていれば4打席のどこかで結果を出してくれるんじゃないかという期待があるからね」とも話す。プロ12年目の堂林が置かれた立場は厳しくなりつつある。

(全文はリンク先)
https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/3453642/


・昨年まさかの再ブレイクで驚いたけど、1年で全く打てなくなりさらに驚いた。




【おすすめ記事】




・堂林のポジションには成長著しい若手が多い



・堂林にだって今の林のように何試合か打てなくてもスタメンで使い続けてもらえた時期もあった
それを活かせるかどうかはその選手次第

堂林はそれを活かせず歳をとってしまった



・これまでは3連覇時の選手たちがピーク過ぎて不調で過渡期に入りチャンスがあっての昨年だったが、若手の芽が出てきたので厳しくなってきたのが現状だろう。






・急に打てなくなったんじゃなくて、去年の前半だけ急に打てるようになったというのが正しいかな



・スタメンで出るのならば、活路はショートとセンターなんじゃないかと個人的に思う。ともにレギュラー候補は左打ちしかいないからだ。或いは、鈴木誠也選手が出て行った後のライトかと思う。

それか、移籍してもう一花という道もいいかもしれない。楽天は右の中距離打者が著しく不足しているので適した球団だと感じる。



・昨年あれだけ打てたのだから、急に打てなくなるのも堂林自身の微妙なズレや歯車が噛み合っていないのだと思うし、本来なら、選手が不調や不振になったら調整や指導して復調させるのがコーチの仕事だけど、堂林や松山の状況をみると、それもできていない状況だから厳しいと思う。



→なんでもかんでもコーチのせいにするのは厳しい。



→単純に研究されただけだと思う



・今に甘んじるのじゃなくて向上心は必要



・反面、林が絶好調なので、余程のスランプに陥らない限りはレギュラー定着するでしょう。



・申し訳ないが、前半戦カープが不調だった大きな原因のひとりだと思う。



・〉ファーストとサードと外野しか守れない

3つも守れて「しか」って。
3つ守れれば十分じゃない?



・不振になるにしても西川くらいの不振ならまだマシなんだけど。
田中も堂林も高卒ルーキーでも起用してんのかってくらい打撃成績が酷いんだよね。



・石井コーチ戻すしかない。
新井をコーチなど育成に力入れてほしい。



・あらめて、「111試合 打率2割7分9厘、14本塁打、58打点」
これってブレイクなのかな?






→堂林からしたら大ブレイクよ
実際は前半戦だけの確変だったというオチが悲しい

後半戦の数字悪いからな…



→捻挫するまでは120試合24本塁打くらいのペースで打ってたし、打率.310以上、OPS.9を軽く超えてたからね。後半からダメになったのは足やって全然踏み込めなくなったのが原因。今年は開幕前に腰もやってる



・今年は若手のレベルが上がり焦ってしまったのかも



・結果が出ていない時点で二軍に落とさなければいけなかったが、首脳陣の判断の遅さで落とす時期が遅すぎた。

オレンジの丸が2割そこそこで二軍降格していた時期に1割台の田中と堂林が一軍は違和感ありありだし、もう一方の方も未だに一軍にいるという…。

二軍降格して再昇格した丸が2割8分近くまで打率を上げているんだし…。



・昨年の開幕から一か月半は、打撃絶好調だったのに、8月以降は月間打率が2割台、一時は1割台まで落ちてしまっていた。

前半の貯金があったから、年間の打率はそこそこの数字になっているが、8月以降の不調がずっと今まで続いているのが実態ではないだろうか。



・サードのポジションは林に奪われてしまったしよっぽど打てるようにならないと一軍で活躍するのは難しいですね( ´△`)

ただ応援してる者として堂林選手にはまだまだ意地を見せてほしいです!



・本気でレギュラー奪い返すなら二軍で圧倒的な成績を残してもらわなきゃ駄目なんだけど、二軍でも2割台前半だからね…。

和田さんとかオリックス杉本みたいに、30歳過ぎてからチャンス貰えるようになって結果が出始めるパターンもあるけど、堂林はもう十分チャンスを与えられた上で、キャリアハイが去年の.279の14本。ここから調子が上向いても3割30本打てる選手になるのは難しいと思うし、同ポジションに若い林が出てきた以上立場はかなり厳しい。

ユーティリティ枠で生きていくか、もう一度レギュラーを狙いに行くか。本人もしっかり考えた上で頑張って欲しいし、球団も他球団のニーズがあればトレード等の道も示してあげて欲しい。



→以前、地元で投げたかった、紀藤投手を譲りトレードした経験もあるので、中日の1軍程度の投手と交換トレードを企画しても堂林選手のためにもいいことかもしれない。



→トレードを否定的に考えてるのがこの瀬戸内の球団の悪しき伝統だよね。
選手の人生を考えたらもっと積極的に行うべきだがね。これは民間企業にも言えるけど。



・コンディション不良もあり開幕してから調子が上がらず それでも一軍で起用したベンチにも問題がある
試合感も自信もなくなり 二軍降格
二軍落ちしても その影響で全く打てなかった

塹江にしても 自信喪失な位 打ち込まれ二軍落ち
未だに二軍でも打たれている

首脳陣も 早めの対処しないと選手を潰す事になる



→コンディション不良なら、首脳陣に申し出て万全の体勢で臨んで欲しい。
中途半端は厳しい。






→明らかに去年の捻挫からおかしいのに、無理やり復帰した感が否めない



・なんか応援したくなる選手。

昨年の再ブレイクは素晴らしかったけど、後半はすでに兆候は出てた。
怪我からきてるものなのかもしれないけど。

昨年の前半、一時3番堂林、4番鈴木の並びは野球ファンとしても嬉しかった。



・かつての嶋のように30歳すぎてブレイクする可能性もないわけじゃない



→嶋の場合はポッと出に見えても
当時一軍定着前だったムネリンとウエスタンで首位打者争ったりしてたんですよね

過去の実績はともかく、今現在二軍でまともに成績残せていないのはなかなか厳しいところです



・今シーズン始まる前は、今オフのFAの去就が注目されていたぐらいなのにね。



・去年は涙がでるくらい嬉しかった。
まだ29才。山本浩二だってここからがすごかった。





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認