カープ・クロン、実戦7打席連続無安打も迎打撃コーチ

広島・クロン 実戦7打席連続無安打も迎打撃コーチ「全然、気にしてない」

前日16日のロッテ戦も無安打。これで7打席連続で快音は響かなかった。それでも首脳員は結果に一喜一憂しない。

 迎打撃コーチは「(結果は)全然、気にしてない。クロンは修正点だったり感覚というところをお互い確認しながらやっている。今の段階では、どこが悪い、あそこが悪いと言うより、投手に対してのタイミングだったり入り方を重要視して入ってもらっている。とにかく結果を気にしないでほしいというところだけは伝えています。

実戦になるとどうしても打ちたい、結果出したいと誰しも考える。でも、その気持ちをまず取ってもらって、実戦の感覚を研ぎ澄ましてもらわないといけない。だからきょうも4打席に立ってもらった」

と話した。

(全文はリンク先)


・安心した
迎コーチの言う通りだと思います。本番で打ってくれればそれでいい。練習試合は、あくまでも練習。まずは日本の野球に慣れてもらうことが大事です。





【関連記事】





・今はとにかく日本人投手の投球を数多く見て、配球も体験しながらバットを振っていけばいいと思う。外に外れる変化球やボールになる落ちる球を体感してバットが止まるようになれば大丈夫。



・まだ、クロンの無安打は気にしなくても良いでしょう。
ただし、若手主体とはいえ18回無得点は気にして貰いたいですね。



・確かに去年はマイナーは試合してないですから試合勘戻して慣れるのが先ですね。






・シーズン始まるまでに100打席近く立てると思うし結果は開幕前の最後の3連戦ぐらいまで気にしないでいいと思う。開幕したらもちろん結果を残して欲しい



・危機管理として最悪な事態は想定したほうがいいよ



・ルイス・ロペスは来日一年目のキャンプ、オープン戦で打球が全く前に飛ばず、あかんかなと思っていたら、公式戦では見事、日本野球に対応して大活躍!

クロンはこのパターンじゃないかな?



・打てなくても絶対に数多く打席に立たせた方が良い



・開幕からこれじゃなくて良かった
今の内に100打席立たせよう



・どっかのチームみたいになんちゃらの再来や、とか言って
無駄に騒ぐより全然良いと思いますよ。
勝負は開幕してからですからね。



・サードの守備を試されている



・ペナントレースが始まってからが勝負。
打てないのなら二軍からやってもらうだけ。



・今は投手有利の時期



・期待が大きいと裏切られた時のショックが大きい。
そう、ヤングの時の様に。

貴方が4番で安定してくれると
優勝も現実味を帯びてきます。。。



・迎のこの一言はクロンの気持ちを楽にしてやれる言葉



・そうは言っても、1本位は打って欲しかった。
変化球がバットに当たる事を早く確認したい。






・エル並みの愛される助っ人になる



・エルちゃんは、オープン戦最後の試合までノーヒット。最後の試合でバットにあたったら、そのシーズン大活躍した印象がある。



・メヒアのように、オープン戦では毎年チームのMVP獲得するぐらい元気一杯で、公式戦に入った途端、ジェットコースターのように下り坂になるより

反対に、練習試合やオープン戦はどうでもいいから公式戦でガンガン打ってくれればそれでいいですよ。



→例えば2018年本塁打王の山川はその年のオープン戦の打率1割代前半ですね
オープン戦不振でもシーズンで打った例は幾らでもありますよ



・いい事いうじゃないか、迎さん。けどカーブ連投されて全く合わずの空振り三振はちょっと気になった、、けど3番誠也の後の4番で開幕できる様、慣れていってほしい!



・エルドレッドも最初は打てなかった



・AAAの試合がなかったからそりゃ実戦不足。練習試合、OP戦は全部出て試合勘を取り戻してほしい。ベンチにもその意図はありそうだね。



・球の変化も違うし攻め方も違うし1打席でも多く打席にたってみてほしいね。極論いうと昔の前田みたいに追い込まれるまで見続けてもいいくらいよ。





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認