20221005s00001173694000p_view

広島・林 原点回帰で長距離砲の道再び「タイミングをしっかりと大きく取って」

広島・林晃汰内野手(21)は、雪辱を期す来季に向けて「原点回帰の秋」とする決意を示した。

なぜ、林は今季のウエスタン・リーグ出場102試合で2本塁打のみに終わったのか――。「しっかりと大きくタイミングを取れていなかった。小さくまとまりすぎていたのかなと思う」。不振に悩む間に、長打力を生かす打撃とは正反対のスタイルが染みついていたと言う。飛距離はチーム随一。いま一度、原点に立ち返って強振を貫く秋とする決意だ。

昨季の正三塁手の不振は、1軍の布陣にも影響を与えた。捕手と三塁を兼任するはずだった坂倉は、シーズン途中から三塁に固定。林の不在により、先発の選択肢は狭まった。

「悔しいですし、しっかり結果を残して、1軍でやらないといけないと感じた。まず自分が求められていることは打撃だし、長打も大事になる。そこからアピールできるようにしたい」

(全文はリンク先)
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/10/06/kiji/20221006s00001173015000c.html

847: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 22/10/06(木) 14:11:12 ID:JT.z4.L20
昨季の正三塁手の不振は、1軍の布陣にも影響を与えた。捕手と三塁を兼任するはずだった坂倉は、シーズン途中から三塁に固定。林の不在により、先発の選択肢は狭まった。

會澤も正捕手を維持するのはしんどくなってきたし坂倉にもある程度チャンスはあるやろうそのとき空く三塁で林がどれだけやれるか
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1664952914/


【関連記事】



850: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 22/10/06(木) 14:14:22 ID:u1.nw.L68
會澤が正捕手じゃなくなったとして磯村や石原が出てくるだけな気もするが

854: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 22/10/06(木) 14:16:50 ID:u1.nw.L68
林のネックは打撃がそこそこ戻りましたと言われてじゃあサードでとはならん事やねんな
あの守備を大幅に改善してくれんことにはレギュラーで使い続けるのはきついで

853: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 22/10/06(木) 14:16:35 ID:7H.up.L33
他球団みてもブレイクの次の年はなかなか伸び悩むもんやな
























・林の魅力はレフト方向に長打を打てる事なのに、今年は完全に影を潜めたな。




・春先から不調で決局丸一年ずっと不調でしたね。
もし林君が順調に育ってくれてれば、捕手坂倉でいけたかもしれません。その他の二軍打撃陣も総じて低調でした。
二軍打撃コーチ陣は指導力が問われますね。



・キャンプの時点でかなり怪しかったんでオフの取り組み方をミスったように見えた。

低めを見極められないところがあったんで、本人なりにフォームなりタイミングの取り方なりを変えようとしたんだろうけど、裏目に出た感じかな。




・昨シーズン、高卒選手でホームラン10本打ったときは本当に将来の4番と感じたけれど…

来シーズン飛躍のための、ジャンプする前の小さくかがんだ状態が今年だったとなるように、秋のキャンプから頑張って欲しい。





・テイクバックは大きく取れ…とは、長距離打者によく言われるね。
山本浩二はテレビ解説で、度々発言する。

グリップ浅めに構えて、テイクバックを大きく(深く)取って、フォロースルーは小さく鋭く振り抜く。
フォロースルーを大きくすれば打球は飛ぶけど、ミスショットが多くなる。

後ろが大きく前が鋭い打法は、山本浩二もそんな打撃だったんで、率とHR残せた。






・昨年、10本塁打を放った長距離砲だけに、今年一軍に何故呼ばれ無かったのか、疑問に思っていました。
記事に有る通り、ホームランか三振かフルスイングする位の極端な打者じゃないと、個性を活かせないと思う。




・迷走してるなーと感じる。
結局はドアスイングの改善と下半身から上半身へ連動していく打撃が身に付かないと根本的な解決にならない気がするんだよな。

動作を大きくするのは良いけど、上半身の使い方が強くなると軸ブレしたり、力みからスイングがまた外回りして確率は結局上がらないし、苦手なインコース対応も良くならないように思う。




→村上はあらかじめトップを深くして構え、割れ(捻転差)を作り、下半身主導(下半身から始動させて上半身が引っ張られる形)の打撃へ繋げてる。
これが出来るとヘッドスピードが上がり、変化球や緩急差への対応力が上がる。

体重移動も綺麗、グリップを背中側へ引かずに捕手側へしっかり引くからバットを出しやすいグリップの位置でトップが作れてる。
そこからスムーズにインサイドアウトでスイング(内からバットを出す)。仰る通り軸ブレせず、股関節から綺麗に回転してると感じる。

林は去年の段階からドアスイングだし、スタンスが広すぎて身体がブレてしまってたね。まだ22歳だし、これからどう打撃を作っていくか。時間はかかるかもしれないけど。





・誠也以降、カープにはコンパクトなスイングの打者しかいない。
体格の問題もあるんだろうけど、なにかそれ以外にも要因があり、アベレージタイプしか育っていないので、スタメン見ても同じようなタイプが並ぶ。

ヤクルト:村上のような圧倒的なスイングスピードがある打者がいると違うんだろうけど、技巧派打者ばかりの中から、林が長距離砲で抜きんでて欲しいと思う。






・去年プチブレイクしたが今年は一度も一軍に上がれ無かった、ホームランは去年1軍10本から今年2軍2本、打率.266から打率217と極度の大不振。

今年は去年以上の活躍を期待してたが、非常に残念だったが来年は勝負の年になりそう、2軍から抜け出し1軍でホームランを打つ姿が見たい。






・林は構えをコンパクトに修正をコーチから指摘されたことも。
これが本来の林の良さを無くし、その修正もできず一年を過ごしたのでは。コーチの問題もある。
そして、坂倉の捕手の機会を無くしてしまった。

来年は、坂倉を捕手としての起用がないと浮上はない。中村奨成、磯村を中心に若返らせることも視野に取り組んでもらいたい。






・林のようなタイプは難しい。岩本もそうだったが長打を期待されるワケだが好調時は良いが、不調になると記事にもあるが小さくなってしまう。
一軍で不調に陥れば二軍だが、二軍で不調となるとどうしようもない。

そして、林にとって一番の不幸はカープのコーチ陣に長距離砲がいない事。
昨年一軍で10本塁打の林に指導する資格があるコーチがいない。

全盛期に廣瀬が12本記録したが長距離砲とはいえないし、迎・朝山は一軍での実績が乏し過ぎて的確な指導が出来るとは思えない。

OBに前田智徳・江藤・栗原と立派な実績を持つ人たちもいる。他球団OBでもかまわない、長距離砲にアドバイスを出来るコーチを招聘してほしい。

今年は盗塁数が悲惨だったし、投手陣もドラフト上位指名の選手しか活躍してないし、打撃・投手・走塁コーチに優秀な人が必要。






→あんまし選手時代が長距離砲だったかどうかって関係ない気がするなあ。
金森は名打撃コーチで他のコーチより何人も長距離砲を育てたが、井口、城島、和田、カブレラ、井上アジャって本人は長距離砲からはほど遠い。

井口も金森から教わるのは最初は半信半疑だったと言ってたし。
それと金森に育てられたと公言してる上の人たちがみんな右打者なのに、本人は左打者っていう。






・現状で数少ない、20代前半の打撃が魅力の選手ですから、なんとかものになってほしいのはやまやまです。
ただ、今年オープン戦から絶不調で、一軍に呼ばれなかったことは、これから先の林選手の立場を苦しくしてしまったように思います。

坂倉選手の起用方法にもよりますが、三塁は坂倉、一塁は外国人選手となると、林をどこで使うんだっていうことになっちゃいます。
使わざるを得ないくらいの打撃力を発揮してください。





851: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 22/10/06(木) 14:15:10 ID:ft.fa.L28
去年があったんで飛躍してほしい思いは当然あったけど
まだ21なんで後々こういう年もあったと振り返られるといいな








【「かーぷぶーん」のYouTubeチャンネルを開設しました】









__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認