広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    田中広輔

    西川龍馬侍ジャパン
    侍ジャパン選出、広島・西川龍馬「本当に僕でいいのかな」

    広島は20日、3月3日・ナゴヤドーム、同4日・京セラドームで開催される侍ジャパン強化試合のメンバーに田中広輔内野手、西川龍馬内野手が選出されたと発表した。コメントは次の通り。

    田中「光栄ですし、選ばれたからにはしっかりとチームに貢献できるように頑張りたいです!自分のできることを今まで通りやって、場面場面でどういう仕事ができるかを意識しながらやりたいと思います」

     西川「本当に僕でいいのかなと思いますが、選んでもらった以上はしっかりと期待に応えたいです!いろんな人を見て勉強したいですし、自分の持っているものを出せればと思います」
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/02/20/0011003160.shtml


    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/02/20(火)17:13:23 ID:NML
    【#侍ジャパン】メンバー発表
    ▼ 内野手
    田中広輔(広島)
    浅村栄斗(西武)
    菊池涼介(広島)
    外崎修汰(西武)
    今宮健太(ソフトバンク)
    大山悠輔(阪神)
    西川龍馬(広島)
    松本 剛(日本ハム)

    10: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/02/20(火)17:14:36 ID:E3x
    よし全球団いるな
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1519114303/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    田中広輔_侍ジャパン_五輪

    カープ田中広輔、侍入り濃厚…タナキクで東京五輪へアピールだ

     
     広島・田中広輔内野手(28)がオーストラリア代表と対戦する「ENEOS侍ジャパンシリーズ2018」(3月3日・ナゴヤドーム、同4日・京セラドーム)に出場する日本代表に選出されることが17日、濃厚になった。昨年のWBC以来の代表入りで、20年東京五輪に向けて絶好のアピール機会。今月中に正式発表される。

     田中は17年WBCで8打数2安打2盗塁と存在感を発揮。昨季は不動の1番として2年連続フルイニング出場を果たし、打率・290、8本塁打、60打点をマーク。盗塁王と最高出塁のタイトルを獲得し、自身初のベストナインに輝いた。

     3日には侍ジャパンの稲葉監督が日南キャンプを視察。田中について「非常に外国人選手への対応力がありましたし、気になる選手の一人。コンパクトに振る対応力がある」と高く評価していた。

     同僚の菊池は代表入りが発表されており、稲葉ジャパンでも「タナキク」コンビで二遊間を組む可能性がありそうだ。


    ・タナキク……マル抜きか


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    安部友裕田中広輔嫉妬

    ■カープ安部友裕&田中広輔が日南キャンプで守備練習。観戦していたカープ女子からの声援の大きさの違いが気になる安部「田中には甘いなー!」




    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    田中広輔失敗を恐れない

    広島・田中広輔の図太さがチームを導いている


    ~中略~

    田中広輔は坂本勇人よりいいショートか?

     田中はあの坂本と競ってベストナインになったのだ。昨年の坂本はシーズン最後の方でやや打撃成績を落とした。シーズン前のWBCからスタメンで出場を続けたことの影響があったかもしれない。WBCでは控えだった田中はキャリアハイの成績だった。昨年の二人の打撃成績は、かなり拮抗した数字になった。ベストナインに田中が選ばれたのは、盗塁王(35個)と最高出塁率(.398)に輝いたことと、チームが優勝したことが大きかったと思う。

     ただこれは「2017年の」ベストナインだ。持てる実力ではリーグナンバーワンのショートは坂本、という意見が多いと思う。田中の昨年の打率はリーグ11位の.290。3割じゃないんだよなー、とちょっと思ってしまう。特別な打者と思われるには、どうにも3割以上が欲しいところなのだ。エラーはリーグワーストの16。ゴールデングラブ賞を受賞した坂本のような、プロの中でも特別な守備能力の持ち主ってわけではない。

     でも、ここ2年の田中のプレーを観てきて気づいたことがある。田中こそが今のカープに重要なスピリッツを植えつけている。これはベストナインに選ばれなかったとしても大切なことだったと思う。田中にはミスを恐れないガッツというか図太さがあるのだ。この図太さが、特別な能力の持ち主の揃うプロ野球選手のなかで、田中がポジションを築いたポイントだ。

    http://bunshun.jp/articles/-/5840



    ・ベストナインではなくて、もしベスト打順というタイトルが存在するなら今年の成績は1番打者として相応しい活躍だったと思う。



    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    田中広輔田中俊太_田中家の掟


    【巨人】ドラ5俊太&広島の兄・広輔を育てた「田中家3つのおきて」

     
     巨人ドラフト5位の田中俊太内野手(24)=日立製作所=と兄で2017年セ・リーグベストナインの広島・田中広輔内野手(28)は、ともに神奈川の相模ボーイズ小学部、同中学部のOB。父・正行さん(57)も高校時代は東海大相模の遊撃手という野球一家で、しつけには厳しかった。チーム関係者が敬意を込めて「田中家のおきて」と今も語り継ぐ家族のルールを取材した。(芝野栄一)

     田中家は長女で公務員の沙織さんから広輔、会社員の洋平さん、俊太、大学生の次女・梨紗さんの順に生まれた5人きょうだい。男3人は全員小学生から野球を始めたが、正行さんは「生活態度がしっかりしなければいい選手にはなれない」と、厳しいルールを作って守らせた。
    http://www.hochi.co.jp/giants/20180109-OHT1T50170.html


    ・二人もプロ選手に育て上げるなんて、本人の才能と努力以外に、ご両親の教育の素晴らしさが無いと不可能ですね。




    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    田中広輔2017年セリーグトップ項目


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/30(土)20:37:22 ID:UwE
    田中広輔(2017年)

    ・セリーグ最高出塁率  .3982
    ・セリーグ最多盗塁数  35盗塁
    ・セリーグ最多盗塁死数 13盗塁死
    ・セリーグ最多打席数  679打席
    ・セリーグ最多死球数  15死球
    ・セリーグ最多失策数  16失策
    ・セリーグベストナイン 初受賞

    ※最高出塁率と盗塁王の同時獲得は、イチロー、山田哲人に次いでNPB史上3人目
    12: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/30(土)20:41:20 ID:azF
    >>1
    最後の行が地味にすごい
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1514633842/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    田中広輔トリプルスリー

    広島・田中ならやれる!浩二氏、野村氏もトリプルスリー太鼓判


     今季盗塁王と最高出塁率に輝いた広島・田中がレジェンドOBを前に、将来的な目標として「トリプルスリー」を掲げた。東京・神宮前のサマンサタバサ表参道の広島コラボショップイベントに、山本浩二氏と野村謙二郎氏(スポニチ本紙評論家)と参加。打率3割、30本塁打、30盗塁の大台について「目標でもあるので、それに向かって頑張りたい」と意欲を口にした。

     95年に同じ遊撃でトリプルスリーを達成した野村氏は「助言は特に必要ない。ホームランはもともと打とうと思えば打てる。近い将来やってくれる」と太鼓判。山本氏も「それを達成すればチームも優勝に大きく近づく」と歓迎した。田中は今季打率.290、8本塁打、35盗塁だが、昨季は13本塁打をマーク。長打力に磨きをかければ不可能ではない。
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/12/28/kiji/20171227s00001173318000c.html


    ・今のスタイルを維持しながらのトリプルスリーを見てみたい。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/26(火)16:55:00 ID:cWi
    田中広輔田中俊太父親野球指導法
    広島・広輔&巨人ドラ5・俊太、田中兄弟の父・正行さんの仰天指導法


    巨人にドラフト5位で指名された田中俊太内野手(24)=東海大相模高―東海大―日立製作所=は、セ・リーグのベストナイン、最高出塁率賞者・最多盗塁者賞の広島・田中広輔内野手(28)=東海大相模高―東海大―JR東日本=の弟だが、2人の間の次男で現会社員の洋平さんも東京・日大三高時代はレギュラー捕手として活躍した。

    3人に幼少時から野球を教えたのは父・正行さん(57)。東海大相模高時代は俊足強打の遊撃手として鳴らし、1年時は2学年先輩の原辰徳・巨人前監督と寮で同室だった。強豪野球部の先輩といえば厳しく近寄りがたいイメージもあるが、正行さんによると「原さんはとても気を使う人で、自分がケガをしたときは布団まで敷いてくれた」という。

    当時の小学生への指導法は、今もチームで語り草だ。

    「大きな夢を持って入ってきているのに、ちまちました野球を教えても仕方がない」とバントは一切教えず、打撃練習はトスしたボールをフルスイングで遠くへ飛ばす“ロングティー”ばかり。
    「審判に『ストライク』のコールをさせないくらい、いい球はどんどん打っていけと言いました。三振しても空振りならほめてあげた」

    (全文はリンク先)
    http://www.hochi.co.jp/baseball/column/20171226-OHT1T50103.html

    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/26(火)16:55:53 ID:jWg
    子供への指導としては優秀そう
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1514274900/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ