広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    カープ女子

    広島カープ10連敗_カープファン論
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2019/07/09/0012499991.shtml

    ■カープが10連敗後に、選手や首脳陣を叩くコメントがあふれたタイムラインを見たカープ女子が、自身の『カープ論を語る。





    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/06/27(木) 12:30:51.10 ID:kzCCXAj3d
    カープ女子、楽天生命パークの洗礼を受ける_キャッシュレス

    マツダスタジアムで今年変わったことといえば?バックスクリーンが少し大きくなった事と、もう1つは、現金以外も使えるようになったということだ。

    昨年まで、何万円分のグッズを買うときでさえ、カードが使えなかったことで困った人は大勢いたと思う。今年から、令和の時代らしく、クレジットカードや交通系マネーなど、支払いの幅が広くなり非常に便利になった。

    そんな広島とは対照的な、最先端をいく球場、それが楽天生命パーク宮城だった。驚くことに、何と現金が使えない!

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00010001-jsportsv-base
    218: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/06/27(木) 12:49:29.43 ID:v8hGEamP0
    誰かと思えば大井さんかよ 
    あんたレベルなら普通調べるだろ
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1561606251/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    カープ女子_ニワカ_マウント_古参ファン
    https://www.excite.co.jp/news/article/Pouch_517854/



    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/04/13(土) 11:42:43.69 ID:Nt3feAohr
    「プロ野球が好きな女性」の比率は37%
    プロ野球女性ファン比率

    12球団公式サイト訪問ユーザーの女性割合
    no title


    12球団ファンクラブユーザーの女性割合
    no title

    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/04/13(土) 11:43:18.22 ID:Nt3feAohr
    やっぱ女性ファンの比率と地域密着は比例してるな
    スポーツとしてじゃなく娯楽やローカルアイドルとして定着しとる
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1555123363/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    カープ女子最下位だけどカープの明るい写真をUPしてポジろう
    https://toyokeizai.net/articles/-/135543

    ■最下位に低迷し、カープファンのTwitterのタイムラインが荒れる→有志が『#こんな状況だけどとりあえずカープの写真を貼ろう』というハッシュタグを作り、「こんな時だからこそ、カープの明るい写真をUPしてポジろう!」「悲観せず前向きに応援しよう」と呼びかける。



    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    立花里香



    【1】カープ女子は、チームが弱いときから増えていたので、チームが弱くなっても減らない説。

    【2】球場に行くカープファンが減ると、チケットがとりやすくなる。

    【3】チケットが取りやすくなる=観客動員が減って球団の収入が減る=暗黒時代の再来だから、カープファン減少は死活問題。


    について意見が書かれる。

    (元スレを読んでからまとめを見ると、流れがわかりやすいですm(_ _)m)

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019-04-08 09:46:19
    文句言いまくったりしてるけど何だかんだで毎試合観てる
    引用元:http://carp-matome.blog.jp/archives/1074275903.html 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ