sira

「存在価値はなくとも存在してた…」由宇の妖精・白濱裕太が在籍19年、出場90試合のカープ人生で得たものとは?

在籍19年、出場90試合、先発55試合


二軍生活が長く続く中で、インターネット上では「由宇の妖精」とも呼ばれていた。決して名誉ではない呼称に、本人は苦笑いして言う。

「いい言葉なのか、悪い言葉なのか……。プロ野球選手は一軍でプレーしてナンボなので、どこかで反骨心はあった。絶対やってやろうって」

一選手として忸怩たる思いもあったが、今では笑って受け入れられる。

「プロ野球選手として一軍でやってナンボという考えは変わらないと思います。だけど、僕みたいな存在がいるということをファンの人や記事を見た人に知ってもらえたら、存在して良かったなと、辞めてからは思っています。存在価値はないかもしれないですけど、存在していたというね」

スコアラーとしての再出発

引退後はスコアラーに転身する。誰もが認める技術を惜しむ声もある。ただ、本人は「キャッチャーミット以外はもう手元にありません」ときっぱり。第二の人生を見つめる。

「必要とされ、チームに残れるというのはありがたい。選手のときも表舞台に立つことは少なかったけど、裏方としてチームにまた貢献したい。スコアラーになるんだったら、白濱が一番だって言われたいし、そこを目指したい」

(全文はリンク先)
https://number.bunshun.jp/articles/-/855622



・捕手の経験を生かして日本一のスコアラーを目指してカープの為に頑張りんさいよ。






・何を仰りますか!
存在価値、大いにありましたよ!
キャッチングで後輩の良い手本になってました
やっぱり一芸って貴重ですね






・白濱に存在価値がないなんて思っていたカープファンなんかいないよ!


2軍で実質コーチ兼任で1軍には主力のアクシデントで呼ばれるくらいなので育成選手降格でもおかしくなかったかもしれないが、ちゃんと支配下枠を使い続けてちゃんと戦力外通告したのもカープ球団の白濱の存在価値に対するリスペクトでしょう。










・「勝っても負けても原因があるから、見えないところでやっていることもあった。1人で喜ぶこともあったが、1人で悔しがることの方が多かった」と自身の弁。



・由宇と見えないところで努力をしてきた。そんな白濱さんだからこそ、球団は絶対的な信頼感を持ってスコアラーに迎えたんだと思います。



・「一軍のキャッチャーが離脱したときに、技術面で安心して送り出せる選手」という意味では本当に重宝した選手だった。コロナ禍で予期しない離脱が増えてからは特に。



・ブルペンキャッチャー兼任で育成契約でチームに残して緊急時に支配下登録する選択肢もあったようにも思えたけど、結構スパッと切り替える形になったなと思った。



・スコアラーとしても、守備技術を伝えるポジションにいつか移ったとしても、まだまだカープに力を貸していただきたい。

現役生活19年、お疲れ様でした。



・ドラ1とは言え、早く切られる選手は結構いる。その中で1軍の試合の初出場まで8年、そして少ない出場試合数でこんなに長く在籍できるのは、技術もそうだが人柄の部分が大きいんだろうね。



・人柄というのは割と天性なものでそうそう変えれることはできない。
練習に練習を重ねて上手くなる野球より、性格や人柄を変えることのほうがある意味で難しいのかな。



・1軍90試合でこういう記事とかになる稀有な存在ですな。野球にかける思いや人柄人望で19年在籍できたと思う。インタビューにも自虐的な受け答えで彼らしい。



・今後はスコアラーの目でカープを支えていってもらいたい。いずれは指導者として現場復帰を期待する。いいコーチになるはず。



・白濱はパリーグのチームで打力の高いチームならもう少し出番があったかなとは思います。ここ数年,特に守備のできる捕手不足に悩んでいた広島ではマスクをかぶることも増えていた。DH制のないセリーグは捕手の打撃が重要だし,年齢的にも潮時かなとは思う。お疲れ様でした。



・現役時代圧倒的に裏方(二軍)の方が多かった人間が第二の人生で本当の裏方(スコアラー)に。



・本人の言う通り、決して誇れる成績ではないかもしれないけど、同期、同級生が辞めたり去ったりしてく中で19年間現役を続けた事は何よりも誰よりも誇りに思って欲しい。



・「スコアラーといえば白濱」と周りから脚光を浴びるくらいになれば凄いし、白濱なら出来そうな気がする。白濱選手、今までカープを支えてくれてありがとう!これからも宜しくね



・打撃以外の技術はあった。
だから捕手としてならいつでも出せるって、首脳陣も安心感があったんだろうね。
そして本人が常に気持ちを切らさずに準備を怠らなかった。
そういう姿勢を首脳陣は見てたんだね。



・間違いなくチームの屋台骨になる人物。
きっと指導者としても声が掛かるでしょう。
生き方や人柄は大切だね。



・キャッチングは素人目にも上手だったもんな。
打力がないと使ってもらえない時代だけど、怪我の多いポジションでもあるから、守備型のベテラン捕手を1枚キープしておきたい事情もあり、ベンチを温めることが多くなってしまったのだと思う。





・白濱を由宇の妖精って言う人は2軍を知らないか、ただ揶揄したいだけの人だろう。
カープ投手陣から絶大な支持を得ているし、有事の時でもずっとレギュラーだったかのようにゲームを作っていける。
ゆくゆくは高さんやオリックスにいる水本さんの様な縁の下の力持ちになるでしょう。



・由宇の妖精は元々、鈴衛さんの愛称だと思うが
1軍で1度も打席に立たなかった(代走と守備はやったが)けど
人柄がよく、球団側も評価してたのか引退後
ブルペンキャッチャーになった
そこを当時の阪神で活躍してた金本が引き抜いていって
最終的には阪神のブルペンキャッチャーになって現在も在籍してる



・是非ともスコアラーの経験を胸にバッテリーコーチになって新しい捕手を発掘してほしい。
捕手の技術はピカイチだし、スコアラーを経て活かせるはず。
コーチとして帰ってくることを待ってます。



・私は阪神ファンなので川藤さんを思い出しました。一振人生で19年。今も解説者として活躍されています。白濱さんもスコアラーとして息長く活躍されることでしょう。頑張って下さいね。



・ここまでやれたのは人柄もそうでしょうが、守備は良かったのでしょうね。でなければさすがに19年は入れない。球団もボランティアで選手とは契約しないので必要という判断がされていたのでしょう



・キャッチングは巧いという話でしたが、リードや送球はどうだったのだろう。
古田や城島や阿部の存在が『捕手と言えども打撃力を重視』という路線になってしまったのが白濱にとって一番の逆風だったのだろう。



・思うに、球団としては、木村と白濱の二枚看板を構想していたのだろうけど、石原、會澤が想定以上の球界を代表する捕手になったからなあ

最近の広島はハイレベルな打てる捕手がたくさんいて、贅沢な悩みだろうなあ



・確かに選手としての実績で言えば、たいしたことないかもしれない。
ただ能力以上に人柄を買われての19年だったんだと思う。
そうでなければもっと早く戦力外になってるし、引退後の職も用意されない。



・中日の全盛期、谷繁という絶対的保守の影で、小田という選手がいた。
そういう選手がいるチームが、本当に強い。



・白濱くん。
君は広陵高校の誇りですよ!OBとしてご苦労さんと伝えたいです。
まだまだ先の長い人生頑張って下さい。陰ながら応援してます。



・存在価値はないかもしれない、なんて寂しいこと言わないで下さい。
不要となればすぐクビになる厳しい世界で19年もやったんです。
それだけチームに貢献したんですから、存在価値の塊です。



・ブルペンキャッチャースタートかな?と思ってましたがスコアラースタートですか。
畝コーチも最初はスコアラースタートで、動作解析のスペシャリストになり、今では投手コーチをずっとされています



・長くカープに在席してデータ解析や動作解析、行行はコーチで、もしかしたら監督で、未来のカープを支えて下さい
また長い下積みが始まりますが今度は大輪の花を咲かせてください
またユニホームに袖を通す日を待ってます











【「かーぷぶーん」のYouTubeチャンネルを開設しました】









__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認