松山竜平_得点圏の鬼

「得点圏で打つこと。それが第一」。有言実行を貫くカープ松山竜平

今季プロ13年目のベテラン・松山竜平が好調をキープしている。9月22日の巨人戦(東京ドーム)では土壇場の9回表に起死回生の同点適時打をマーク。チームはサヨナラ負けを喫したものの、最後まで粘りの姿勢を貫く意地の打撃を見せた。

https://www.hiroshima-athlete.com/articles/-/670


・お立ち台での決めせ台詞を、早く聞きたいです。








昨季は頭部死球の影響もあり、年間を通じて不満の残るシーズンとなった。「プロ生活の中で一番悔しさを感じるシーズンでした」。昨季をそう振り返った松山は、巻き返しを図るべくベテラン選手では稀となる秋季キャンプにも参加した。それだけに春先の二度の離脱は、本人の中でも想定外であり、悔しさにまみれたものだったに違いない。

 とはいえ6月27日の中日戦(ナゴヤドーム)で今季初スタメンを果たすと、復帰初戦ですぐさま2安打1打点を記録。ファーストで結果を残していた堂林翔太の影に隠れることなく、5番打者として首脳陣の期待に応えてみせた。現在は規定打席にも到達し、チーム内では4番・鈴木誠也に次ぐ打率と打点を残している。

「中軸を任されたら得点圏で打つこと、それが第一ですね」

https://www.hiroshima-athlete.com/articles/-/670


・得点圏の鬼



・もう少し守備なんとかならんのか?



・松山を代打に追いやるくらいの期待の若手に早く出てきて欲しい!






・なんだかんだで頼りにしてます。



・ファースト守備を普通にこなしてほしい…それもスタメンの選手なんだから第一に考えて…
もう見てらんない…

得点圏では頼りになるのは知ってる



・得点圏で4番にも打ってほしい



今季を迎えるにあたり、松山がもっともこだわったのは打点。“チャンスでの一打”に重きを置いてシーズンに臨みここまで4割近い得点圏打率をマークするなど、まさに有言実行とも言える成績を残している。

 故障者が続出するチームにおいて、安定した活躍を見せるベテランの存在は数少ない光明の一つ。背番号55はチーム浮上に貢献するべくバットを振り続けていく。

https://www.hiroshima-athlete.com/articles/-/670





















































・このチーム状態の中にあっては頑張っているとは思うが、守備のミスがどうもみなの記憶に残り、松山への期待や評価をその分だけ下げてしまう印象がある。

しかし、それをカバーして余りある打撃で取り返してほしい。確実な1本のヒット、きれいな放物線を描くホームランは今のチームには大変貴重。



・松山が4番でいいんじゃないかと思う。



・結局どれだけ打つかではなく
どこで打つかだからな。野球って。
 




__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認