王シフト_図
https://www.sankei.com/sports/news/181213/spo1812130013-n1.html

広島カープ_王シフト

善は急げ? 1試合4連発から2日後に敷いた広島の“王シフト”/プロ野球20世紀・不屈の物語【1964年】

~中略~

そんな雰囲気が一変したのは、5月3日の阪神戦(後楽園)だろう。王は第1打席から第4打席まで、すべて本塁打。1試合4打席連続本塁打はプロ野球で初めての快挙だった。

その後も王は快調に本塁打を量産し続け、1試合に2本塁打を超える“固め打ち”は10試合。しかも終盤にペースアップして、最終的に残った数字が55本塁打だった。言い換えれば、他のチームは、そんな王に対して、なす術がなかったのだ。

4打席連続本塁打を許した阪神だけではない。国鉄にとどまらず、セ・リーグのエースともいえるほどの実績を積み上げていた左腕の金田正一はリーグ最多の7本塁打を浴びている。もちろん、ただ手をこまねいていたわけではないだろう。王が一枚も二枚も上手だったともいえる。だからとって、結果だけ見れば、何もしてこなかった、何もできなかった、という批判も免れまい。

 唯一、爪痕を残したのが広島だった。近年の快進撃はおろか、20世紀の黄金時代も強く印象に残る広島だが、50年に創設されてからは常にBクラスに沈み続け、もちろん優勝経験は皆無という弱小チーム。熱心な地元ファンはいたが、広島に何かを期待するプロ野球ファンは多くなかっただろう。そんな広島だが、王への対策はスピード感あふれるものだった。4打席連続本塁打の2日後、5月5日の巨人戦ダブルヘッダー第1試合(後楽園)で、広島の作戦は決行される。


・王さんに限らず、「歴代の強打者」たちにはいろいろな「シフト」があったようですね。




【関連記事】



周到な準備、果敢な決行

「スピード感」という言葉が、切実さを伴って叫ばれ続け、どこか遠いところで空回りし続けているような2020年。準備を怠れば物事を加速させられるわけもなく、後手に回る、あるいは傍観者に等しくなるのは当然だろう。

この試合、広島は王の打席で、左翼方向を大胆に空け、一、二塁間に内野手が3人、遊撃の守備位置に三塁手が入り、バックスクリーン左に左翼手を配置する、右翼方向に偏る布陣。いわゆる“王シフト”の初登場だ。

 広島は周到に準備していた。川本徳三スコアラーが当時のコンピューターに王の打撃データを打ち込む作業には1年もの時間を要したという。逆算すれば、王が初の本塁打王となった62年オフから準備が始まっていたことになる。


これで王の打球方向が右方向に偏っていることが判明。想定外だったのは王が2日前に4連発を放ったことだろう。広島は王の5打席連続本塁打を阻止するべく作戦の実行を前倒し。

広島ナインも練習したことがなく、ぶっつけ本番だったが、王の5連発を阻止した上に、4打席連続で凡退させることに成功した。

(全文はリンク先)
https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20200505-12


・この時代にコンピューターを駆使して分析していたことはかなり先駆的で画期的なことだったと思う。



・当時、乾電池のCMで少年野球の監督が乾電池を並べて「これがサダハルシフトだ!」ってのがあった。



・おもしろっっ
それだけ王貞治は偉大な選手だったと






・マツダのコンピュータらしい。



・マツダは1964年当時の社名が東洋工業だった。



・王シフトと聞くと日本シリーズでの阪急ブレーブスの王シフトの話を聞いた事があります、何せ「世界最長のショートフライ」というのがあったそうですからね!




※王シフトの図




・確か松井シフトも、ショートが大分セカンド寄りだった記憶がある。



・当時コンピューターを導入する金があったとは!



・同じ広島戦で王がシフトの逆をついて三塁線にセーフティバンドをして
悠々と2塁打にしたことがあった。本人としては相手のいないところを狙うのは気持ちのいいものではなかったかもしれない。



・子供の時に、この1試合4発をライトスタンドで観たが、王が打席に立つと、子供がグローブを持ってライトスタンドの一番後ろで構えていた。

子供がホームランを予想しその通りホームランになるのに、何で敬遠しないのか不思議だった。



・それにしても、広島は、この当時から、いろいろなことをしましたね。(「コンピューター」までは考えていませんでした。)



・王さんの凄いところは、自分の打撃フォームを崩したくないから
このシフトの裏をかいて三塁方向に流し打ちをせず、野手の頭上を打てばいいと、このシフトから逃げなかったこと。



・王さんは驚いたけどフェンスを越えたら問題ないと思ったそう
荒川さんが当時の一本足はまだピタッと静止していなかったので不格好だったと語ってた

逆に長嶋シフトは打球がバラけているので出来なかった



・「いろんな人に相談すると必ず反対する人が出てくる」名言ですね。決断は難しい。







__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認