広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    鈴木誠也

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ■交流戦ロッテ戦で今季2勝目を逃し、悔しい気持ちをTwitterにUPする大瀬良大地
    大瀬良_鈴木誠也_ツイッター
    https://twitter.com/seiya081851/status/603713140556050432

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    新井さん_ホームラン
    http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2015/05/09/0008009602.shtml?ph=2
    003
    ◇セ・リーグ 広島10―0阪神(2015年5月9日 甲子園)

     広島が完勝で今季初の5連勝。阪神と入れ替わり5位に浮上した。

     前日8日は11安打8得点と好調が続く打線がこの日も爆発。3回1死一、三塁、丸の中前打で先制。5回2死二塁では、新井が広島復帰1号となる2ランを 左中間スタンドに運ぶと、7回には1死二、三塁から新井が今度は中前適時打を放って2点を追加。8回に1点を加え、9回には鈴木誠の満塁本塁打でトドメを 刺した。

     大量得点を味方に3投手が完封リレー。ここまで防御率トップの先発・ジョンソンは切れ味十分のスライダーを中心に、阪神打線の打ち気をそらして7回4安打無失点。チームの外国人投手では11年のバリントン以来となる開幕4連勝を飾った。

     阪神は先発の能見が6回3失点で、このカード8試合連続となるクオリティ・スタート(6回以上、自責点3以下)を達成したが、打線の援護がなく白星に結びつかなかった。阪神は連敗で今季初となる単独最下位に転落。
    広島阪神スコアボード
    http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2015050903/top

    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1431160073/

    32: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/05/09(土)17:31:23 ID:gnn
    5連勝やああああああああああああああああ!!!!!!
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ■同じポジションのライバルなのに、ちゃんとホームランを祝福しあう二人
    野間_鈴木誠也_抱擁
    https://twitter.com/carp8525/status/589722989496664064

    ■この日「アベックホームラン」を放った野間と鈴木誠也はプライベートでも仲良し



    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/03/26(木)23:28:03 ID:1pH
    07854929
    鯉1~3番 鈴木誠&丸&菊池でかき回す

     緒方野球の代弁者になる-。広島・菊池涼介内野手(25)と丸佳浩外野手(25)が25日、「1番・右翼」で開幕スタメンに決まった。鈴木誠也外野手(20)の全力サポートと24年ぶりのリーグ制覇を誓った。
    「楽にやらせてあげたい。僕もそういうふうに育てられて今がある」と菊池。
    12球団の1~3番打者で平均年齢が最も若い最年少トリオが、積極的な打撃と走塁で勝利を呼ぶ。

     若さを最大の武器にペナントをにぎわす。投手の主役が黒田と前田ならば、打線の看板を張るのはキクマルだ。
    不動の2、3番コンビを組む若きリーダー、菊池と丸が鈴木誠の全力サポートを高らかに誓った。

     23日のファンミーティング。緒方監督は開幕戦で鈴木誠を「1番・右翼」で起用することを明言した。
    「チームの顔はコロコロ変えたくない」。鈴木誠、菊池、丸と流れる上位打線。
    12球団の1~3番で平均年齢が一番若い最年少トリオが緒方野球を代弁する。

     「(鈴木誠は)若いんで何も考えず、思い切ってやってくれればいい。僕もそういうふうに育てられてきた。継承するというか、楽にやらせてあげたい」

     菊池が言う。自身も入団当初、先輩の助言を受けながら、積極スタイルで地位を築いた。
    また、自主トレから鈴木誠に助言してきた丸は、上位打者として助け合いを誓う。
    「誠也が(塁に)出なかったらキクが出る。キクが出なかったら、僕が出られるように。『打線』としてやっていきたい」と続けた。

     「気が楽になるというか、2人がいる安心感がある。初球から振っていける」と鈴木誠。理想的な試合が15日のオリックス戦。菊池から「どんどんいけよ」と助言を受けると、初球を先頭打者本塁打。
    初の開幕1軍。20歳のホープは「ポジションを譲る気はない。結果にこだわってやっていく」と力を込めた。

     3・27開幕の相手はヤクルトのエース・小川。丸が6打数2安打の打率・333、菊池が7打数4安打の打率・571と数字が好相性を物語る。
    「若さを出したハツラツとした上位打線で、打って走って、元気を出していきたいです」と菊池。新生・緒方野球を体現するべく、最年少トリオが縦横無尽に駆ける。
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1427380083/

    3: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/03/26(木)23:31:05 ID:aUA
    広島は四番が埋まれば打線は安心だな

    4: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/03/26(木)23:31:05 ID:pWk
    この3人で今年は行きたいな!
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    大瀬良大地の部屋に乱入(?)してきた鈴木誠也と野間のお調子者コンビ
    鈴木誠也_野間_ラッスンゴレライ
    https://twitter.com/Ohsera_Daichi/status/579277240552165376

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ■大瀬良のTwitterに登場した鈴木誠也の変顔
    鈴木誠也_変顔
    https://twitter.com/Ohsera_Daichi/status/573105087616167936


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    鈴木誠也_カープ
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1425383153/

    1: 「ぶーん」と飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/03/03(火) 20:45:53.54 ID:???*.net
    2月特集 2015年躍動するホープたち(13)

    昨季、菊池涼介丸佳浩の”キクマルコンビ”がブレイクした広島には、まだまだ有望な逸材が揃っている。
    黒田博樹と新井貴浩が復帰し、例年以上に注目度が増す春季キャンプを活気づけていたのは、第2の”キクマル”を目指す若手選手たちだった。
    なかでも大きな期待を背負っているのが、高卒3年目の鈴木誠也(20歳)だ。

    元チームメイトが語る「控え投手時代の黒田博樹」

    走攻守3拍子揃い、長打力も兼ね備えるなど、カープ野球の申し子のような選手だ。
    チームメイトも「アイツはものが違う」「とんでもない才能を持っている」と、鈴木の能力の高さに一目置く。
    また、今季から指揮を執る緒方孝市監督も次のように鈴木を評価する。

    「肩の強さはチーム一。スローイングを見ているとびっくりするぐらい力強い送球をする。走力もあるし、試合で使いたくなる選手」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150303-00010000-sportiva-base
    webスポルティーバ 3月3日(火)14時0分配信

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    鈴木誠也
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1424868302/

    1: 「ぶーん」と飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/02/25(水)21:45:02 ID:2n7
    「今年はレギュラーを取ります。阪神とのCSで、野村(前)監督に最後まで使ってもらった。あそこは正直、『ああ代打だな』と思いましたから」

    こう話す広島3年目の鈴木誠也(20)は昨季、36試合に出場。打率.344をマークした。
    阪神とのCSファーストステージ第2戦に「7番・右翼」で先発出場。0―0の七回1死満塁の好機で打順が回ってきた。
    本人も「代打か」と思ったこの場面、野村前監督はそのまま鈴木誠を打席に送ったが、
    結果は三ゴロ。チームは零敗しシーズンが終了。試合後、ベンチで涙する姿があった。

    「悔しかった。野村監督に恩を返さないといけない。今年はやれよと言われているんです」
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/157458/1
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ