プロ野球の若手選手「引退後に不安」が5割


引退後に就きたい仕事は会社経営者16.3%、高校野球の指導者15.5%

日本野球機構(NPB)は22日、昨年11月に行われた「第17回みやざきフェニックス・リーグ」に参加したプロ野球12球団の選手に対し、引退後のセカンドキャリアに関するアンケートを実施したと発表した。

対象はフェニックス・リーグに参加した12球団所属選手で、256選手にアンケートを配布。233人から回答(回収率91%)を得た。

12球団在籍平均年数は3年で、回答者平均年俸は861.6万円。引退後の生活に不安を感じている選手は116人(49.8%)で、不安要素として「進路」が99人(85.3%)にのぼった。「引退後の進路について考えているか」との問いに、考えている15人(6.4%)、なんとなく考えている83人(35.6%)、考えていない105人(45.1%)、回答なし30人(12.9%)だった。

(全文はリンク先)
https://full-count.jp/2021/01/22/post1031002/


・現役時代に活躍して、家族を役員にして会社を設立して経営者になることを想定しているのかな?

それとも飲食店経営者?

それとも人には使われたくない?





【関連記事】



 主なアンケート結果は以下。


▽引退後の生活に不安を持っているか。

「不安がある」49・8%
「不安はない」22・3%
「どちらともいえない」27・9%


▽引退後の進路について考えているか。

「考えている」6・4%
「なんとなく考えている」35・6%
「考えていない」45・1%
回答なし 12・9%


▽引退後にやってみたい仕事

1 会社経営者(16・3%)
2 高校野球指導者(15・5%)
3 12球団の監督・コーチ(14・6%)
4 教員免許をとって教師(9・9%)
5 スカウト・スコアラー(9・4%)

https://hochi.news/articles/20210122-OHT1T50148.html


・今から、練習.試合→遊びではなく、
練習.試合→経営の勉強しとかないと!



・球団に残る選択肢が下位なのは、
若手故に、そもそも指導者やスカウト等としてやっていく経験、自信がないからだと思う。



・引退したらやはり「一国一城の主」になりたいんだろうか。だから、サラリーマンは嫌で経営者や野球チームの指導者になりたいんだと。






・野球しかやって来なかった人が大半だろうしな。
逆に言うと野球専門でやっていた人達の中で、その一握りしか入れない世界だからプロ野球選手は凄いという事でもあるのだけど。



・5年後にその会社がどうなってるのか知りたい



・プロ野球選手に限らず、だれでも将来に対する不安はあるがな。



・ずっと野球だけやってきた選手が引退したあと会社勤務するのは大変だろうけど、会社経営はそれ以上に大変だよ。それが分かっていて希望しているのか。疑問だ。



→自分が仕事を探してたしてた時、独立事業主だった友だちに「経営者ってどう?」と聞いたら、「働くのが嫌いだったら、サラリーマンやってた方がいいよ」と言われて納得し、フツーに就職しました。

何かの機会がないと、分からない現実かもね。



・プロ野球選手になるという夢を叶えられたのだから、第2の人生でも夢は叶えられると思います。
会社の経営なんて金があれば何とかなりますしね。



→会社経営舐めすぎ



→プロ野球選手でも本当に稼げる選手は一握り
恐らくかなり大変だろう



・引退したら会社の経営者になりたーい!
なんかそーいう発言をしちゃうような人が野球選手になる理由が分かる気がする。



・フェニックスリーグの若手なんてまだプロ野球選手として一人前にもなっていないのに、引退後の心配なんかしてる場合か!って感じだけど



・会社経営者というのは焼肉屋の事かな。



・> 「やってみたい仕事」は会社経営者が2年連続トップ






・本当に不安ならプロ入りの時からお金貯めて辞めたあと学校へ行く費用くらい捻出しておくべき。



・引退後の年金受給制度なんて完全に破綻してるしねぇ。
契約金を頂いた時点で、選手生命のゴール見えちゃってるプロ野球選手が大半って現状こそ、DH制導入の可否以上に真剣に検討せにゃならん深刻な問題。



・プロ野球選手は2軍とかでは無ければ年棒が高い分、引退した時はそれなりにお金が有るんだよね。だからその金で会社経営でもすれば良いけど、たいていの場合は失敗するんだろうね。野球しかないから。

野球解説者、コーチ、芸能人が出来なければサラリーしかないだろうけど



・引退後が不安と言いながら、やってみたい仕事は会社経営者か。
聞いてるこっちのほうが不安になってくる。



・それがプロスポーツ選手っていう職業だと思う。



・そういう不安を減らす為にも、プレーしながらセカンドキャリアに備えた通信制大学への入学、資格取得支援をやってもらいたい。



・契約金イコール退職金なので(一般人の就職には契約金なんかない)、
先ずは引退まで契約金をしっかり貯金するなり運用して貯めておくのが肝要と思う。

自分は自営業ですが、経営者なんて簡単になれるもんではない。
まして野球バカなら他のことは知らないでしょうし。



→運用する勉強する時間あったら野球のこと考えてると思うけど。



・何で会社経営者になりたいのか全くわからん。どんな理由で?金持ちになれそうとかそんな事しか考えてなさそう。実際は大変だよな。



・小さい時から野球ばかりじゃなく親もしっかり勉強も頑張らせないといけないとおもう。

身内にも野球以外のスポーツを小さい時からさせていて大学迄一応行ったが受験らしい受験をした訳でも無くスポーツで入って卒業(全然勉強出来ないのに卒業出来るのが不思議……)

算数も良くわからないと言ってた。
運良く信金に就職出来たが算数出来なくて大丈夫なんかなと思う。

やっぱり勉強は出来ないより出来て野球も出来る方がカッコいいかな……私はそう思う

他の方達はどう思うかは関係無く。



・野球選手の一定レベル以上の報酬もらってる選手は、法人作って不動産買って賃貸に回せばいいと思うけどな。
車とか散財するのではなく。。。



・あまりにも知識の無い元プロが多いので現役中に資格取得させるシステムの導入させた方がいいと思う



・岩村みたいに監督兼社長を上手くやって成功する例もあるから経営者になりたいと思う選手も出てくるんだろうな






・持って生まれた能力や周りのチヤホヤに溺れずに、真摯に野球と向き合ってきた選手は、たとえプロで通用しなくても、次の道で生きていく事が出来る。

そうでない人間は、ラーメン屋だアマチュアのコーチだを目指しても大概……。
何だか身につまされる。



・野球しか知らない体力派がすぐに出来るほど甘くない。だから契約金はすぐに使わず引退後の貯蓄に回すべき。若くして一時的な大金を手にして生活レベルを上げると中々下げることはできない。



・元プロ選手がここ数年で中学、高校の指導者にどんどん転身したからそのパイもだんだんなくなってきて激しい争いになりそうだなぁ。公立の教員になれるほどの選手は少ないだろうし。。



・目標があるのはいいこと。一般人に聞いても不安は50%ぐらいあるだろう。



・今まで野球しかしてこなかった若者が ポンっと社会に放り出されたら不安でたまらんよね



・現役プロ野球選手の本当は引退後の理想はやっぱり指導者ではないだろうか?



・セカンドキャリアはプロ野球選手だけでなく社会全体の課題である。





__________________

 

野球のブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認