広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    オリジナル記事

    ■甲子園のレフトスタンドで目撃される「アンパンマン」の正体とは?
    花田さん_アンパンマン
    https://twitter.com/hanada1227/status/511078985451585536
    ■カープファン「花田さん」の情報

    ・広島県呉市出身、大阪市在住
    ・赤いマスクやアンパンマンなど仮装(?)をして球場で応援している
    ・最近は「宮島の神主さん」の仮装を始めた
    ・ネット上の野球系実況アカウントの中では有名人
    ・試合中、ネタ画像をたくさんUPしてカープファンを楽しませてくれる
    ・アンパンマンのとき球場で声をかけるとアンパンが貰える

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    黒田博樹_李嘉明

    ■李さん、カープに復帰した黒田博樹を出迎えに沖縄キャンプへ遠征!


    ※前回の記事(こちらを読んでから今回の記事を読むとより楽しめます)
    「台湾最強のカープファン」李嘉明さんを取材してみた!

    前回紹介して大きな反響のあった「台湾最強のカープファン」李さん。
    他の記事のコメント欄に続編を求める声が届いていました。

    今回の記事は「カープファン列伝」初の“続報”です。



    ■「沖縄キャンプ遠征のプロ」こと李さん

    李さんは台湾に住んでいながら、何度も沖縄キャンプにカープを応援するために遠征してくれています。今回は、そんな李さんに、黒田博樹のお出迎えのレポートと、沖縄キャンプ遠征の魅力について語ってもらいました。

    カープ沖縄キャンプ_選手一同 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    緋鯉会_やすおさん_14

    ■選手の数だけドラマがあれば、ファンの数だけドラマがある。


    皆さんは、独自の応援スタイルを持っていて、その球団のファンに一目置かれている人物に出会った事はないだろうか?不定期連載「カープファン列伝」は、そんなファンに取材をし、独自の美学やカープに対する熱い思いを語ってもらう企画だ。

    連載第七回は、我らが応援団長、『全国緋鯉会連合総本部“総代表”』かりべやすおさんに取材をし、やすおさんのカープへの思いと、応援スタイル、緋鯉会の活動についてまとめさせてもらった。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    カープファン_滋賀県

    ■選手の数だけドラマがあれば、ファンの数だけドラマがある


    皆さんは、独自の応援スタイルを持っていて、その球団のファンに一目置かれている人物に出会った事はないだろうか?不定期連載「カープファン列伝」は、そんなファンに取材をし、独自の美学やカープに対する熱い思いを語ってもらう企画だ。連載第6回目は、カープグッズ争奪戦2015“ズムスタの陣”にて、「ポールポジションを獲得した男」こと18さんに、1000人の行列の先頭に並んだ経緯と、カープに対する熱い思いを語ってもらった。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    カープ女子VS森ガール

    ■2014年、流行語大賞を取った「カープ女子」


    ●そもそもカープ女子って「いつから」「どれくらい」世の中で使われるようになったのか?

    カープ女子とは?
    カープ女子
    プロ野球球団「広島東洋カープ」のファンである女性のこと。 2009年、新本拠地マツダスタジアムのオープンに合わせ、球団は女性ファンの取り込みを強化、多彩なグッ ズ販売などを行った。 11年頃から、当時「カープガールズ」と呼ばれていた女性ファンが増えていることがスポーツ新聞などで報じられ始めた。 13年9月30日に放送された「ニュースウオッチ9」(NHK)の特集で「カープ女子」が特に関東圏で増えていると紹介され、それを契機としてこの言葉が 広まり定着したとされる。
    https://kotobank.jp/word/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E5%A5%B3%E5%AD%90-192399
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    03_広瀬_横断幕_タイトル

    ■選手の数だけドラマがあれば、ファンの数だけドラマがある

    皆さんは、独自の応援スタイルを持っていて、その球団のファンに一目置かれている人物に出会った事はないだろうか?不定期連載「カープファン列伝」は、そんなファンに取材をし、独自の美学やカープに対する熱い思いを語ってもらう企画だ。連載第五回は、「台湾最強のカープファン」こと李嘉明さんを取材し、その応援スタイルについてまとめさせてもらった。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    020207_DSC_0583_m

    画像提供元:コイバット様http://www.ttahara.com/carp/index.htm

    ■2010年5月21日 福岡ドーム

    ■参考動画


    前田の現役時代を振り返ると、どうしても怪我との戦いや、エラーの後の意地のHRなどが取り上げられてしまうが、今回は「最後のHR」について書いてみたい。

    2010年の交流戦、1年間ブランクのある前田はDHとしてスタメンで出場していた。 いつもは代打限定で、1打席しか見れない前田の打席が4打席も堪能できる…。

    ファンはDHのありがたさに感謝していた。

    3打数1安打で迎えた4打席目、一塁ランナーは栗原。

    初球を「狙いすました」完璧なスイングで「故郷九州の地」で最後のHRを放ってみせた。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ