走り高跳び金メダル2人で分け合う
https://www.nippon.com/ja/news/reu20210801KBN2F219O/

走り高跳び 1人の勝者決めず2人が金メダル 「目を見て」決定戦不要と抱き合う

バーシムとタンベリは、2m39を失敗するまでの全ての試技を1回で成功させており並んでいた。この場合は「ジャンプオフ」という形式で、優勝決定のための追加試技を行うが、今回はそれが行われなかった。

ジャンプオフに出場すべき選手がこれ以上の競技を行わないと決めた時は、ジャンプオフは行われないためで、2人で金メダルを分け合った。

場内には2人が何かを話し合ってから抱き合う様子があった。また、その直前、タンベリの最後の試技の前には、跳躍種目ではおなじみの手拍子をバーシムもしていた。

バーシムは、会見でお互いにジャンプオフをしないことを決めた時のことを「お互いに目を見て、これ以上やらなくていいね、ということを言ったんです」と振り返った。

両者とも、競技を離れても友人関係。大きなけがを乗り越えての競技となったことも共通点だったという。バーシムは「タンベリと私、2人ともけがをした。跳べなくなるかというけがをしたわけですが、夢が実現しました」と語った。会見中にはハイタッチをする場面もあった。

(全文はリンク先)
https://www.daily.co.jp/olympic/tokyo2020/2021/08/02/0014555573.shtml

・最高のシーンだった。
たまたま見ただけの走り高跳びだったけど、バーシムの涙とタンベリのはしゃぎようは間違いなく今日のハイライト。





【関連記事】



走り高跳び金メダル2人で分け合う2

走り高跳び金メダル2人で分け合う3
https://www.daily.co.jp/olympic/tokyo2020/2021/08/02/0014555573.shtml


・なんで2人が金メダル!?
と思ったけど、そういうことだったんだ。
ルールで決まってるなら、正真正銘の2人とも金メダル。おめでとうございます!!


※【NHK】2分でわかる! 俺もお前も金メダル! 男子走り高跳び決勝で珍事 | 陸上 | 東京オリンピック





・お互い死力を尽くして、
最後の最後互いが勝負を行わないと判断した場合同順位となる選択肢を選ぶ。
なんとも素晴らしい2人の判断でしょうか。

最後の最後まで決着を付けなければならないルールも当然ですが、こういう決着の仕方も素敵でした。
これもまた平和の祭典に相応しい結果だと思います。

おめでとう!!



・2人とも凄かった。
軽〜く飛んでる様に見えました。
おめでとう御座います。

ふと、翼くん率いる南葛中学校と、日向くん率いる東邦学園の両校優勝を思い出した。






・面白いルール



・勝負の世界に平等はダメだ!オリンピックの頂点に立つものは1人しかいないのだ!小学校の運動会じゃ無いんだから。



・ジャンプオフだとバーが下がっていくので種目の記録のトップを決める競技ではなくなってしまう。

なんとしてでも一人を残すために本来の競技性と違う部分を問うてトップを決めるより一番高く跳んだ人を金メダルにするというのは自然で良い決め方だと思う。



・そういうルールがあるのを知って尚良かった!
でも、分け合うって?金メダルは1個追加できるのでしょうか?
余った銀メダルは?
何て事も『?』です。



・観戦してないし、この記事読んだだけの感想だけど、二人が銀メダルで良いのでは?記事にある通りのルールだとプレーオフしないことが両者の利益になってしまうのでは?



・ゴルフは1個の銅メダルを4時間かけて7人プレーオフ



・モヤッとするという意見もありますけど私は逆ですね

ジャンプオフは高さを「下げて」いくため、過去の自分を含め同競技の伝説を超えるという目的がなくなりただメダルの色を決めるためだけの決定戦なので、それならば認めあった二人が頂点でいいと思うのです



・タイム競技でも確か同タイム、写真判定でも決着つかなかったら決勝は同着扱いになる



・同じような話が、1936年のベルリン大会棒高跳びで、日本の二選手にも起こっていた。彼らは銀と銅を帰国後半分に切り、つなぎ合わせたことが語り継がれている。



・そういうことだったのか!
でま二人のチャンプもまた良かったかな
二人が抱き合うシーンはよかった。

800メートルかな?
優勝候補の人が前を走る人の転びに巻き込まれて転んだけど
起き上がって握手?したシーンは
この人は人間出来てんなーって思って
二人でゴールしたのは
拍手してしまった。



・決勝なのでこういうことできますよね。昨日のサッカー、まあサッカーではよくあるけど、同スコアで延長でも決着つかずPK戦。はっきりいってPK戦は運の面も多分にあるのでできるなら両者勝ちでいいが、トーナメントの途中では絶対に勝者を決めなくてはならないしね。



・柔道で二人銅メダルとか、今回のとか、種目によって(メダルの基準が)違い過ぎ。



・美談、かどうかは個人の受け取り方ですが
当人達の喜びようが凄かったので良かったなとは思います

一方でルールシステム的な不備は否めないですよね
「より高く」を決めるのに高さ下げて決着って競技の本質から外れるでしょ



・このルールを丁寧に説明してくれないとテレビ見てるこちらはぽかんとしてしまった。。。え?なんで2人?それなら他の競技もそれがいいとかならないの?とか考えてしまった。

他局の放送だともっとルールのいろはも混じえてくれるから見やすいが今回はもやもやした。



・称賛のコメントが多いようだけど、ルールにあると言われても、最後の「勝負」をしないので両者「銀」と言うならわかります。
他の競技でも「決勝」しないで両者「金」で終わりにしようってなりかねない。
何のための競技会?






・サッカーみたいに「PK」とかいう「本来の競技とはまったく関係のない競技」で勝敗を決めるスポーツもある



・色々言う人がいるだろうが、そういうルールがあるのだから選手がそれを了承してるのだからいいじゃないか
色々言うのは観戦してるだけの人達

競技してる当人の方が当然ずっと大変だったのだから彼らの意志を尊重したい
おめでとう



・素晴らしいとは思う、けどこれが許されるならわざわざ他の種目でプレーオフしてるのは何の為かとも問いたい。例えばゴルフは7人から1人を選ばなくてはならなかったのだから



・金メダルは一人であるべきなような気がするけど、だったら四日間必死に戦ってきて7人が同じスコアにならんだ銅メダルは全員にあげてほしかったわ。



・高跳びルールにこの事が明記されてるようですね。

それ以上ルールを細かく確認しませんが仮に3人並んで順位付けを拒否したら金メダル3人なのか?という事は気になります。

・柔道は延長で技あり以上
・サッカーはPK戦
・野球はタイブレーク
・ゴルフはプレーオフ

と他競技は絶対に勝敗をつけており、高跳びの合意の下でお互い金メダルが取れる制度は不思議な感覚になりました。

それはオリンピックというのは1位~3位のメダルが金・銀・銅(競技によっては銅×2)と競技にかかわらず定められているためで、今回のケースでは金・銀というメダルが選手間の合意で金×2と引き上げがされている事になるため。

高跳びがそのようなルールで運営しているのは良いですが、ことオリンピックという4年に一度の世界最高峰のステージに限ってはそのルールは適用外としないとメダル分配という意味で他競技と不公平が生じるかなと感じました。



・両者の合意がないかぎり、競技(ジャンプオフ)はつづけるのでは?



・俺は敢えて否定したい。
これが許されるなら、金メダルの価値が下がりまくる。



・規定にあるのだから、二人金メダルでいいと思います。柔道で銅メダルが二人となる規定も素晴らしいと思います。



・あえて敗者を決める必要は無いと思う。
とても感動しました。
たまには勝者のみが存在しても良いのでは?



・ジャンプオフって知らないルールだったから、調べてみて分かった。

それで思うんだけど、代表決定戦みたいに、どうしても1位を1人だけ決めなければいけない大会ならともかく、2人とも金メダルを貰えるというルールの五輪で、ジャンプオフを選択する選手がいたのかな?

普通選択しないだろうと思うのだけど。



→決勝までの試技のミスのなさまで全部同じだった事が100年振りくらいの珍事です
普通は1番高く跳べた記録は同じでもそこまでのミスの数で差が出ます



・この場合は両者銀メダルにすべきだな。
他の競技で3位決定戦を回避したら両者銅メダルになるのか?



・平和の祭典



・これ最後の試技を行うか同着にするかは選手が話し合いで決められるの?
そうだとしたらすごく素敵なルールですね!

お互いに相手を最高の選手だと認めてリスペクトし合う姿はとても美しいです。



・ゴルフも7人銅メダルでよかった気もする。



・91年東京世界陸上男子50㎞競歩で肩を組んでゴールしたトップのソ連の2人を思い出した。
台風直撃の暴風雨の中での過酷なレース。

インタビューで「我々は友達なのになんで1位2位を争う必要があるんだ?」

そのあと一応写真判定で順位を決定したが、その後授与されたメダルを2つに切って分け合いました。






__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認