広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    大下剛史

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    菊池涼介中田翔

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2021/08/12(木) 18:11:18.92 ID:CAP_USER9
    no title

    8/12(木) 17:49
    配信
    東スポWeb

    球界の大先輩が〝中田翔放出説〟に待った! 大下剛史氏「どんな減給受けても日本ハムに残してもらえ」

    翔よ、もう一度、ゼロから再出発じゃ――。

    同僚選手に暴力行為を働き無期限の出場停止処分が課せられた日本ハム・中田翔内野手(32)に日本ハムの初代キャプテンで同郷・広島の球界の先輩でもある本紙専属評論家・大下剛史氏がメッセージを送った。今季は極度の不振で二軍落ち、その後に起こった今回の事件もあり「放出説」も強まっているが、同氏は「どんな減給を受けても頭を下げて、日本ハムに残してもらえ」と直言。恩義ある栗山英樹監督(60)のもとでの〝もうひと花〟を期待した。

    【大下剛史 熱血球論】細かい経緯までは耳に入ってないが、どんな理由であれ、身内に手をあげた翔の行為は許されるものではない。私もコーチ時代、選手に手を挙げた過去があるとはいえ時代を考えれば、今の世間を納得させることは難しい。内々で事を済ませ、伏せてもおいてもいい事実を球団があえて公表したのは、そんな側面からではないかと想像する。

     今回、球団が下した処分は現場を預かる栗山監督にとっても、まして本人にとっても「これほど重いものはない」というぐらいのものだ。

     考えてみてほしい。これまで毎日、野球をすることが「当たり前」だった男が残り試合、ユニホームすら着ることができない現実は極めて重い。翔は今、32歳。選手ならば誰しもが「衰え」と向き合うようになる年代。仮に職場復帰を果たしたとしても、復帰前のパフォーマンスに戻すにも、相当の時間がかかるはずだ。

     もちろん翔は〝それだけのこと〟をやってしまった。仮にもフロントが、純粋に彼の技術を「頭打ち」と判断するなかで今回の事件が起こったとするならば、今後は日本ハム側から翔をトレードなどで「放出」する動きがあっても何ら不思議はない。

     ただ、厳罰を下し、それを公表に踏み切った以上「放出」だけは何とか避けてほしい。これは球団OBでもある私の願いでもある。

     ひと言で言い換えるとすれば「中田翔から野球を取り上げてはいけない」ということだ。もちろん「今すぐ」と言うつもりはない。時期は別としてグラウンドに「戻る」場所を用意するのもまた、日本ハムであってほしいということだ。

     あれは、翔が初めて4番を任された2012年。交流戦で広島に来た栗山監督と試合後に食事をした。そこで栗山監督は「翔を何としてでも球界の4番にしなければいけない。そのためになら私はどんな苦労をしても構わないし、どんな批判でも受け止めるつもりです」と翔への並々ならぬ思いを語り尽くし、私も「この男が監督なら…」と大いに期待に胸を膨らませたものだ。

    全文はソース元で
    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/3517930/

    3: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2021/08/12(木) 18:12:06.14 ID:rTmC4lzu0
    えー?
    白ノリみたいに400万でいいの?

    325: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2021/08/12(木) 20:48:02.57 ID:+Yp/ebdz0
    >>3
    そこまでの減俸だと規約とどう折り合いつけるかだな
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1628759478/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ鬼軍曹大下剛史が佐々岡監督にエール

    広島・佐々岡真司監督(53)は就任1年目のシーズンを52勝56敗12分けの5位で終えた。開幕から12試合目で借金生活に転落し、以後は一度も勝率5割に戻ることなく2年連続Bクラスフィニッシュ。2016年からリーグ3連覇した赤ヘル黄金期は、もう過去の話になってしまったのか…。

    「今年はファン以上につらい思いをした」と言う球団OBで本紙専属評論家の大下剛史氏が、かつての愛弟子である指揮官に熱いエールを送った。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2560296/


    ・佐々岡監督が勝負師として輝いて欲しい。
    河田コーチの復帰は心強い。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    大下が堂林の中途半端起用に待った!カープ首脳陣は覚悟を決めろ
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/08/27/0013640698.shtml

    大下剛史氏が堂林の〝中途半端起用〟に待った!広島首脳陣は覚悟を決めろ

    おそらく8月29日の阪神戦で痛めた左足首の状態が思わしくないのだろう。過密日程による疲労も考慮しての処置なのかもしれない。

    しかし、一軍にいる以上は堂林を先発で使い続けるべきだ。開幕から2か月半の躍進は目を見張るものでOBとしてもうれしい限り。ただ、本物のレギュラーになれるかどうか、今が重要な局面であることを忘れてはならない。

     今後も出たり出なかったりが続けば「一時期だけ頑張った選手」で終わってしまう恐れがある。それは堂林本人も本望ではないだろう。主力選手というのは何かしら痛みを抱えながらもシーズンを全うするもの。堂林には状況や体調次第で出場が左右されるような〝代わりが利く選手〟になってほしくはない。



    ・堂林翔太が来季もレギュラーでいられる保証はありません。
    不動のレギュラーを座を掴むには今シーズンは歯を食いしばって頑張るしかないでしょう。

    もちろんそれは怪我してないというのが条件ですけど。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ大下小園をショートで使うべき

    広島・佐々岡監督に激エール 元ヘッドの本紙専属評論家・大下剛史氏「長い目で見ちょるけん!!」

    赤ヘルのV奪回なるか――。OBでもある本紙専属評論家の大下剛史氏が、佐々岡新監督率いる今季のカープを占った。メジャー挑戦を表明していた菊池涼の残留に、即戦力の呼び声も高いドラフト1位新人・森下暢仁投手(22=明大)の加入と明るい材料もあるが、鬼軍曹の見立ては決して楽観的なものではない。ただ、かつてのヘッドコーチがエースに送ったエールはいつになく熱いものだった。

    ~中略~

    野手に目を転じても大きな難題がある。正遊撃手をどうするかだ。昨年は不動のレギュラーだった田中広が打撃不振から6月20日のロッテ戦でスタメンを外され、連続フルイニング出場が635試合でストップ。翌日の試合を欠場して連続試合出場記録も止まった。代わって台頭したのが高卒新人の小園で、球宴明けには遊撃に定着した。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1685952/

    ・実体験からくる遊撃手の起用については、育成が必須のこのチームだけに説得力があった。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    新井貴浩_大下コーチ

    広島・新井の体に染み込んだ大下剛史氏の教え


    まだまだ老け込むわけにはいかない。広島・新井貴浩内野手(40)が5日、宮崎・日南市での春季キャンプ第1クールを特守で締めた。約45分、190球を丁寧に捕球したチーム最年長のベテランは「体のあちこちが張っているけど、しっかりと追い込めた。まだ若い選手には負けないぞという気持ちでやっている」と5日間を振り返った。 

    ~中略~

    40歳の肉体はすでに悲鳴を上げている。毎夜のように筋肉痛で夜中に目を覚まし、寝起きも「体がバリバリに張っているので、ゆっくり起きるようにしている。若いときのようにガバッと起きて首とかがピリッといったら(治るまで)1週間はかかるから」と細心の注意を払っている。
    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/648512/



    ・いくら新井さんでも、本当に怪我にだけは気をつけて…


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/02/22(月)22:06:14 ID:NcQ
    広島_日本一の練習量
    丸(右)、菊池(左)ら広島ナインには笑顔も見られたが・・・

    【大下剛史・キャンプ点検=広島】
    広島のキャンプに関する報道で「日本一の豊富な練習量を誇る」というフレーズが使われることが多い。確かに以前は本当だったが、最近はその表現が適切なのか疑問が残る。球場全体にピリッとした緊張感のようなものも感じられない。おそらく昨年、チームに復帰した黒田や新井も、かつて自分たちが若かったころとの違いに驚いているのではないだろうか。

     ここ数年、広島は“カープ女子”が流行語になるなど、全国区の人気チームとなっている。マツダスタジアムの観客動員も好調だ。それに対する恩返しは、強くなって1991年を最後に遠ざかっているリーグ制覇を達成することしかない。

     そのために必要なのが練習だ。量がすべてではないが、力をつけるための絶対量というものはある。いくら時代が変わっても、プロ野球の世界は“やったものが勝つ”ことに変わりはない。
    (続く)
    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/508729/
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1456146374/
    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/02/22(月)22:08:06 ID:NcQ
    なお、大瀬良に続き鈴木誠也が故障した模様…

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/12/29(火) 14:36:05.00 ID:yzFy3b7m0NIKU.net
    前田健太_大下_エース
    【大下剛史・熱血球論:年末集中連載(1)】

    今季15勝を挙げて、ともに2度目となる沢村賞と最多勝に輝いた前田は、 ポスティングシステムを利用してのメジャー移籍を目指している。
    15個の勝ち星が消えてしまうのはマイナスだし、 ファンが「マエケンの抜けた穴は埋まるのでしょうか?」と心配するのも無理はない。

    しかし、必ずしもマイナス面ばかりではないというのが私の考えだ。
    今年の前田は5度の完投を記録しているが、完投勝利となると6月19日のDeNA戦での一度きり。
    あとは全て、大瀬良や中崎らの救援を仰いでいる。
    球数は100球がメドだ。

     http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/488954/
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1451367365/
    4: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/12/29(火) 14:37:44.22 ID:UWG10wkU0NIKU.net
    マエケンって心に響かない記事もそうだが妙に新聞が厳しい

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1444385448/

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/10/09(金) 19:10:48.43 ID:DvlLDHN10.net
    大下_大瀬良泣く
    広島の弱さと課題…見ていて腹が立った大瀬良の涙


    象徴的だったのが、8回に2番手で登板し、8球でKOされてベンチで大粒の涙をこぼしていた大瀬良だ。
    チームメートは何とか勝とうと必死で戦っているのに、 ベンチでめそめそと泣いている選手がいたら士気だって下がる。 見ていて腹が立って仕方なかった。

    あの場面で「泣くなら一人でロッカールームで泣け」と言ってやれるコーチがいないのも情けない。
    http://news.livedoor.com/article/detail/10687509/

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ