塹江敦哉
カープ塹江「覚悟を持って」マッチョ化計画 直球の質高めるぞ

広島の塹江敦哉投手(24)が27日、今オフは“マッチョ化計画”に取り組んでいることを明かした。

筋力トレーニングに注力し、筋肉量2キロ増を目指す。直球の球威や質を高めるのが狙いで「覚悟を持ってやる」と力を込めた。

開幕セットアッパーを、最後まで守り切れなかった。「打者に当てられることが多かった」。20年に7・43だった奪三振率は、今季6・17に低下。三振が減ったのは、武器の直球を投げ切れなかったのが要因だった。

(全文はリンク先)
https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2021/11/28/0014874331.shtml


・結構単調に投げているイメージがあるから一球ごとに間合いを変えたりタイミングをずらしたりして投げたらもっと良くなると思う。

せっかく良い球があっても弾き返されてしまっていたのでもっと空振りがとれるようになって欲しい。






・自分は来季の成功ポイントは緩急をより付ける必要があると思います。速いだけでは打ち取れません。

特に左手投手はチェンジアップが生命線と思ってます。頑張れ!




・外木場さんだったか北別府さんだったか忘れたが、
TVの解説で、投げるタイミングが常に一定で単調と指摘されてた。




→あれではバッターに「どうぞ打ってください」といって投げてるのに等しいと。
投球が単調にならないように間を空けて投げるだけでも結構違うのではと思う。





・直球の質ってより塹江のアキレス腱は制球とメンタルなんだけどなあ・・・・
どんなにいいストレートでもコースに投げきれないんじゃ意味がない

今シーズン余計な四球でどれだけ痛い目を見たかは本人が一番よくわかってるハズですが




・ヤクルトの日本一で日本シリーズが終わった。
そこで目を惹いたのが両チームの中継ぎ陣の制球力の良さ。




→特にヤクルトのリリーバー。セットアッパー清水を筆頭に田口、石山、マクガフ等。
そこには150キロ以上投げれるからといったアバウト制球な選手は存在しない。




・被打率の高いストレートを何とかしたいのはわかるけどこの対応、
ストレートの質を上げることで現状を打破しようとした今村を思い出させる




→ストレートの質が高めるのはいい事だけど
先に新しい変化球やスライダーの曲がりの種類を増やすなど

投球術の幅を広げる方が安定した投球に繋がりそう




・ストレートの速さを上げても、ストレートはどこまでいってもストレートだから、
160キロをコーナに投げ込めるような制球力だったり

藤川のようにホップする軌道になればストレートを目指すなら期待は持てるけど…




・有名な名をあげるピッチャーはそこまで筋力を付けてないイメージがある。
筋力を付けると余計制球力が悪くなるリスクがあるのは気をつけて欲しい。




・塹江の毎年の大きな課題は制球力と変化球の質でしょう。ここを潰さないと毎年同じ事が起きる。




・フォークがほしいな。フォークがあるような話があるが、見る限りはストレートとスライダーの2球種に見える。
2球種では狙い球を絞られて、粘られると打たれる。




・もう一つ縦の変化で威力のある珠、フォークがほしい。
身につけば防御率も奪三振もグンとあがるはず。




・三振取りたいなら、筋力より球のノビ(近代的な表現では回転数)だと思うんだがな。
球の重さや打者を押し込む球の強さは、筋力アップで上がるとは思うが。




・三振取る森下や栗林が筋力ゴリゴリのタイプか?…と言われれば、そうでは無いしな。
まあ身体鍛えて損は無い。





・球の伸びを上げたいなら、人差し指と中指開かず付けて握るとか、指先寄りの方に縫い目をかけるとか。
高めに上ずるくらいの方が、三振は取れ易い。




・塹江は地味に頑張ってくれてます!メンタル面を強化すれば自ずと結果もついてくると思うのですが。
日本シリーズを見ていて、ヤクルトの選手層の厚さに羨ましいなと。




・打たれないようにと考え過ぎてハマってしまう時もあったのかな。
でもいい球でも予想されれば打たれてしまう時もあるんだろうから

考えすぎずかつ打者のタイミングずらすテクニックとかも磨きをかけられればいいのでは!





・もちろん直球は必要なんだけど、その直球を活かせる別の球種も必要だと思う。




・スピードあるのに簡単に打たれるのはコースが甘いか、球の質が悪いか、緩急がないかのどれかだけど




→塹江は球の回転が悪いんじゃないかな?キャンプで誠也にストレートがきてなかいって指摘されてたし




・日本シリーズをみて、山本は別格としても、他の投手も抑えた投手はしっかりとコースにコントロール出来ていた。




→正直、今のカープが日本シリーズに出てもオリックスを抑えられないと思った。

今のうちからコントロール強化対策を、しっかり考えてもらいたい。
新高橋投手コーチに期待したい。




・アウターマッスルだけを鍛えると、可動域が小さくなって却ってダメになる。

重要なのはアウターよりインナーマッスルを鍛えること。これは非常にきついトレーニングになる。





・塹江の場合球威よりもコントロールだろう。逆にもっと力を抜いて投げたらと思ってしまう。




・打者の反応を見ながら投げるタイミングをうまくズラすなどの駆け引きが出来ればもっと活躍出来ると思います。




・塹江の最大の課題は制球力なのは間違いない。
更に今年は昨年ほどのキレを感じなかったのも事実。





→球速は150キロ前後でていたので身体のキレをアップし、球のキレをアップさせることは必要。
そのために筋力アップやダッシュ、ジャンプなどの瞬発系トレーニングは極めて有効。





・落ちる系の使える球があればと思う。
球種増やすのは簡単じゃないんだろうけど、チャレンジしてみて欲しい。




__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認