「中村奨成」「小園」のコンバートを進めるべき根拠

「広島」若手の出遅れは致命傷…「中村奨成」「小園」のコンバートを進めるべき根拠

セ・リーグ三連覇から一転して、昨年は4位、今年は5位と二年連続のBクラスに沈んだ広島。主力が相次いで流出するイメージが強い球団だが、現在は少し状況が異なっている。

一昨年のオフには、二年連続MVPの丸佳浩がFAで巨人に移籍したものの、それ以外の主力選手は流出を免れている。昨年、今年のオフにFA権を取得しながら、最終的にチーム残留を決めた選手の名前を挙げると、野村祐輔、会沢翼、菊池涼介、田中広輔、松山竜平と錚々たる顔ぶれとなる。

2009年にマツダスタジアムが開場したことをきっかけに観客動員数が大幅に増え、『カープ女子』という言葉が流行語にもなるなど、以前の“貧乏球団”というイメージは確実に払しょくされたと言えるだろう。

 しかしながら、それでもチームの成績が下降していることに、現在の球団の問題点が表れている。一つ目は高額年俸で残留した主力選手が軒並み成績を落としている点だ。残留した選手の過去3年の成績をまとめると、以下のようになる。



・中村の場合は経験年数より歳が近い坂倉の存在だろうね。坂倉が会沢の次の正捕手の座に決まってるわけじゃないけど、現状は坂倉の方がリードしてる。

もちろん今後中村も経験積んで成長していくだろうけど、同じ様に坂倉も成長していくわけだし。
差を埋めるのは大変だと思う





【関連記事】



野村祐輔(来季32歳)
2018年:20試合7勝6敗0セーブ0ホールド 防御率4.22
2019年:18試合6勝5敗0セーブ0ホールド 防御率4.06
2020年:13試合6勝3敗0セーブ0ホールド 防御率4.58

会沢翼(来季33歳)
2018年:106試合96安打13本塁打42打点0盗塁 打率.305
2019年:126試合104安打12本塁打63打点2盗塁 打率.277
2020年:79試合61安打7本塁打36打点2盗塁 打率.266

菊池涼介(来季31歳)
2018年:139試合130安打13本塁打60打点10盗塁 打率.233
2019年:138試合143安打13本塁打48打点14盗塁 打率.261
2020年:106試合102安打10本塁打41打点3盗塁 打率.271

田中広輔(来季32歳)
2018年:143試合150安打10本塁打60打点32盗塁 打率.262
2019年:97試合60安打3本塁打27打点8盗塁 打率.193
2020年:112試合95安打8本塁打39打点8盗塁 打率.251

松山竜平(来季36歳)
2018年:124試合120安打12本塁打74打点2盗塁 打率.302
2019年:110試合76安打6本塁打49打点0盗塁 打率.259
2020年:108試合112安打9本塁打67打点0盗塁 打率.277

このように、全員が揃って停滞期を迎えていることがよく分かる。中でも気になるのが、丸とともに“タナ・キク・マル”トリオとして、攻守にチームを牽引した田中と菊池だ。

https://www.dailyshincho.jp/article/2020/12210557/?all=1


・レギュラーは与えられるものでなく、取るものですからね
もし、小園や、中村が守備、打撃どちらかが一軍の戦力と見做されれば、上で使ってるかなっと

代打でも、守備固めで結果出せば、チャンスも増えるわけですし、サード、ファースト、外野は一応空いてましたからね
まだ、上で使うレベルでないと判断されたか、したで、じっくり育てる考えではないでしょうか



・坂本は2年目、立浪は1年目からレギュラー。

大卒では、鳥谷、二岡も1年目から活躍した。
田中は、社会人からだが、やはり1年目に300打席を経験している。

高卒といえども、一流と言われるためには、四年目あたりが目処になるのではないか?

6・7年目から一流になった選手は、まったく思い当たらない。



・未だに貧乏球団と思っている他球団のファンは、まだまだ多いけどね。

 





~中略~

くわえて、残留選手の成績以上に懸念されるのが、世代交代の遅れだ。ドラフトでは、2017年に中村奨成、2018年に小園海斗という“超高校級”を2年連続抽選で引き当てたが、主力が揃って残留した影響で、彼らを抜擢しようという機運がなかなか高まってこない。

若手選手が飛躍するためには、重要なのはとにかく一軍の試合で経験を積むことだ。そこで提案したいのが思い切ったコンバートである。

まず、中村は肩の強さだけでなく、フットワークを持ち合わせており、サードで起用しても面白いだろう。今年、堂林翔太が鮮やかな復活を果たしたが、守備の不安定さは相変わらずであり、一年を通して、サードのポジションを任せるだけの安定感はない。同じくサードを守れるベテランの小窪哲也が、今季限りで退団するなど、捕手よりもサードのほうがチャンスはより多いだろう。

小園もまた、ショートだけにこだわるのではなく、セカンドをはじめ、他のポジションの起用を増やして、実戦経験を積ませるのもひとつの手ではないか。

(全文はリンク先)
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/12210557/




・小園のファンでそりゃ早くレギュラー掴んでほしいですがいくら超高校級といっても田中も長年プロでやって来た実績と経験もある。
そんなに簡単に乗り越えられる壁ではないでしょう。



・捕手ではオリックスの若月や西武の森は高卒1年目、2年目には1軍で戦力に。
森は正捕手炭谷がいたのもあり、3年目までは打撃を活かすために外野やDHでの出場も。
現状の中村の1軍での実積は寂しいかぎり。今後に期待。

ショートではソフトバンクの今宮が高卒3年目からレギュラーに。
今宮は坂本には及ばないとしても現役では1流のショート。
小園の3年目に期待。



・ショートにキャッチャーどちらも育ちにくいポジションです。

高卒ですぐに正捕手となったキャッチャーは近年ではいませんし、少し昔に戻っても城島アドバイザーや谷繁元監督ぐらいでキャッチャー育成には時間がかかります。

カープは中村選手をキャッチャーとして育てたいという思いがあるのだと思います。



・ショートも高卒ですぐにスタメンとなったのも本当にひと握りで、立浪選手や坂本選手など歴代でも超一流と謳われる選手です。
高卒選手に大卒、社会人選手のような即戦力を求めるのは絶対に間違いです。



・この記者はカープ野球の歴史や球団の方針等を全く理解していない。危機感が必要なことは選手は勿論理解してるよ!小園や中村だけでない。まだまだ有望な若手がいる。ここの記事での小園、中村は新たな課題等が出て一軍レベルではないということ。



・会沢がいようが田中がいようが実力さえあれば、ポジションは自ずと自分のものになる。競合ドラ1だろうが超高校級だろうが、力の落ちてきたベテランからポジションを奪えないようなら、そこまでの選手ということ。

特に、小園に関しては本調子とはほど遠い田中相手に、もらったチャンスも生かせなかったのは小園自身の責任



・(FA残留選手の成績が)軒並み下がってる?

むしろコンスタントに同じような成績に見えるけど??



・確かに中村奨は坂倉と年齢に差がないので、ダブつく可能性は否定できないですね。だけど、キャッチャーなんて特にレギュラーを獲得するには時間がかかるポジションですからね。3年たって一軍枠に入れないからといってコンバートをというのも拙速な考えかもしれませんし。

小園に関してはショートとしてやってもらわないと、田中広輔の次の選手を考えたときにやはり小園は有力候補なのではないでしょうか。



・多分即戦力、即レギュラーにならないから、とかではなくて第3捕手にもなれないことを指しているのかと。



・広輔はようやく故障が癒えてきたようで秋口からは本来に近い動いになっているし、菊池の捕殺数に関してはもともとベースになる試合数が2割減ってるんだから、単に数の比較をしても仕方がない。まあカープ以外でもいえる事だけど、全選手が年俸通りに働いたチームなんかあるわけないし。






・清宮がいい例で高校でいくら打っても所詮高校生のピッチャーから。
プロのピッチャーからはなかなか打てない。

伸びしろがないと高校出身のバッターは壁に当たります。
清原、松井、坂本、山田、村上は稀な例なのです。

中村や小園はその壁を自ら打ち破って欲しいものです。



・中村奨成は、甲子園で清原和博を抜く本塁打記録を作った選手。
西武の捕手、森友は、プロ1年目から一軍で打ってた。捕手のレギュラーではなかったけど。
それを考えると、物足りないわな。



・中村は時間が掛かりそうだね。そもそも中村の時の甲子園は異常に球が飛んだからね。実力以上に評価されてしまったのはあると思う。



・ソフトバンクの甲斐捕手、会沢が一軍の試合に出るのに5年くらいはかかってる。
打てるようになればソフトバンクの栗原のように捕手兼野手ができる。



・大卒や社会人より高卒はアマで成果を残していてもプロで活躍できるかが博打になる
良い素材を早く手に入れてプロの良い環境で更に伸ばせる反面でただ早熟なだけだった小粒タイプを引く可能性もある

高卒選手が重要なのは同期の大卒が入ってくる5年目からでしょ



・ここにあげられた高卒の2人はあと2、3年後に先輩が衰えたタイミングで世代交代すればいいし球団もそのつもりで獲得したと思う。坂本や岡本や村上みたいなのは突然変異の例外。



・育成と外国人補強しかしないチームは、波が大きいよね。
3連覇したけど、反動は何年先まであるのかは分からない。

補強も必要。
波を小さくできる。

生え抜き主義も行き過ぎはよくない



・コンバートも何も、小園はサードもセカンドも練習はしてます。現に一軍でもサードに入りました。定着できなかったのはサインの見落としという、野球スキルの部分で落とされた。



・広島は実力さえあればルーキーにもちゃんとチャンスは与えてるよ。
森下なんかはしっかり掴んだよね。

小園・中村は単純にまだ一軍レベルじゃないだけでしょ?
ポジション変えればレギュラー獲れるほど、プロは甘くないと思うけど。



・中村をコンバートするといっても、中村の課題は打撃。ファームでさえまともな結果は出ておらず、あらゆる面で一軍で通用する要素はない。

一学年上で同じ高卒捕手の坂倉が3年目までに60試合以上出たことを考えると、中村(たった4試合出場)の成長の遅れが顕著。



・小園をセカンドにコンバートしたところで、壁になるのは守備率10割の菊池。
わざわざ本職ではないポジションで菊池と競争をするくらいなら、田中と競った方がまだチャンスがあるように思う。

中村に至っては、第3捕手で一軍に帯同するくらいなら、二軍で実戦経験を積ませた方がどう考えてもプラスになる。




・>高額年俸で残留した主力選手が軒並み成績を落としている点だ

指摘どおり。
ここに大きな問題が潜んでいる。

どうも、ファンもそうなんだが、「功労者」という言葉で片付ける傾向があって。
私は、今と明日を重視したい。
なぜなら、大活躍したものには年俸アップで応えてるんだから。とりあえず、それで過去の成績についての感謝は終わり。

だから、成績上がらないのに名前だけでスタメンはられると勝てないんだよ。
常に競争意識を焚き付けないと。
本当にすごい選手は、ずっと成績を残していくもの。
厳しいと思うけど、だからこそ、普通のサラリーマンより多額の年俸をもらえるわけなんだから。

功労者でもウカウカ出来ないチーム作りを。
その為には若手にチャンスを与え、若手もチャンスをモノにしていかねば。

来年は楽しみなカープだと思ってます。





・中村は難しい判断になりそうですよね。石原とかよい捕手を取ったのは、近い将来コンバートを睨んでるのかもしれませんが



・コンバートは最後の手段、致命的な欠点見つかったとか、他ポジションで打撃を活かして出場機会を増やして選択肢広げて、最後にコンバートならまだあり得るが、まだ時期尚早では。



・高校時代の活躍はあくまで高校レベルの中での結果。

その中で、高いパフォーマンスを示すのは凄いことだが、プロの世界に行った時、対応出来るか、更なる成長ができるか、ということになる。
ファイターズにも、早実の4番、金農のエースが行ったが、いまいちの成績。

カープに関して言えば、菊池や広輔がピークを過ぎたのかも知れないが、簡単に明け渡す2人じゃない。

ヤクルトの宮本は、遊撃手から三塁手になり、双方でGGを受賞している。
アライバコンビの様に、遊撃手と二塁手はコンビネーションが大事。

結果、小園は遊撃手で良いけど『菊池の後釜』とコンビ組んだ方が良い。

中村は、わからない!打撃が良くなれば、話は変わるけど、一塁手でも外野手だとしても、このままじゃ出れない。



・ショートだけは、あと2年以内に誰か出てきて欲しい。
歴代のショートを見ても30後半でショート守っている人は少ない。仮に、サード堂林が不満なら田中広輔をコンバートする方が現実的。

正直、2軍とはいえ、小園がシーズン終盤に打って打率3割乗せてくれたのでホッとしました。シーズン序盤本当に打ってなかったからね



・ただ、傍目から見てて広島キャッチャー陣は渋滞してる印象は否めない。
會澤が引退しそうな選手ならまだしも、少なくともあと5年はプレーするだろうし。





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認