かーぷぶーん管理人2022年の挨拶
https://shop.fukuya-dept.co.jp/goods/index.html?ggcd=e09carp0017


■2022年 新年のご挨拶

全国のカープファンの皆様、明けましておめでとうございます!

かーぷぶーんの管理人、carp_buunです。


2021年もたくさんのアクセス&コメントありがとうございます。

読者の皆様のコメントは、すべてありがたく読ませてもらっています。


ファンサイトの運営を長くやっていると、「ファンのコメントを紹介する」のがメインになるため、ここ数年は管理人の見解や今後の運営方針などを長文で語る記事をUPしていませんでした。

2022年は新年の“所信表明”も兼ねて、『当サイトの今後の運営方針』を全国のカープファンの皆様に共有しようと思います。





【関連記事】
 



■2021年シーズンについて振り返り

佐々岡カープ2年目は、開幕当初はベテランを重視するような起用が見られたものの、中盤以降はコロナ離脱の影響もあり積極的に若手を起用し『若手が育つ楽しさ』を強く感じるシーズンでした。

当サイトの開設は、カープが3連覇へ向けてチーム力が向上しつつあった2014年9月なので、開設以来最も『順位度外視で若手育成を重視したシーズン』が2021年でした。

育成を重視した影響で、シーズン中盤には再度最下位になり、「優勝して欲しい」「カープの勝ち試合が見たい」と思っている層からの厳しい意見がコメント欄に並びました。チーム成績が低迷する中、






・守護神・ドラ1栗林の無双
・森下&栗林&誠也の金メダル
・ドラ2森浦が勝ちパで貢献
・九里悲願の最多勝獲得

・4番・鈴木誠也キャリアハイ本塁打連発
・小園レギュラー定着3割未遂
・林二桁本塁打
・中村奨成が待望の初本塁打
・宇草が未来のトリプルスリーを予感させる活躍
・坂倉が首位打者争いに加わる打撃覚醒



このあたりの個人成績でポジる記事を多めにUPし、カープファンの応援のモチベーションを上げようと工夫していました。

2020年や2021年のように下位に低迷する期間が長いと、どうしてもシーズン途中で諦めて応援をやめてしまうファンが出てくるため、副管理人さんと打ち合わせした上で、「なるべくカープファンのモチベを上げる記事を作ろう」と意識共有をして日々更新をしていました。


シーズン後半には3位巨人がまさかの大型連敗からの大失速をした影響で、カープも勝ちまくればCS出場がありえる状況になりました。

CS出場の可能性が出てきた後は『カープCS出場ワンチャンある!』『カープ、3位巨人を完全に射程にとらえる』のような、誇張してポジる記事をたくさんUPしました。冷静なファンからは「残り試合を考えたら絶対無理。管理人はバカか?」「管理人は現実が見えてない」など、厳しい意見をもらいました。

あまりにもそのような意見が多く書き込まれたので、Twitter上で以下の様なお願いを共有し、ブログ記事の最後でも紹介しました。



■『無理だから諦めろ』と主張するのではなく『劣勢の時でもファンの気持ちを鼓舞する』のがファンサイトの役目


ありがたいことに、当サイトの常連さんの多くは、この提案に賛同してくれました。CS出場が完全消滅するギリギリまで、当サイトを通して皆様とカープ戦を観戦することができたことに感謝しています。




■2022年シーズンは過去8年とは違うチャレンジをする予定です

当サイトは、2022年1月1日時点でサイト開設から7年4か月がたち、今季は9度目のシーズンになります。9度目のシーズンを迎えるにあたり、以下のような新しい挑戦をしようと思います。


【1】YouTubeチャンネルの開設(2022年の前半を予定)

【2】『広島のカープファン』と『全国のカープファン』を繋いだり、協力しあえるようなコミュニティーを作りたい。※自分が広島出身の上京組なので、最初の活動は『関東のカープファン×上京組』が中心メンバーになると思います。

【3】それに伴い副管理人さんや、コミュニティー活動に協力してくれるスタッフ募集(副管理人さんの募集記事は近日中にUPします)

【4】YouTubeチャンネルの開設を機にサイト名を変更するかもしれません(長年使ってきた名前なので、ここは迷っています…)






■新しいチャレンジをしようと思った原因

『広島のカープファン』×『全国のカープファン』という構想は8年前からあり、SNS上で仲良くしている常連さんからも「一緒に応援に行ったり、祝勝会できるファンコミュニティーを作って欲しい」という要望がありましたが、「いちファンである自分が主導しても叩かれるだけで終わるのではないか?」「そもそもそんな活動は求められてないのではないか?」という懸念点もあり、なかなか行動に移せずにいました。

その懸念点を超えて『ファンコミュニティー』を作るべきだと思ったのは、2020年1月から始まったコロナ禍です。

コロナ禍は野球のファンサイト(野球のブログ)も大きな影響を受けました。
試合がなくなり、多くの企業が緊急事態宣言を機に広告費をカットした影響で、サイト運営ができなくなり、閉鎖する事例が増えました。


当サイトは2020年に年間で約2550回更新しましたが、管理人がサイト運営で受け取った収益は0です。理由はサイトの規模に比べて副管理人さんを多く雇っていたことと、お世話になっている副管理人さんの謝礼を他サイトより高額にするという運営方針が影響して「更新したら更新したぶんだけ赤字になる」という状態に陥りました。

(管理人はサイト運営以外の仕事もしているため、そちらの収入と貯金をサイト運営費に回すことでコロナ禍を乗り切りました。長年サイトを更新してきたブロガー特有の感情ですが、「読者が更新を待っているので、収益がゼロになったくらいでは更新をやめる理由にはならない」という謎の使命感を感じて日々更新を続けていました)


また、ブログ運営だけでなく、自分が長年通っていた広島の郷土料理や、広島風お好み焼き屋さんなどもかなりの数が直近2年間のコロナ禍に耐え切れずテナントを解約し、東京から撤退しました。

緊急事態宣言が解除された合間を縫って行きつけの店に行ったのですが「閉店」という張り紙を見て愕然としました。その時、改めて自分の中で以下のような感情が生まれました。


「もし、カープ系&広島系のサイト全てが経営難に陥っているカープ&広島関連の店を助けるような告知をしたら、閉店した店の何割かは救えたのではないか?」

「カープのファンサイトとして集めたアクセスで、個人&企業に限らず全国のカープファンを助けることができるのではないか?」




■ネット上にある広島カープのファンサイトのアクセス数をすべて合計すると月間1000万アクセスを余裕で超えるという事実

今までは『野球のファンサイトで集めたアクセスを利用して地元や上京組を助ける』という概念自体が存在していなかったと思います。概念自体がない活動を定着させるのは、時間も労力もかかり、多くの賛同者が集まらないと実現できません。

ですが、当サイトに長年集まってくれている全国のカープファンには、その力があると確信しています。

2022年は『カープファンの力を借りて集めたアクセスを、カープファンに還元する』をテーマに試行錯誤する年にしようと思います。



※この記事で共有した内容について「〇〇のような活動をやって欲しい」などアイデアがあれば、コメント欄で教えてもらいたいです。



今年度も『かーぷぶーん』をよろしくお願い致しますm(_ _)m





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認