カープ新井監督が佐々岡監督に感謝
https://ameblo.jp/takahiro-arai-25/entry-12581576957.html

広島・新井監督、前監督の佐々岡氏に感謝「投手陣をすごく育ててくれた」

今季ここまで広島はリーグ2位。投手陣も、課題にされていた勝ちパターンも確立された。新井監督は投手陣の頑張りは「すごく大きいです」とし、

「前監督の佐々岡さんが退任会見の時に、チームに何も残すことができなかったとおっしゃっていたんですけど、私は全然そんなことないですよと、佐々岡さんにもお話ししました」

と、前監督の佐々岡真司氏に感謝した。

(全文はリンク先)
https://baseballking.jp/ns/390053

・前任の佐々岡監督は監督には不向きだったが、選手の素質を見抜き森下や栗林を一本釣りしたりするなどスカウティング的な仕事は優れていた。





【関連記事】




→FAで選手が流出していない というのも大きいし、佐々岡監督時代に取った選手がチームの中心になっているのも大きい。

森下、栗林 一本釣りしていなかったら、それこそ最下位まっしぐらだったな。



→大瀬良と九里の残留も佐々岡ならでは



・島内投手が今年一人前になったのは、その素質を見抜き、打たれても辛抱強く起用していた佐々岡前監督の種まきがあったからこそだと個人的には思っています。
同じように目をかけていたケムナや塹江らもいつか花開いてくれることを祈っています。






→島内の経験を積ませてくれたのは佐々岡さんだけど、コース狙わずゾーンを狙い球のキレで勝負する事を提言したのは今期から。
そのお陰で平均球速がに2、3キロ上がり抜いた球種で三振奪取率が上がった。



・前任監督やコーチの功績を讃える謙虚さ



・佐々岡監督が功績あったかの議論は別として
前監督への敬意を払う姿勢が素晴らしいよね



・投手陣の顔ぶれはほぼ変わりない。昨年も投手は揃っていたが力が発揮できていなかった。それは捕手の配球が全くダメダメだった。コーチが代わり藤井ヘッドが入団した事が大きいと思う。



・確かに采配は悪かったかも知れない、けど僕は佐々岡さんの事が大好きだし、佐々岡さんの投手を見る目は本当に凄かった。



・本当に新井監督は謙虚で周りへの気遣い、他人へのリスペクトが長けているし、ベンチワーク、選手、スタッフとの信頼関係等全てがよく出来てる。
シーズン前はかなり苦しい1年でもがくだろうと思ってたが、最初からブレないのは大したもんです。



・佐々岡の功績は投手陣を整備したこと。
FA組をちゃんと引き留めたこと。
人柄は誰もが認めるところで、選手からも人望はあったのだろう。

ただ、攻撃の方はね・・・
別に選手は揃ってないわけでもないのに
カープ伝統の足を使う野球を潰してしまったのは残念だし、単純につまらない野球になってしまった。

それだけに今年のカープは、走塁意識が3連覇時代になってきてるので嬉しい。



・佐々岡元監督は監督としての仕事、采配とか常に先の手を読んで行動、そういう点は不向きだったのかなと思う。
ただ投手を育てたり才能ある選手を見抜く力ってのは一級品で何なら監督やめた今年も2軍で投手コーチをしてどんどん若手を育てて欲しいくらい。



・新井監督、こういう発言は佐々岡前監督擁護派としてはすごく助かる。ドラフトで森下、栗林を指名したのはもちろんだが、緒方政権最終年から比べたら佐々岡監督最終年とは投手陣は天と地との差。

抑えは不在、7回、8回を任せれる投手はいない。
去年は8回矢崎、9回栗林のリリーフなどほぼほぼ構築出来た。佐々岡監督が今年も監督して同じ順位とは思えないが、投手陣は運用次第で優勝争いは可能だと思ってた。

ただ野手の底上げは出来てなく、それは新井監督に頑張ってもらおう。



・佐々岡監督の功績はよくわかる。
しかし、なぜ島内、矢崎が今年覚醒したのか。メンタル的に修正できたのか。
そこが現政権のすごいところ。

栗林のような完成品投手が入ってくれればいい、とずっと願っていたが、今シーズンに入って、一人一人が一級品で、能力を覚醒するかどうか次第だと痛感させられた。



・矢崎にしろ、島内にしろ数年前に三軍で当時の畝さん達の動作解析チームに預けられて一軍で最低限通用するコントロールを身につけられたのが転機だったと思います。島内は副産物として凄く球速もあがったしね。



・島内は「以前まではコーナーを突こうとして自滅してしまっていた」と自身で語っていました。 そこに横山、菊地原両コーチが「捕手に真ん中へ構えてもらったら?」とアドバイスを受けて改善したとも言ってます。






・新井、新井ってみんなもてはやすけど、特に7月以前は本当に投手の頑張り、そこは佐々岡さんと黒田の力が大きいと思う。選手のモチベーションをあげるのは新井が非常に優れているし、選手にチャレンジ精神を注入したのも新井手腕、ただ選手起用なんて、佐々岡さんと大して変わらん。やはりリリーフが整備出来たのが最大の収穫、今年は去年までに多かった、7回、8回に大量点を取られる事がほんとに少なくなった。



→モチベーションって凄く重要だと思う。
選手起用法って前監督とは違うと思うけどな。新井監督になってなけりゃ今頃2軍のままって選手も結構いると思うよ。末包、矢野、大盛とか…逆に誰か目覚ましい活躍してる選手もいるかもしれないけど。
ここまできたらファンとしては一生懸命応援しよう。奇跡を信じて。



→選手起用は誰とも違う新井さんにしか出来ないことをやってるよ。ベテランを復活させ若手を根気強く起用し恐れずに選手を休ませる。これを開幕からブレずにやり続けることは出来るものじゃないよ。なにより監督の本気を選手起用を通して選手に見せてるからモチベーションが下がらず戦えている。



・佐々岡はコロナ渦の中よくやったと思う。
人間向き不向きがあり,たまたま監督には向いていなかっただけ。選手からの人望もあったと思う。
フロント入りすれば手腕を発揮できる可能性が高い。



・前任監督に感謝を表せるのは,なかなかできる事ではないと思う。
自分のカラーを出して,自分の手柄にしたがる人が多いと思うが,新井の人柄は本当に素晴らしいと思う。

佐々岡は確かに監督としての才覚は無かったと言わざるを得ないと思うが,何も残していない訳ではないし,カープのために力を尽くしてくれた事には感謝したい。

今やカープの強みと言える投手陣。
秋に良い報告をしたいね。



・投手陣を整備してくれたのは本当にそうだと思う。無理な話だけど監督辞任後に2軍の投手コーチになって欲しかったくらい。



・このコメントで佐々岡さんが凄く救われたと思う。

アライ監督が結果を出せば出すほど前任者との比較が多くなっており、特に盗塁あたりでは佐々岡さんへの潜在的な批判もあった。また今のカープのポジションも無条件で受け入れるのもしんどいと思う。
この一言だけで3年間の苦労が報われた思いじゃないかな。

このあたりの気配りもすごいね。アライさん・・・・



・佐々岡は当初2軍コーチで育てたいと言ってたから、そういうポストが合ってたんだろうな。新井はモチベーター、そして打者にはアドバイス、あとは、藤井、石原、赤松とその筋のスペシャリストを揃えたのも大きいと思う。





【「かーぷぶーん」のYouTubeチャンネルを開設しました】



※新しい動画をUPしました








__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認