カープ鈴木誠也は年俸3億円から4年70億円に爆上がり

鈴木誠也は年俸3億円から4年70億円に爆上がり。なぜメジャーに移籍すると、これほど価値は高まるのか?

【短期連載】なぜ日本のFA制度は活用されないのか第3回「日米のFA制度、文化の違いから考える」

驚かされるのは、その金額だ。5年総額5500万ドル(約60億5000万円)から4年総額6400万ドル(約70億4000万円)になるとも言われている。

広島時代の2021年、鈴木の年俸は3億1000万円だった(金額は推定/NPBの年俸は以下同)。昨年は打率.317で首位打者、セ・リーグトップのOPS1.072、同3位タイの38本塁打、同4位の88打点、6年連続ベストナインとゴールデングラブ賞5回の大活躍を見せたが、なぜメジャーに移籍すると、これほど価値が高まるのだろうか。

「単純に経済の基本原理です。メジャーには30球団の市場があり、需要と供給のなかで移籍市場が活性化する仕組みがあるからです」

 そう話すのはMLB公式代理人で、米国オクタゴン社の野球部門環太平洋部長を務める長谷川嘉宣氏だ。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2022/01/17/70/

・30年くらい前はメジャーもNPBも全体の売上は同じくらいだったが、メジャーは興行として進化させていく一方に対して、NPBは祖業社の顔色ばかり伺う閉鎖的保守を貫いた結果、選手の年俸も恐ろしい開きになった。





【関連記事】



なぜ、メジャーリーグでは次々と"ビッグディール"が交わされているのか。その背景を長谷川氏が解説する。

「エージェントとすれば、『同じくらいの成績を出したA選手は去年この金額をもらっていて、うちのB選手は今年その成績を上回った。だから、年俸をこれくらいほしい』と交渉していくので、金額は全体的にどんどん上がっています。

 対してチーム側は、特にピッチャーは31歳から33歳くらいでパフォーマンスが落ちるため、FAになって7、8年契約を結んだら最後のほうは金額に見合わなくなると考えられ、近年は契約年数が2、3年と短くなっています。あるいは菊池雄星投手のように契約年数は(最大7年と)長いけれど、オプトアウト(契約破棄条項)がつくことがトレンドになっています」

 契約交渉が行なわれる際、ポイントになるのが「AAV」だ。「Average annual value」の略で「平均年俸」を意味する。長谷川氏が続ける。

「たとえば5年100億円の契約なら、『100億円÷5=20億円』がAAVです。内訳は契約金や年俸、バイアウト(球団あるいは選手が一定の金額を支払うことで、契約を解除できる条項)があって異なりますが、選手側が求めるのはトータルの契約で、その大小はAAVで決まります。

『あの選手より、自分はAAVで上回らないといけない』『AAVで上回れないなら、契約年数で上回ることでトータルの金額を増やしたい』となる。そうやって上を目指すから、必然的に年俸が上がっていきます。一方、オーナー側はなんとか歯止めをかけたいのが現状です」

(全文はリンク先)
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2022/01/17/70/


・今でも広島にとって年俸維持するの大変な選手が、海を渡ったら年収がシンプルに5.6倍になるわけだから本当メジャーは規模が凄い…
そら、憧れるよね



→20年前ならともかく、今の広島が誠也の3億ナンボを払うのが大変な訳無いでしょう。

誠也は今や広島の顔だし、残留する気があるなら3年15億は提示すると思う。

まぁ、それでもメジャーは桁違いだが。



・在米です。

こちらでは、メジャースポーツの経済規模の大きさが日本とは全く異なります。
例えばバスケでは、プロでは無く大学の監督で約900万ドル(約10億円)の年俸を稼ぐ監督が居るぐらいです。






・単にアメリカの球団が金持ってるってことでしょ。人気低迷とか野球離れとか言われてるのにすごいな。日本の貧乏を思い知らされる。



・アメリカは海外からの放映権料や広告収入があるから。



・>MLBの市場規模は1994年時点でNPBと同程度の1400億円程だったが、現在は1兆円を優に超えるまでに成長した。

こっちの原因を詳細に論じてほしいなあ。

球団の数がNPBの2.5倍であることを勘案すると、1球団あたりNPBより3倍ほどの市場価値があるということになるでしょうか。
それでも選手への分配率は全然違いますね。

売り上げが少ないと運営経費の負担率が大きいんですかね。



・大谷さんの活躍で鈴木の期待値が予想より上がってますね。
この年俸はメジャー未経験の選手としては高すぎだと思います。

メジャーである程度の成績を残してこの年俸ならいいけど、成績残せないと間違いなく叩かれる。



→でも成績残せないと叩かれるのは日本でだって同じなんだし、1億2億で叩かれるより10億で叩かれる方がいいですよね



→そもそも日本球界にとってメジャーはチャレンジしに行く場所ですからね。大前提として助っ人ではないってことを我々もよく理解した方が良いと思う。
チャレンジャーです。

メジャー球団だって馬鹿ではないから、それぐらいはきちんと考えてますよ。もちろん前評判どおり活躍してくれれば御の字で、逆に思うような活躍をしなかったとしても、日本企業のスポンサーだったりグッズ収入だったりで計算しての年俸なのですから。

でもね、行くからにはアメリカ人をびっくりさせるぐらい大活躍して欲しいですね。



→現在日本人が活躍しているかがその後に続く選手の高年棒に繋がる傾向がある。それで一番恩恵を受けた選手が福留かな?当時松井が活躍していたからね。



・グリエルも5年50億だったし70億まではいかなくともそこそこいくんじゃない?



・大谷がメジャーに行く前からスカウトは見に来てました



・この様なスポーツで子供に夢を与えてほしいです 変な格闘家かユーチューバかわからない人が10億稼いでいるとか自ら公表して受け狙いを子供が憧れるより、このお知らせが子供に夢を与えているのではと思います 1番なりたい職業ユーチューバより野球選手となってほしいですね。



→YouTuberよりもいいけど、始めるのは手軽だからね。
野球はお金になるまでの労力となれる率が半端ない。

結果、可能性が高そうな方にながれるのも無理はない。






→頭固いな
今はセルプロモーション力がある人が稼ぐ時代



・その代わり使えなければ即トレード、解雇も当たり前
日本みたいに使えない選手がなぜかまだプロとしてやってるという事は少ない

日本は赤字経営当たり前で企業の広告という意味合いで成り立ちから今に至るから年俸はそこまで上がらない
初期Jリーグもそうだったがチーム運営自体をビジネスとしてやってないからな



→契約なので、複数年契約であれば活躍しなくても「解雇」はありえません。
「即トレード」としても、年報維持が条件とかが普通です。



→MLBの不良債権なんて日本の比じゃない位ヤヴァイだろ。
大体10年契約とか後半5年なんてほぼい不良債権確定しそうな契約結ぶのが意味不明。

最長5年とか今更難しいと思うけど労使協定で決めないとそれでも不良債権にはなるとは思うけど・・・。



・アメリカンドリームなのでこれくらい高額でいいじゃない。



・純利益が10億に満たないとあったので興味が出たので多少調べた。

日本野球と似てメジャーも、放映権、スタジアム収入、グッズ、スポンサーなどで成り立っている様子。

大きく違うのはメジャー機構が放映権を管理し30球団全てに均等に分配。
その額約50億円。

30球団最下位のチーム年俸がパイレーツの約54億円。
ここから、球団の稼ぎで10億超えるかは調べられないが、赤字の球団は今では無いらしい。

因みにメジャー最高額のマックスシャーザーは今年メッツから契約を勝ち取り年俸50億円を叩き出す。
一人で最下位のチーム年俸と同等の価値がある。

さらに、面白いのが、ソフトバンクが1位で約62億円、2位巨人の約47億円のチーム年俸。

日本の野球選手がメジャーで活躍出来ると思うと、日本選手はかなり安いのかもしれないね。



・北米4大スポーツのMLBにNFLにNBAにNHLと全てNPBを大きく上回る規模のスケールで運営されてるのでやっぱり市場が違うよね。NPBは海外向けの需要がほとんどないのが大きいし



→米国4大スポーツは国内マーケットだけじゃないですし
単に割合だけで考えても 日米で人口比3倍未満だけど、NPBとMLBでは収益6倍以上違いますよ。



・個人的には外国人枠とは別枠でアジア枠を1枠作ったらいいと思う。
そうすれば12球団全てに台湾や韓国の選手は入ってくることで、名実ともにアジア最高のリーグで市場が広がると思う。



→アジア枠か…なかなか面白い発想でいいですね



・日本には数年前までスポーツ中継に金を払う文化がなかったからね。錦織が全米決勝までいった時になんで地上波でやらないんだとか抗義殺到したくらいだし、(放映権料の差で)そりゃ年俸なんか伸びませんよ
 




【副管理人さん募集中】





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認