広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    原爆

    原爆の日_広島カープ_ピースラインメッセージ2018

    広島が「原爆の日」の6日、マツダスタジアムでピースラインメッセージを実施した。

     ドラフト1位の中村奨(広陵)ら新人選手9人が参加し、原爆ドームと同じ高さ(25メートル)の観客席に約1800個のキャンドルをともした。広島出身の中村は「広島に住む以上、(8月6日は)忘れてはいけない。広島に元気を与えられるようにこれからも野球を一生懸命頑張りたい」と力を込めた。

     ケムナは「広島に原爆が落とされた8月6日は世界的にも有名。平和のともしびを少しでも知ってもらいたい」と話した。



    ・3年前にマツダスタジアムへ行く前に原爆ドームと平和祈念資料館を見学してから野球観戦に行ったが、今当たり前のように野球を楽しめる事が本当に幸せなことだな、と心の底から思えたのを鮮明に覚えている。



    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    ※中日球団側のコメント

    広島中日原爆落ちろヤジ問題

    中日 広島戦「原爆落ちろ」のヤジ問題でコメント「大変遺憾」異例の注意喚起も

     広島と中日の開幕カードで、中日ファンとみられる男性ファンが「原爆落ちろ、カープ」などとするヤジを飛ばした動画がツイッターに投稿されていたことが5日、分かった。

     中日球団はこの日、「そのような悪質な発言があった事については、大変遺憾に思います」とのコメントを発表。球団では、3日にこうした事実を把握したといい、4日からナゴヤドーム内の大型ビジョンや場内アナウンスで、個人を傷つけるような発言、誹謗中傷をしないように呼びかけている。

     西山球団代表は「ナゴヤドームで同じようなことが起きた場合には厳正に対処します」と話している。球場内での注意喚起についても当面続けるという。

    ※ナゴヤドームの大型ビジョンでは、注意喚起するテロップが映し出された。



    ・広島だけでなく日本に対する暴言だ。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島カープ_原爆_復興象徴
    http://www.izumi-museum.jp/exhibition/g16_0714.html

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/04/03(火) 21:17:19.80 ID:S72fPmgG0
    広島中日ヤジ

    「原爆落ちろ、カープ!」 広島戦で中日ファン野次...批判殺到で本人謝罪


    中日ドラゴンズの一部ファンが、広島カープとの試合中に「原爆落ちろ」などと不適切な野次をスタンドから飛ばしていたことが分かった。

    本人がツイッターで、その音声を収録した動画を自ら公開していた。

    問題の野次は、2018年3月31日にマツダスタジアム(広島市)で行われた試合中に、ビジター応援席にいた男性が発したもの。カープ球団の担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、「現時点では(球団として)当事者の特定ができていないため、具体的な対応を取ることは難しいと考えている」と話した。

    https://www.j-cast.com/2018/04/03325296.html?p=all
    あーあ


    9: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/04/03(火) 21:19:28.69 ID:4Gy8jeRQ0
    自ら公開は流石に草
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1522666127/
    http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1522757839/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/12/04(日) 09:48:49.55 ID:CJA+hyOA0
    原爆ドーム_イルミネーション

    原爆ドームと厳島神社が7日、世界遺産登録から20年を迎えるのを記念し、広島市などが多彩なイベントを企画している。

    節目の年に観光客を招き、価値を見つめ直してもらう狙いだが慰霊の地を観光地化することに疑問の声も上がる。
    「観光」と「慰霊」の両立のあり方が改めて問われている。

     原爆ドーム周辺では「平和の光・イルミネーション」と銘打ち、7日から来年2月5日まで、木々に青色LEDライト約5万球を 取り付けたイルミネーションを点灯する。市は「優しく語りかけるような光の演出で平和のメッセージを世界に届ける」としている。

     原爆ドームは、登録10年の時も照明を増設。原爆死没者慰霊碑と広島平和記念資料館を結ぶ通路にろうそくを並べた。資料館などで「原子力平和利用博覧会」が開かれた1956年5月には、原爆ドーム自体に電球を飾り、ライトアップしたこともあった。

     だが、県原爆被害者団体協議会(佐久間邦彦理事長)には今回、原爆ドームを「観光地」として発信することに、疑問の声が寄せられた。市に内容を確認したところ、「鎮魂の場にふさわしい明かりにした」と説明を受けたという。

    http://www.asahi.com/articles/ASJD24DYJJD2PITB00H.html
    6: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/12/04(日) 09:53:41.95 ID:F6Jf62/F0
    ローソクアートだと多分オッケー 
    LEDだとNG 
    なぜなのか
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1480862410/
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1480812529/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    オバマ大統領広島訪問
    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1461732712/
    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/04/27(水) 13:51:52.84 ID:CAP_USER*.net
    広島県_湯崎英彦知事
    謝罪ではなく核廃絶が望み 広島知事、オバマ氏訪問に

    http://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-267151.html

     広島県の湯崎英彦知事は26日、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせてオバマ米大統領が広島を訪問する見通しとなったことについて

    「(原爆投下の)謝罪を求めることで訪問がなくなるより、その気持ちをぐっとのみ込んでも来てもらい、核廃絶に向け物事を進めることが被爆者らの望みだと受け止めている」と謝罪にこだわらない姿勢を示した。

     湯崎知事は、原爆で苦しみ、さまざまな差別を受けた被爆者が、米国を恨む気持ちを抑えてでも願ってきたのが核廃絶だと指摘。 

    「核兵器を二度と使わせないことが、最も大きな目的だと思っている」と強調した。
    (共同通信)

    琉球新報:2016年4月26日 16:08  
    4: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/04/27(水) 13:54:59.55 ID:YMfgNTNa0.net
    G7広島訪問は核廃絶アピールっていう明確な目的があるだろ。 
    韓国が少女像に謝罪しろっていうのとは全く次元が違う話

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/08/06(木) 11:00:51.41 ID:VJ6a9BBcM.net
    マートン広島平和記念式典
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1438826451/
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1438832860/

    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/08/06(木) 11:01:22.77 ID:tMmMqN8k0.net
    ちゃんとしてるやん
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    マエケンピースナイター背番号86
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150707-00000023-dal-base
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1438802535/

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/08/06(木) 04:22:15.29 ID:CnDGW6C80.net
    50年 試合なし
    51年 試合なし
    52年 広2-5巨●
    53年 広1-14巨●
    54年 試合なし
    55年 広2-3国●
    56年 試合なし
    57年 中1-2広○
    58年 巨3-1広●
       巨1-6広○

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ