広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    WBC

    WBCでの侍ジャパンの活躍で、アメリカでも日本のプロ野球に興味を持った人が続出。海外の掲示板でも「どうすればNPBが見れるのか?」「日本の球場ってどんな感じなの?」という質問スレが建つ
    菊池涼介_中田翔_侍ジャパン
    https://www.instagram.com/p/BRnwQ0ghyyN/

    ~海外の反応(reddit.com)~


    日本の野球もっと見たいんだけど、どこで見られる?
     

    翻訳元:https://www.reddit.com/r/baseball/comments/60sl6f/japan_has_been_eliminated_from_world_baseball/  続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    ■WBC決勝戦で、準決勝で侍ジャパンが負けたにも関わらず、『日本を倒したアメリカを星条旗を持って応援する日本人ファン』が海外の掲示板で話題に。
    FhA0XW7
    ※写真は翻訳先スレッドより



    ~ 海外の反応(reddit.comより翻訳)~





    負かされた側のファンがこんな風にしてくれる事はとってもクールだ






    翻訳元:https://www.reddit.com/r/baseball/comments/60ynjb/how_can_you_not_love_baseball_japanese_fans/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    17438297_1842030136071323_2830466070349873152_n
    wbcbaseball(WBC公式インスタアカウント)


    ■WBCの侍ジャパンの活躍は「海外のなんJ」でも話題になっていた

    ・WBCで各国と試合をしてきた侍ジャパン。特にカープ菊池涼介の守備については連日「メジャーでも絶賛」とニュースに。

    今回の記事は、海外の野球ファンからの侍ジャパンの評価を調べるため、海外掲示板の試合実況スレ(日本vsアメリカ)を翻訳したまとめです。

    ※この記事は、海外在住経験のある副管理人さんの持ち込み企画です。

    reddit_ロゴ

    ※今回主にコメントを翻訳したのはreddit.comから。

     
    reddit(レディット)はアメリカ最大級の掲示板で、認知度が高く、ビル・ゲイツやオバマ元大統領が書き込むことも。
     
    日本における2ちゃんねるほどのアングラ感は無く、書き込みにはアカウント登録が必要。日本の試合になると日本贔屓の方が現れて、日本人選手やNPBについて他の人に親切に教えてくれる。 
     


    ~海外の侍ジャパンへの反応~




    名勝負だった。日本に敬意を示さずにはいられない。これは決勝と言えるレベルの試合だった。




    https://www.reddit.com/r/baseball/comments/60rief/game_thread_united_states_vs_japan_world_baseball/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    17265697_231607807308144_5722929422386855936_n
    wbcbaseball(WBC公式インスタグラムアカウント)
    Ready in Los Angeles!


    ※「日本の鳴り物応援は、海外では無い物なので賛否両論ある」というニュースが報道される。実際にそんなに否定的だったのか「日本のネット上の意見」と、「海外のネット上の意見」を翻訳してまとめてみました。



    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/03/23(木) 05:40:31.13 ID:+AXMUT3w0
    WBC日本の鳴り物応援
    【WBC】日本の「鳴り物応援」に国内外から賛否両論の声


    2017年3月22日、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の準決勝で日本代表「侍ジャパン」はアメリカ代表に敗れ、2大会連続の4強に終わった。1点が遠い緊迫した試合展開だったが、その中で意外な方向から注目を浴びたのがトランペットや笛などの「鳴り物」による応援だ。 

    なぜなら、準決勝の舞台となったドジャースタジアムは通常であれば鳴り物禁止。2009年のWBCを振り返っても、アメリカの地で鳴り物による応援は認められていなかったからである。 

    アメリカ戦が始まると、ネットでは想定外の鳴り物応援に賛否両論の声が続出。

    ~中略~

    「迷惑」ととらえた人が多数。もちろん、中には「僕は好きだな」 「素晴らしいじゃないか」といった声もあったが…(全文はリンク先)



    41: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/03/23(木) 05:50:19.80 ID:sCjtPxMba
    文化それぞれだろ
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1490215231/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/03/22(水) 19:56:22.81 ID:ixD77Hwt0
    no title
    <WBC:侍ジャパン1-2米国>◇準決勝◇21日(日本時間22日)◇ドジャースタジアム

     目を背けようとはしなかった。ベンチに座り、侍ジャパンの菊池涼介内野手(27)はじっとグラウンドを見つめていた。

    その先では、初の決勝進出を決めた米国がハイタッチの列をつくっていた。割れんばかりの「USAコール」も耳の奥まで届いた。ぼうぜんとしていたわけではない。記憶として残そうとしていた。

     「世界一を目指してみんなでやってきたなかで、ミスが2個あって負けてしまった。自分のミスで負けた。典型的な負け方。決勝に進めるチームの姿を見て、やり返したい気持ちも焼き付けた。だからいろんなものを見ていました」

     自分のミスで負けた-。今大会で世界を何度も驚かせた菊池は言い切った。

    4回の失策は雨でぬれた天然芝で打球がイレギュラー。ゴロをさばききれずボールが転々とする間に二塁へと進まれた。

    「確か芝が滑る状態というのは頭に入っていたけど、イレギュラーに反応できなかった。僕の力不足。二塁打にしてしまったのが一番。一塁で止めておけば、何とかなる可能性もあった。二塁に進めてしまったのが…。ミスです」と悔やんだ。

     取り返せたとは思っていなかった。1点を追う6回1死からは外角の直球を右翼スタンドに放り込んだ。158キロに力負けせず、外国人顔負けの逆方向への1発。だが「結果、ホームランになりましたが、僕のミスが悪い流れを作ってしまった。みんなが打たなければいけない、と思ったかもしれない。悔しいです」と反省ばかりが口をついた。

     「2番二塁」としてフル回転。誰も菊池を責めることはないが

    「今日ミスしたので、全ては僕の中ではマイナス。今日の試合が全てです。僕のミスで負けてしまった。またWBCに招集されて、そこでまた世界一を狙えるように、僕も成長して頑張っていきたい」。

    目と耳と胸に焼き付けた目の前の光景。菊池はまた力強くなり、この舞台でやり返すはずだ。【池本泰尚】
    http://www.nikkansports.com/baseball/wbc/2017/news/1796123.html
    3: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/03/22(水) 19:57:05.93 ID:QE0D3i7ka
    誰も責めねーよ
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1490180182/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    20170322-OHT1I50074-L

    侍ジャパン トップチーム 退任意向表明の侍・小久保監督、敗因言及「動く球の対応どう訓練するのか」

     野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝(ドジャースタジアム)で米国と対戦した。1-2で敗れ、2大会連続で準決勝敗退。今大会初黒星で2大会ぶりの世界一はならなかった。試合後、会見に出席した小久保裕紀監督は今大会限りで退任する意向を表明し「やりきったといえばやりきったが、勝てなかったのは事実。評価は周りがする」と3年半を振り返った。

    ――ミスがあった。

    「2点は正直ミスで入った。でも、これまでチームを救ってくれたのも彼らのプレー。責められない。雨が降っている中で、普段は人工芝が主流の中でやっている厳しさはあった」

    ――何が足りなかった?

    「動くボールへの対応とずっと言われてきているが、4シーム主体のリーグでやっているので、なかなかどういう風に訓練するんだっていうことになるわけですが、ここまでやってきた中で彼らはリスクを顧みず、球界の使命感、(球界を)引っ張っていくっていうところでやってきましたので、そういうところに対しては、しっかり敬意を表したいと思います」

    ――3年半やりきった。悔いはないか?

    「やりきったといえばやりきったが、勝てなかったのは事実。評価は周りがすると思います」

    (全文はリンク先)


    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/03/22(水)14:27:03 ID:QdW
    WBC日本代表の小久保裕紀監督は準決勝で敗退後に「これで契約満了ということです」と退任の意向を示した。


    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1490160417/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    WBC日本アメリカ
    【WBC】日本、初黒星で世界一奪還の夢消える 米国が初の決勝進出

    ◆WBC ▽準決勝 日本1―2米国(21日、ロサンゼルス)

    日本が、準決勝で米国に敗れ2大会連続の4強に終わった。6勝負けなしで乗り込んだが初黒星で世界一奪還の夢は消えた。米国は初の決勝進出。

    米国は4回にマカチェンの左前適時打で先制。日本は6回1死から菊池の右越えソロ本塁打で同点に追いついたが、米国は8回1死二、三塁からA・ジョーンズの三ゴロで勝ち越し点を挙げた。

    日本は8回2死一、二塁と好機を作ったが、筒香が右飛に倒れた。米国の7投手の継投の前にわずか4安打に抑えられた。

    先発の菅野は6回を3安打1失点、6奪三振の好投。7回から登板の千賀も好投したが8回に不運な決勝点を許した。
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170322-OHT1T50079.html 


    WBC2016日本アメリカ_スコア
    https://baseball.yahoo.co.jp/wbc/game/2017032211/top


    457: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/03/22(水)13:22:29 ID:4TQ
    負けたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1490154470/
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1490156255/ 
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    WBCアメリカ先発ロアーク

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/03/21(火) 23:17:59.85 ID:84fZpCyfa
    米先発はロアーク!小早川氏が特徴と攻略法解説「日本が最も苦手なタイプ」

    身長1メートル88、体重100キロ超。米国は大型右腕、ロアークを日本戦の先発マウンドに送り出すと、早々に発表した。

    昨季は33試合に先発して16勝10敗、防御率2・83でナショナルズのナ・リーグ東地区優勝に貢献。NHKの米大リーグ中継の解説者としてロアークを見てきた小早川毅彦氏(サンケイスポーツ専属評論家)は「球速150キロ前後で、打者の手元で動く直球を投げる。チェンジアップもよく落ちる。米国の投手らしい投手で、日本選手が最も苦手にするタイプといえる」と分析した。150キロ前後のツーシーム(シンカー)に、スライダー、カーブと変化球は多彩。さらに左右への変化と、低めの制球力。そのすべてが優れているため、打ち崩すには難度の高い投手だ。

    2015年は故障などで4勝7敗、防御率4・38だったが、その前年の14年は15勝10敗、防御率2・85。体が万全なら、メジャーのチームでも3点を奪うのが困難な投手、ということだ。昨季、メジャー全体でも防御率2点台は8人だけ。ロアークは6位だった。

    小早川氏は「あえて日本選手に例えるなら広島の中崎。難敵だが、攻略するには狙い球を絞り、ボール球に手を出さないことが大事」と話した。

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20170321/wbc17032105030007-n1.html

    13: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/03/21(火) 23:19:51.88 ID:CyxRlyNip
    中崎って防御率1点台やん
    打てんやん
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1490105879/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ