広島カープ_山野_侍ジャパン
http://pict-dd.cocolog-nifty.com/carp/2016/06/post-5ec3.html
広島カープ_打撃投手_山野恭介_侍ジャパン

侍打撃投手広島山野 裏方最年少「少しでも貢献」

侍ジャパンのユニホームが板についてきた。広島から選ばれている菊池、田中、鈴木の3人ではなく、背番号108をつける山野恭介打撃投手(24)だ。連日、気持ちよく打たれている。勝ち進んでいった場合、米国ラウンドまで同行することも決まった。裏方最年少の表情は、日に日に明るくなってきた。

「ほんとにやばかったです」と青白い顔だったのは初日。いきなり中田ら主力の組に投げることになった。WBC球に苦労し、初球から3球続けてボール。「頭が真っ白になりました」。しかしさすがの仕事人。1度感覚をつかむと、次から次へと打たれていった。飾らず素直でかわいがられる性格も重なり、チームにもとけ込んでいった。

現役は育成選手での3年間。2年目に派遣された独立リーグでは最多勝でMVPに輝いたが、NPBでは1軍のマウンドに立つことはなかった。

「夢みたいです。世界一へ、少しでも貢献出来ればいい」。

キャンプ中から時間を見つけてはWBC球でキャッチボールを行っていた。ランニングやトレーニングも欠かさない。支える側もまた、世界一に本気なのだ。
http://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/1789709.html


・縁の下の力持ちがあってこその侍JAPANですね。


続きを読む⊂( ●▲●)⊃