広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    カープ女子

    1: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/12/21(土) 16:53:49.31 ID:aCmgP6Ix9
    吉中友理絵さん

    またカープはサンフレッチェ広島、広島交響楽団とともに「P3 HIROSHIMA」という団体を作り、小学校訪問や試合への招待事業などを行っているが、こちらも吉中さんの担当だ。「サンフレッチェの担当の方とも連絡を取りながら、楽しく仕事しています」と話す表情は、とてもうれしそう。

     というのも吉中さん、筋金入りのサンフレサポーターなのだ。大学時代は年間パスを購入してスタジアムに足繁く通い、紫のユニホームに身を包んでスタンドで飛び跳ねていた。カープ入社後もサンフレ熱が冷めることはない。「カープの職員はみんな野球ファンだと思っている人も多いと思いますが、社内には私のようにサッカーが好きな人もいるんですよ」。今年も10試合ほどスタンドで応援。川崎や湘南でのアウェーの試合にも足を運んだ。仙台とのリーグ最終戦は社内旅行で行けなかったが、試合はDAZN(ダゾーン=スポーツ専門の動画配信サービス)でチェックしていたとか。

     「そこまでサンフレが好きなのに、なぜカープ?」と疑問に思う人もいるだろう。吉中さんも最初はサンフレへの就職を希望していた。しかし、大学2年の夏にサンフレのインターンシップ(就業体験)に参加した際、職員は業務のため試合をほとんど見られないことが判明。「私には絶対無理!」と入社はあきらめた。

     ただ、大学ではサンフレ入社に備えてスポーツ経営学を専攻していたため、それを生かせる仕事としてカープ球団に応募。面接で「休みの日は何をしていますか」と聞かれ、正直に「サッカーを見てます」と答えたが、内定をもらい、今年で入社4年目を迎えた。

     入社するまでほとんど野球を見たことがなかったため、最初は試合を見るのが苦痛で五回が限界だったが、「今は九回まで飽きずに見られるようなりました」と笑顔。カープの歴史を学び、原爆投下の悲劇に見舞われた広島の人にとって、いかにカープが大きな存在であるかも知った。

    (全文はリンク先)
    https://www.daily.co.jp/opinion-d/2019/12/21/0012976761.shtml

    3: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/12/21(土) 16:55:55.69 ID:5HcKbO1V0
    広島くらいだろ野球とサッカーが両立できるの
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576914829/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    カープ女子が流行語から定着した言葉になる
    https://nikkan-spa.jp/757723

    ※『カープ女子』が流行語大賞にノミネートされたのは2014年。

    1: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019-03-20 23:47:11
    自前の選手を育てる路線は変わらんしな
    某ジャニでいうなら、ジュニアから追っかけてる子がデビューするようなもんだし
    むしろそんな選手たちばっかりでこれだけ大成したんだから、人気上がるのも納得よ
    引用元:結局カープ女子は一過性ブームじゃなかったわけだが 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 19/12/07(土)08:42:35 ID:MIq
    no title

    現在のカープ女子神3

    大井智保子(36)
    古田ちさこ(33)
    天野恵  (36)

    平均年齢35歳


    カープの三連覇も途切れたし、そろそろ新メンバーを加えるか、2代目カープ女子神3を結成するいい機会だと思ってる
    タレントのカープ女子は新たなファンを増やすためには重要な広報活動を担ってるし

    煽りは禁止で野球ファンの真面目な意見頼むで!
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575675755/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    774: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 19/12/07(土)15:27:56 ID:Ug.hw.L11
    グッズのデザイナーは7人いるんか
    カープグッズデザイナー徳澤瞳

    カープ女子職員・徳澤瞳さん「栄光の新井Tシャツは大好評でした」 大人気のグッズを企画、デザイン

    毎年2月1日に新商品が発表されるカープグッズ。ファンの関心も高く、人気商品はあっという間に売り切れる。カープが販売する商品は1年間で約300~400点あり、これらを企画、デザインしているのが同球団の「企画デザイン室」。7人のデザイナーが在籍しており、その一人、入社3年目の徳澤瞳さん(26)に話をうかがった。

     徳澤さんは広島県安芸郡府中町出身。大阪芸術大学では家具や文房具など製品のデザインを学んだ。就活でもデザイン会社などを志望。元々、物を作って人にあげるのが好きだったため、物作りに携わりたいという思いから地元のカープ球団にも応募し、2017年4月に入社した。




    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/12/04(水) 17:10:54.52 ID:+N2Nk4Kb0
    no title

    no title

     「カープ女子」の次は、「アンパイア女子」が来るか。日本野球機構(NPB)が「女性歓迎」を前面に打ち出し、初心者向け審判講習会への参加を募ったところ、48人の参加者のうち、16人を女性が占めた。参加した動機や思いとは――。

     この講習会は昨オフに始まり、今年は23日、神宮球場近くの室内練習場であった。

     「指先まで伸ばすとかっこよく見えますよ」。まず、アウトやセーフなどを判定するジェスチャーの実技から始まった。指導したのは20~30代の若手のNPB審判員5人。
    球審や塁審など審判の役割や、走者を置いた場面でのフォーメーションを解説したほか、マスクをかぶって球審の体験もできた。

     「プロ野球の女性ファンも、女子野球の選手人口も増えている。審判に興味がある女性も多いはず」。友寄正人審判長は、「女性歓迎」をプッシュした狙いをこう説明する。
    開講式のあいさつでは「カープ女子ならぬ『アンパイア女子』をつくっていこうというもくろみです」とニヤリ。
    https://www.asahi.com/articles/ASMCR7S1MMCRUTQP02R.html

    3: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/12/04(水) 17:13:08.36 ID:sMSHb2Icd
    素晴らしい
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575447054/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島カープ女性カメラマン蔭田真琴

    広島球団 入社2年目の女性カメラマンが届ける夢「カープの魅力を伝えたい」

     広島球団にはオフィシャルカメラマンが3人いる。シーズン中は男性カメラマンが試合を撮影。2人いる女性カメラマンはスタンドでファンを撮影し、球団公式サイトの「来場者フォト」というコーナーで公開していた。その女性カメラマンの一人が、企画デザイン室に籍を置く蔭田真琴さん。入社2年目のフレッシュな20歳だ。

     2台のカメラを手にスタンドを歩いていると、ファンから「いつもホームページを見てますよ」「私たちも撮ってください」と、ひっきりなしに声をかけられる。「皆さんから声をかけてもらうことが、すごく励みになっています。カープの話題だったり、お天気のことだったり、いろんな話もします。心掛けているのは皆さんの最高の笑顔を1枚でも多く撮ることです」。

    (全文はリンク先)
    https://www.daily.co.jp/opinion-d/2019/11/14/0012874128.shtml


    ・素敵な写真をお待ちしとります。がんばれ!


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    角谷さん

    堂林&磯村と中京大中京トリオで奮闘中の“カープ女子” 球団職員の角谷貴恵さん

    広島東洋カープの球団職員として働く角谷貴恵さん(26)。
    高校時代は中京大中京で野球部のマネジャーを務めていた。当時チームには1年先輩に堂林翔太内野手(28)、同期に磯村嘉孝捕手(26)が在籍。

    09年夏の甲子園では全国優勝の歓喜も味わった3人は運命の糸に導かれるように、カープに入り、それぞれのポジションで奮闘している。

    「毎日、野球に携わる仕事ができて本当に楽しいです。これまで野球を通じて多くの方にお世話になってきたので、少しでも私が頑張っている姿を知ってもらって、恩返しができればという思いで取り組んでいます」

    現在、角谷さんは球団のライセンス部チームリーダーを務め、グッズ商品の商標に関する業務全般を担当している。

    また、広報部も兼務しており、球団の広報資料やホームページを作成するなど多忙な日々を送っている。

    ~中略~

    就活では野球に携わる仕事を志望し、スポーツ用品のメーカーやプロ球団などに的を絞った。

    堂林に相談すると、カープとの橋渡しをしてくれた。高校時代から面識のあった松本奉文スカウトも力になってくれた。

    学生時代のマネジャーとしての取り組みも高く評価され、カープから内定をもらい、2015年春に入社した。

    「堂林さんは高校時代から本当に優しい人で、私たちマネジャーのこともいつも気遣ってくれました。磯村は仲間と一緒の時ははっちゃけたりするタイプでしたけど、野球への取り組みは真面目で、キャプテンシーがすごかった。とても頼りになる主将でした」

    今季、カープのリーグ4連覇はならなかったが、磯村は強打をアピールし、1軍出場を大幅に増やした。不振で苦しんだ堂林も、シーズン終盤でサヨナラ打を放つなどチームの勝利に貢献した。

    2人がいなかったら今、こうしてカープで働いている自分はなかったと思います。だから、堂林さんと磯村にはだれよりも頑張ってほしい。あの2人しか応援していないといっても過言ではないくらいです(笑)。2人の三塁手、捕手のライバルは私にとってもライバルなんです

    (全文はリンク先)
    https://www.daily.co.jp/opinion-d/2019/09/30/0012747366.shtml

    ・愛知の高校なのにドラゴンズではなくカープに縁があるとはね。不思議なもんだ。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ