広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    山本浩二

    山本浩二新井さん名球会ブレザー

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/08/13(月) 06:19:10.76 ID:CAP_USER9
    山本浩二_4番打者理論

    広島OB 山本浩二が語る4番打者論「4番は責任の場所」


     5年の初優勝以降、不動の4番打者として活躍した山本浩二氏。常勝チームとなった黄金期に勝負強い打撃で5度の優勝に貢献した。さらに監督としても、球界を代表する4番打者を多数育成してきた。誰よりも4番打者を知り尽くす山本氏の4番打者論とは。

    現役引退後は監督として、江藤智(現巨人コーチ)、金本知憲(現阪神監督)、新井貴浩らを4番打者として育成してきました。

    私が監督として4番育成をするにあたり、まずは4番としての資質がある選手を重点強化選手に位置付けることから始めていました。そして、コーチ陣に彼らを預けて、徹底的に鍛え上げてもらいました。私が考える4番の資質を持った選手は長距離砲であること、精神的な強さを持っていること、
    そしてリーダーシップを見せることができる、最低限これらの要素が必要になると考えています。

    監督として4番打者を育てる上で、最も大事なのは我慢です。中でも特に印象に残っているのは新井です。 03年、金本がFA移籍したことで彼を4番に抜擢したのですが、2年間は全く成績を残すことができませんでした。 今思い返してみれば、少し可哀想なことをしたかもしれません。

    しかしながら、当時のチーム事情と将来を考えたときに、無理にでも4番として使い続けなければならないと感じていました。新井もそこからいろいろな苦労がありましたが、それを乗り越えて2年後の05年には本塁打王を獲得するまでになり、その後は不動の4番へと成長してくれました。少し時間がかかったかもしれませんが、あの苦しい2年間は彼にとって良い経験になっているはずです。

    今球界を見渡してみても、なかなか日本人の4番打者が育っていません。日本人の4番をつくるというのは、これから球界にとっても大事なことになってくるでしょう。

    現在、鈴木誠也が広島の4番を任されていますが、あの若さでよくやっているなという印象です。
    鈴木が一軍に出たての頃、フルスイングする姿を見て、『これは良い選手が出てきたな』という目で見ていました。本当に順調に伸びてきていると思います。昨季4番に抜擢されてからも成績を上げている部分は評価すべき点です。これから大事なのは、何年も4番にふさわしい成績を残すこと。
    あの若さですし、十分にそれを実現できる素質を持っています。

    今後鈴木に求められるのは経験だけでしょう。4番として、打てることもあれば、打てずに失敗して反省することだって数多くあります。いつも状態が良いということは絶対に有り得ないことですし、打てなかったときに、いかに反省をして、同じことを繰り返さないか。それが大事になってきますし、その繰り返しです。たとえば4打数3安打打ったとしても、凡退した1打席をいかに反省するか。そこで満足していては4番としての成長はありませんし、常に反省をすることが大事です。

    それほど4番には甘えが許されないですし、チームの勝敗の責任を負う、重要なポジションなのです。

    (広島アスリートマガジン2018年8月号から一部抜粋・続きは本誌にて掲載)
    https://www.hiroshima-athlete.com/

    7: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/08/13(月) 06:32:37.19 ID:Q788hpaN0
    4番の風格がある4番バッターだったな
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1534108750/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    衣笠祥雄山本浩二ライバル
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180426-OHT1T50201.html


    衣笠祥雄山本浩二ライバル

    衣笠さんと山本浩二氏は実は“犬猿の仲”だった 元ニッポン放送アナ・深澤氏が明かす

     
     23日夜に死去した元広島の“鉄人”こと衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)さん(享年71)は現役時代、“ミスター赤ヘル”こと山本浩二氏(71)との名コンビで鳴らしたが、実は最初は犬猿の仲ともいえる関係だった。元ニッポン放送アナウンサーで2人と親交があった深澤弘氏(82)が、本当の仲を明かす。

     巨人の長嶋茂雄終身名誉監督が、よくこう言っていました。

     「僕の誇りはね、王(貞治ソフトバンク球団会長)と1度もいさかいがなかったことだよ」

     同じチームに力量が突出したスターが2人いれば、お互いに意識し合い、いつしか仲が悪くなる方が普通。奇跡的にONコンビの仲が良く、両雄が見事に並び立ったことが、巨人9連覇の原動力だったともいえます。

     何年か前、(山本)浩二さんにこの話をしたら、彼はこう声をひそめました。

     「僕とキヌ(衣笠さん)の仲は、決して良くなかったです。ライバルで、お互いにとげとげしかった。3番衣笠、4番山本で、僕はネクストバッターズサークルで何度も『打つな!』と念じました。キヌも同じ気持ちだったと思います」

    (全文はリンク先)
    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180427/spo1804270003-n1.html


    ・最初は不仲でも後に和解して良き仲間、良きライバルに


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    山本浩二金本知憲 殿堂入り祝福
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/16/kiji/20180115s00001173252000c.html


    山本浩二金本知憲 殿堂入り祝福 (2)

    山本浩二氏、金本氏祝福 「星野仙一がスピーチすべきだった」 亡き友たてる

     
     元広島監督の山本浩二氏が15日、野球殿堂入りの通知式に出席し、阪神・金本知憲監督のゲストスピーチとして登壇した。金本監督が広島入団時の監督と選手という間柄。1年目からハートの強さが際立っていたエピソードを披露した一方で、金本監督の恩師であり急逝した星野仙一氏への思いも口にした。
     
    スピーチ全文は以下の通り。

     ◇     ◇

     金本君とは彼がカープに入団し、最初の監督でした。ドラフト4位で入ってきて、キャンプでバッティング、守備を見て「相当時間がかかるな」という思いでした。

     オープン戦、最初の試合が都城であったんですが、ゲームの中盤に金本を代打で出しました。いきなり、2ストライク。しかしその後、何球粘ったんでしょうか。フルカウントまでいき、結局、フォアボールを選びました。この粘り、精神的な強さ、すごく印象を受けました。

     その日のスタッフミーティングで「まだまだ時間はかかる。しかし、金本を『強化選手にしよう』」というミーティングを覚えています。後に、亡くなった三村(敏之)監督が金本をしっかり鍛えて、カープでは主力選手、本人が数倍の努力をした結果、カープの主力選手になりました。



    ・いいスピーチです。
    が、浩二さんでもいいと思います。
    今の金本があるのは、カープで培ったもののおかげでもあります。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    新井_山本浩二
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1423865824/

    1: ぶーんと飛躍するななC 2015/02/14(土)07:17:04 ID:XWO
    ミスター赤ヘルが天福球場に現れた。
    OBで評論家の山本浩二元監督が新戦力をチェック。やはり自身と同じ
    「ドラフト1位の外野手」は気になるようで、まずは野間に歩み寄って
    「頑張れよ」と声をかけた。

    ジョンソンや飯田の球筋を確認に向かう途中、ノックを受ける内野陣へ
    「28番の君は新人か」と野太い一声。8年ぶりに復帰した新井は
    「17年目のルーキーです。よろしくお願いします」
    と笑顔で駆け寄り、再開の握手を交わした。
    ランチ特打ではケージ裏から二言、三言。新井は
    「右方向への強い打球を褒めてもらった。(2001~2005年の)監督時代は怒られた記憶しかないから、めちゃくちゃうれしい」
    望外の賛辞を存分にかみしめた。

    http://www.chugoku-np.co.jp/carp/article/article.php?comment_id=130283&comment_sub_id=0&category_id=124

    2: ぶーんと飛躍するななC 2015/02/14(土)07:21:47 ID:IMI
    非常に微笑ましいエピソード。

    新井が復帰するまではこんな事全くも想像だにもできなかった。
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ