広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    オープン戦

    緒方監督_沖縄キャンプ
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1424651871/

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/23(月)09:37:51 ID:vKz
    広島の緒方孝市監督(46)が22日、若手に闘争心を前面に出すことを熱望した。沖縄キャンプ第1クール最終日のこの日は、
    ロッテとの練習試合がコザしんきんで行われ、0−10の大敗。ただ敗戦の結果以上に、戦う姿勢に不満を感じた指揮官は試合後、
    失点を重ねた若い投手陣と、ミスを多発した若い野手陣に、ダメ出しを連発した。

     言葉には少し怒気が含まれていた。対外試合2戦目のロッテ戦で大敗。だが不満なのは2連敗の“結果”ではない。
    「チーム全体では元気がなく、戦い方としては物足りなかった」。緒方監督が求めたのは、戦う“姿勢”。相手に向かって行く気持ちが欲しかった。

     「広島から来られていた方もいる中で、一方的な展開になってしまった。元気のない姿を見せてしまった」

     ロッテとの練習試合は日曜日ということもあり、球場には2500人の観客が詰め掛けた。大きな期待を感じる中での試合だったが、
    初回、先発の野村が3連続四死球で1点を失うと、大瀬良も2回を5安打4失点。失策が絡む不運もあったが、流れを断ち切る投球ができなかった。

     抑えてやろうという姿勢が、2人から指揮官には伝わってこなかった。「やっていることは分かる。ただ、そこに気持ちが入っていない」。
    開幕ローテ入りが確実で、主戦として期待される野村と大瀬良。調整段階だけに結果を求めているわけではない。
    ただ「相手と戦う気持ちは絶対に必要」と、マウンドでの姿勢を重要視した。

     野手にも同様の思いがあった。3失策に、けん制死。「たくさん出たね。気にはしていないが、目をそらしてはダメ」。
    走塁死の田中には試合後、「お前がもっと、もっと引っ張って行け」と直接ゲキを飛ばした。ミスに沈むことなく、挽回しようとする姿が見たかった。

     「活気ある戦う気持ちを、強く出すのがカープの持ち味。そういうところを見せて欲しい。次につながる失敗であって欲しいと思う」

     沖縄キャンプ第1クールが終了。この2試合はあえて作戦を立てなかった。塁に出た選手は積極的に盗塁を敢行。
    「緒方野球」は浸透しつつある。今季のキャッチフレーズは『常昇魂』。指揮官は常に熱く、常に闘う選手を求めている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000026-dal-base
    3: 名無しさん@おーぷん 2015/02/23(月)09:38:59 ID:9um
    メンタル重視か

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    野間ホームラン01


    野間ホームラン02


    野間ホームラン03

    オープン戦巨人広島」(21日・沖セル)

     広島のドラフト1位・野間峻祥外野手(22)=中部学院大=が、オープン戦初戦で初安打、初本塁打を放った。

      「1番・右翼」で先発出場した野間は、六回の3打席目に小山から右翼席へ一発をたたき込んだ。「積極的に狙っていった。一、二の三でドンピシャでいけまし た。入ってくれて良かったです」と初々しく笑ったルーキーは、「今の打席のように、狙った球をしっかりととらえたい」と手応え十分に話した。

     期待のルーキーの一発に、「初めての試合。打席にしても守りにしても、いろいろと経験してくれれば」と話していたベンチの緒方監督も両手をたたいて喜んでいた。

     三回の守りでは、2死一、三塁から金城の適時右前打で三塁へ好返球し、自慢の肩もアピール。それまで3連打されていただけに、相手の流れを止めるビッグプレーとなった。

    http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2015/02/21/0007758548.shtml




    1: 「ぶーん」と飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/02/22(日) 02:14:56.43 ID:TvJmaHlK0.net
    全くのノーマークやったわ、野間だけに

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    會澤菅野オープン戦
    「オープン戦、巨人4-2広島」(21日、沖セル)

     巨人は開幕投手最有力の菅野が、先発3回を投げて1本塁打を含む2安打1失点。二回まではヒットを許さなかったが、三回に広島・会沢に左越え弾、続く小久保に中前打された。正捕手候補の小林は3つの二盗を刺し、強肩ぶりを発揮した。

     菅野は登板後、「調子は良くなかった。長らく実戦から離れ、若干感覚が鈍っていたかなと思いますが、戻りつつある」と納得の表情で振り返った。

     広島は三回に会沢、六回にはドラフト1位の野間(中部学院大)がオープン戦1号を放ち、レギュラー定着をアピールした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150221-00000059-dal-base
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1424496702/

    404: 「ぶーん」と飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/02/21(土)15:58:28 ID:KxO
    まけたでー
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ