広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    東出輝裕

    広島カープ食トレ


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/11/07(火)07:49:56 ID:IXU
    広島、秋季Cで胃袋強化だ!東出コーチがランチタイム倍の1時間提案

    広島の秋季キャンプのメンバー38人が6日、広島から宮崎・日南市内に入った。

    石井琢朗打撃コーチ(47)の退任で新たにチーフ格となる東出輝裕打撃コーチ(37)は7日からのキャンプ中の昼の食事の時間を従来の約30分から倍の約1時間にすることを提案。伝統の猛練習に加えて、“食トレ”でナインのレベルアップを図る。

    猛練習でお馴染みのカープの秋季キャンプは胃袋まで鍛える。チーフ格としてキャンプを迎える東出打撃コーチが今キャンプの三個条を打ち出した。

    「去年よりランチの時間をしっかり摂れるようにした。シンプルに、たくさん食べて、たくさんトレーニングして、よく振って欲しい」

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20171107/car17110705020001-n1.html
    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/11/07(火)07:52:00 ID:qeR
    実際食うのもプロとして必要とか言われるしなぁ
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1510008596/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃



    (前略)『すごい!広島カープ 蘇る赤ヘル』などの著書があるノンフィクション作家・赤坂英一氏は「新潮45」5月号掲載の記事でこう綴る。 ※〈〉は本文より引用

    〈中心選手の新井(貴浩)、優勝を機に引退した黒田博樹ばかりが注目されている最近のカープだが、実はチーム打率が前年(2015年)セ・リーグ5位の2割4分6厘から12球団一の2割7分2厘まで上昇したことを見逃してはならない。ここまで打線全体をレベルアップさせた功労者のひとりが、一軍打撃コーチ“1年生”の東出(輝裕)だった〉(中略)

    ■万年Bクラスの生涯赤ヘル人生

    東出といえば、長年のカープファンにとっては忘れられない存在だろう。

    1998年のドラフト会議で、カープは二岡智宏を1位指名する予定でいた。ところが、二岡は逆指名制度を使って巨人に入団を決めてしまう。そこで急遽1位指名されたのが東出だ。

    小柄ながら俊足巧打の東出は1年目から一軍で活躍し、翌年にはレギュラーに定着。以後、故障するまで14年ものあいだ主にセカンドとしてレギュラーを守り、日本代表にも選ばれた。しかしその14年間、カープは、優勝はおろかAクラスにさえ一度も入っていない。

    江藤智が、金本知憲が、新井貴浩が、次々とFA宣言をして優勝を狙えるチームに移籍していくのを横目に、少年時代巨人ファンだった東出は、カープ一筋で現役を終えた。(中略)

    〈正直、悔しくなかったか。野球人ならせめて、選手でいるうちに優勝したいとは思わなかったか。昨年9月10日、東京ドームで読売ジャイアンツに勝ち、打撃コーチとして優勝の瞬間を迎えたとき、何を感じていたのか。私の問いに、東出はこちらの目を真っ直ぐ見て答えた。「うれしかったですよ。本当にうれしかった。あの喜びは、選手のときより大きかったんじゃないかな」

    2015年、石井琢朗打撃コーチの希望もあり、現役引退した東出は一軍打撃コーチに就任。
    打撃練習を抜本的に見直し、かつてないほど激しい練習メニューを組んだことで、四半世紀ぶりに広島カープはセ・リーグの覇者となった。

    ■伝え育てるカープ式指導法の申し子

    コーチとして優勝の喜びを噛み締める東出には、重要な役割が与えられていた。
    昨年「神ってる」と話題をかっさらった鈴木誠也もしかり、大型補強をしないカープでは若い選手を育てなければいけない。

    緒方監督(48)や石井琢朗コーチ(46)の言葉を若い選手にもわかるように噛み砕いて伝える、いわば通訳のような役割を36歳の東出が担っているのだという。(中略)

    「今年は安部、堂林がグッと伸びてますよ。若いといっても、安部が10年目、堂林が8年目で、高卒でプロ入りしてから相当な年数が経ってますけどね。他球団ならトレードに出されるか、クビになってもおかしくない。そういう時期にさしかかっても、ウチではみんなが頑張れ頑張れって、辛抱強く育てようとする。カープってそういうチームなんですよ」〉(後略)

    (全文はリンク先)
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/04201500/?all=1




    23: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/04/21(金)04:47:08 ID:A1I
    >>4
    緒方やタクローはコメント内容やブログから見ても語彙が足りなかったり表現の仕方が下手だから東出の存在大きいんやろな
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1492669011/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/11/21(月) 23:57:35.10
    no title

    3: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/11/21(月) 23:58:09.57
    素質の塊やからね
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1479740255/
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1479744164/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島アスリート_東出_表紙

    959: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/01/14(木) 17:32:13.94 ID:YLjZkW/C.net
    東出_ヤジ_カープファン
    【レジェンドの決断 東出輝裕1】10年前から「辞職」脳裏に 

     「“アッ、もう野球をやらなくていいんだ”って思った。もう無理、もういいや…と。悔しいとかじゃない。正直、楽な気持ちになりました」 

     紅白戦。アウトのタイミングを承知で本塁突入を試み、捕手のタッチをかわそうと回り込む。だが、送球が三塁側にそれた分だけ無理な動きを強いられた。 
    「そうしたらグリッといった」。左足で立とうにも立てない。「膝カックンされているような感じですね…」。重傷だと直感した。 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160114-00000096-spnannex-base
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1452525206/0- 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    ■「極楽とんぼ・山本圭壱のだってカープが好きなんだもん!in東京」のトークショーゲストに東出コーチ、齊藤悠葵が登場。裏話を披露
    極楽とんぼ・山本圭壱のだってカープが好きなんだもん!_01

    https://twitter.com/tokyoculture2/status/677122551374475264
    極楽とんぼ・山本圭壱のだってカープが好きなんだもん!
    http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_151116205067_1.htm

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/11/23(月)22:11:59 ID:BNM
    東出引退セレモニー_新井花束
    今季限りで現役を退き、来季から一軍打撃コーチを務める広島・東出輝裕内野手(35)が23日、
    マツダスタジアムで開催されたファン感謝イベントで引退セレモニーに臨んだ。

     同級生の梵英心内野手、永川勝浩投手とのトークショーで思い出を振り返ったり、同期入団の新井貴浩内野手から花束を贈られるサプライズもあった。

     引退試合を断っていた東出は「照れくさいので、あれくらいフランクなほうがいい。長くやっていたんだなと感じた」としみじみした様子で話した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151123-00000045-tospoweb-base
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1448284319/
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1448253575/0-

    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/11/23(月)22:13:16 ID:31l
    悲しいなあ…

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ