カープ安仁屋、佐々岡監督は「鬼になることも親心」

安仁屋宗八氏 鬼になることも親心ではないか 崩れた広島救援陣

~中略~

そして9点を失った八回だが、中崎が1死から3四球を与え、村上を迎えた場面。ここは、いかに中崎に信頼感があっても塹江、黒原といった左投手をつぎ込むべきではなかったか。

信頼し続けるのも親心なら、「今日は良くない」と断じて、代える厳しさも親心だろう。

その厳しさをベテランの中崎に見せることで、チーム全体にも、ファンにも説得力ある起用と映る。今後も来るであろう“鬼になる”べきタイミングを、見誤らないことを望みたい。

(全文はリンク先)
https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2022/04/29/0015258948.shtml


・佐々岡監督の親心が仇になってるのかも?



・野手はスパッと代えるのに、投手は打たれるまで代えない。





【関連記事】


【おすすめ記事】



 
・各投手のその日の状況を厳しく判断して早めに変えるなどの柔軟な対応が必要



・1回に9失点とは本当驚いた



・多少左右病と言われようが、あーゆう所は原辰徳みたいに1人1殺みたいな器用をせんよのう






・中﨑は、本来なら連続四球あたりで交代なのでしょうが、不調の場合に備えて次の投手を常に準備させるようでは、準備させられる他の投手の負担も大きくなるし、長いシーズン持たないように思います。

だから、すぐに次の投手交代を考えなくてはならない程度の投球しか出来ないのでは、そもそも今後の起用は控えられるべきだと思います。



・判断の良し悪しはやはり結果論でしょう。

中崎投手が満塁にしても、過去には切り抜けて来た実績が有るので信頼をするという事に不思議はないと思う。
逆を言えばここで中崎投手を切れば、中崎投手にしこりが残るかもしれません。

敢えて代えなかった事が後々生きる可能性もあります。
その場凌ぎでは無いからこそ大丈夫だと思います。



→過去に切り抜けた実績はあるかもしれないが、今その力があるかといったら申し訳ないがないと思うし、連打による満塁とは違ってあきらかに勝負を避けてるよね。自信がないってことが相手も伝わる内容。

悪いけどそこに昔の中崎はいなかったよ。



・中崎の体調が良い、経験もあり復活して欲しいという気もわかるが明らかに負担をかけすぎている。いい場面で使いたいなら若手にも経験を積ませつつある程度は余裕を与えないと、自信をなくしそこに故障も再発し元に戻ってくることが出来なくなると思う。



・中﨑がどうこうではなく、この試合に限っては、3連続四球の時点で変えておくべき。
この試合では中﨑はダメだったということだから。そもそもブルペンでは複数の投手が準備していて然るべき。



・安仁屋の言うとおりで、そもそも中崎を酷使しすぎ。

開幕からチーム27試合のうち約半数の13試合に登板させている。
これはあきらかに多すぎる。
すでに疲れが出ているのではないか。

登板がなかった試合でも中継ぎはブルペンで肩を作らなければならない場面もあることを考えると、けっこうな負担だとおもう。



・今のメンバーとこれまでの投球を見てると島内や中崎を8回に起用するのはわかるけど、昨日は二人とも明らかに異常だった。あそこまで全くストライクが入らずに、勝負以前の問題だった投球は見たことがないくらい。



・監督が勝ちパターンで起用するか敗戦処理に回すか、の瀬戸際もあろう。



・中崎に拘りたくなる気持ちもわかるんだけどね
抑えれば雰囲気凄く良くなるし
ただ見極めはしないとね

中継ぎは単純な方程式じゃなく考えた使い方をしてほしい
ピンチで右打者ならワンポイントで森浦とか試して見て欲しい



・中崎に対する信頼感がよく分からない。登板過多気味だし、打順等考えるとホリエで良かった。
中崎の場合、もはや球威では抑えられないし、制球力で勝負するしかない。それなのに、アレではどうにもならない。中崎も島内も、ヤクルトの打者はストレートだけ待ってればいいんだから。

いずれにしても、中崎の起用方法は考え直すべき。8回に投入するのはいかがなものかと。島内については元々ノーコンなんだから、回のアタマから、投げさせないとね。途中から出すとこういうことになる。フォークがない島内は、少し球が速いだけの投手。



→島内は七回投げてた時は完璧なピッチングしてたとか回始めから出たら失点してないとか余計なデータがある



→他ファンだけど8回は黒原だろ。
中崎は3連覇に貢献したし実績もあるけど現時点では難しい。

佐々岡監督も頑固なとこあるから我慢して復調待つかも知れんが、それはそれで有難いケド






→中崎も落ちるボールないですからね。

それでクローザーやらせてましたからね。

リリーフはそういう厳しい場面は多々あるんで落ちるボールというか決め球ないと勝負にならないですね。



・2人の外人助っ人をすぐに上げろ。



・村上に左投手をと言ことだが、中崎があまりにもテンポよく四球を出すから準備が間に合わなかったんじゃないかな。リスクマネージメントが出来ていないと言えばそうだが、毎試合万全の体制で準備させてたらシーズン持たないわけで、ある程度割り切るしかないと思う。

まぁ中崎の扱いをどうするかは考える必要はありそうだけど。



→中崎は良い見本でしょ
一番実績があるし、考え方や取り組み方、怪我から復帰したんだから、ケアや予防の知識もある

だからといって、今現在のピッチングが良いとは限らない

左を準備出来てなかったなら、采配ミス
素人でもブルペンで左右1枚ずつ肩作らすけどね



→安仁屋氏自身ヤクルト戦前には中崎は投手陣の手本と誉めていたのだが



・この試合のケースで言えば、3連続四球で交代の判断が出来ない監督の決断力の無さ。選手のことを考えることも大事だと思いますが、勝つことを考えるのはもっと大事なことのはず。



・そもそも川端が代打で出てくる事は容易に想像出来たはず。ならば頭から塹江でも良かったくらい。少なくとも太田を歩かせた時点で青木には塹江をあてるべきだった。1人1殺で考えれば山田に島内と明確に役割を決めても良かったんじゃないかと思う。

結果論だから何とでも言えるんだけど、投げる投手としても明確な目標があった方がイメージもしやすいかと思う。残念ながら中崎にしろ島内にしろ1イニングをきっちり抑えられる状態にはないから細かい継投でしのぐしかないと思う。



・佐々岡の考えではいわゆる勝利の方程式を作ろうということなのだろう。

しかし栗林に繋ぐまでの島内、中崎、特に中崎を8回にセットアッパーとして投げさせることに固執する必要があるのか?
ここが疑問。

今季のこれまでを振り返ってみてみれば中崎に拘る意味がわからない。
もっと柔軟な起用をしなければならない。



・大先輩のコメントも愛情ゆえに(?)まだ甘いですね。「鬼になる」ことができないのが今の監督の良い面であり悪い面でもある。





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認