下平さやか広島県に週の半分移住

下平さやかアナ 週半分を過ごす広島で得た生活者という視点

「心が動いたら、思い切って踏み出すタイプです!」。

はきはきした口調で自身の性格を語る、テレビ朝日の下平さやかアナ。プロ野球選手の夫・長野久義外野手の広島東洋カープへの移籍に伴い昨春、広島へ移住。現在は週に3日ほど上京してアナウンサー業務に励み、週半分は広島で主婦として生活している。

https://www.news-postseven.com/archives/20201031_1607268.html?DETAIL


・長野さんが楽しそうなのは奥さんのおかげかな?
東京の第一線でやりながらも 地方の暮らし方や テレビ局の発信の仕方も主婦目線で感じ取るなど プラス思考で立派です。




【おすすめ記事】




下平さやか広島県に週の半分移住_02
 
「長野選手の移籍と同時に私も決断しました。当時は担当番組が週6日あって休職せざるを得ないと腹を括りましたが、会社が仕事を続けられる道を模索してくれたんです。コロナ禍でここ7~8か月はスーパーと自宅の往復しかしていないので、今では特売情報に詳しくなりましたよ。近所のスーパーでは野菜と果物が火曜日に特売で、中でも広島特産のぶどうの値引き率がいい。火曜日は“ぶどうの日”として、この季節はわが家の食卓の定番です」

広島へ居を移し、自身も大きく変化したと明かす。

「生まれて初めて自分で鱧の湯引きをして、『なんだか私、人間のランクが上がった気がする』と感動してしまって(笑い)。これまではずっと仕事ばかりで、もともと料理もあまり好きではないので力を入れようとも思わなかったんです。でも家での時間が長いので正面から取り組んだら、食事作りも楽しくなりました」

https://www.news-postseven.com/archives/20201031_1607268.html?DETAIL



・急な変化があったにも関わらずそれを前向きに考えられる所、長野さんも奥さんも素敵だなと思います。


・さやかさんは好奇心旺盛な感じなので、案外、一回東京から出てみたかったのでは?
一生住むわけじゃなし、初めての地方生活を楽しいって素直に思ってるのかも。お互いに自立しながらってカッコいいよ。



・系列の広島ホームテレビでお待ちしております





巣ごもりでテレビを見る時間も増え、ローカル番組を熱心に見ているという。

「東京の放送は全国へ流すため大所高所から語る構成が多く、それも大切な役割だと思います。かたやローカルの番組ではグルメやレジャー、広島では原爆に関する話題など地域に根ざした生活情報が中心です。

生活者目線は、アナウンサーとしてこれまでの自分には欠けていた視点かもしれないと気付きました。若い頃は難しいことを勉強してそれを聞いてもらいたいという欲がありましたが、最近は見てくださるみなさんの想いを受け取って、私も率直な気持ちを伝えたいと考えるようにもなりました」

(全文はリンク先)


・ワイドスクランブルで毎日ニュースを読んでいて、昨年の3月の最後の日に大下アナから広島弁で

「広島は良い所じゃけえね」

って言われていたな。

広島生まれ広島育ちで広島カープファンの大下さんがテレ朝の役員待遇アナで東京に残っているっていうのも面白い。



・長野選手や堂林選手の奥さんなど、中央の第一線で活躍されていたのに、地方でご主人を支える姿は凄いなぁと思う。
何よりお二人ともポジティブな所が素敵です。



→仕事を継続出来るように配慮した職場も、なかなか理解がある。
会社の都合を社員に押し付ける時代から、社員が働き易いやり方を会社が模索する時代になって来てる。



→時代に対応した過ごし方、働き方の模範ですね。日本人真面目に働きすぎると思いますもん。



→下平さんは感じが良いね。
時々ワイドショーの司会をやっているが、誰でも分かる言葉で人の話を聞く姿勢もとても感じが良い。だからと言って話を合わすわけではなく良い意見も言う。彼女が出てる時は見ることにしている。長野選手は良い嫁もらったね。



→会社が仕事を続けられる道を模索しようと思うほど、これまで貢献していたしこれからも必要としてもらえる方だからこそですね。
人格的にも仕事ぶりも認められる方なんだなと思います。



・広島赴任経験あるヤクルトファンの東京人です。東京都荒川区出身の鈴木選手、東京都東大和市出身の菊池選手、練馬区出身の岡田投手を応援しています。

広島赴任時代、コストコに行ったら買い物中のエルドレッド選手と遭遇。話しかけたらフレンドリーな笑顔で明るく握手してもらい、それ以来のファンです。



・福岡と違い、飛行場が遠くて飛行機でも新幹線でも東京からは3〜4時間近くかかるのが広島市。
とっても大変なのに、毎週通ってくれるなんて素晴らしい奥様です。
来てくれてありがとう。広島出身より。



・週に3日働くだけで生活出来るなら、自分も毎週広島と往復したい。



・旦那が大好きな事がわかった。たった数時間の距離なのに一緒にいたいんだなと。



・東京とは景色が全く違って息抜きができそう。職場から遠く離れた場所で、しかも広島は都会でも田舎でもなく住みやすいし、最高の環境だと思う。






・火曜市はイオンか



・FAには泣かされてきましたが、
これがなければ、
長野さんのカッコよさを知ることはできなかった。来てくれた長野さん、支えとなっている奥様に感謝したいです。



・理想の働き方かもね。都会で働き田舎でくつろぐ。



・本来の日本人のスタイルに気づいたってところじゃないのかな
生活者の目線が最も近そうで無視して来た(テレビ)業界。



・テレ朝大下アナが広島出身だから色々教えてくれてるんじゃないの



・こういう例が増えればいいと思う
女性が結婚や転勤で正社員を辞めることは、人生における大きなリスクだと思う

辞めた人は皆、パートや派遣の片道切符
子供出来て離婚なんてしたら貧困シングルマザー
多様な働き方を認めていくべきだと思う



→共働きしながら、週の半分を夫の勤務地で暮らす。
ただ単に子どもがいないから出来る生活だと思う。子どもがいたらほぼ無理だし夫より子ども優先になる。
多様な働き方は否定しないけど、かなりレアケース。



・長野選手が思わぬ移籍になりファンとしては嬉しい反面、奥さんの仕事の方は大丈夫かと心配だった。こうした前向きな下平アナの気持ちが知れて安心したし嬉しい。

長野さんローカル番組に飛び入りで参加してたり本当に明るくて雰囲気がよくて
何か応援したくなる選手。

若手も次々出てくるが来年もっともっと活躍する場があって欲しいと願う。



・じゅん散歩のナレーションが大好きです。前向きな姿に尊敬してます。これからも応援します。





・これからは色んな働き方が認められいく時代。週3日勤務や在宅勤務など、柔軟な勤務が広がれば女性や障がい者、高齢者などの働く機会も広がり、いい社会になると思う。



・夫の転勤?という言ってみれば自発的な環境の変化でないにも関わらず、状況をネガティブにとらえるのではなく、楽しもうとする姿勢でいるのは決して誰もが出来る事ではないと思います。

お住みになる間広島を楽しんでいただけると出身者としてもちょっと嬉しいです。



・この暮らし、仕事にも活かせるでしょ

キー局って地方置き去りな放送しかしないのよ
その目線から、より良い番組作りを主導してみて下さい
もうそれだけの力量あるはずだよ



・お互いに大好きだよね、たぶんこの2人って(笑)
うらやましい。



・>「生まれて初めて自分で鱧の湯引きをして、『なんだか私、人間のランクが上がった気がする』

これって、現代日本人に1番大切な事だと思う。仕事人間というか、仕事という分かりやすい逃げ道に逃げてる人が多過ぎると思う。
責任という、意味不明な理由を見つけてね。

自分で自分を褒められる事を見つけられるって結構大切な事。自己肯定感ね。



・堂林選手の奥様は、ただひたすら翔太が大好きって感じでそれはそれで好感は持てます
アスリートを支える古き良き日本のスタンダードな奥さんですね。

下平さんは局と話しあって、退職しないで夫婦の暮らしを維持しようと、考えながら今の生活を作っていってる感じで、とても興味深いです。プロ野球選手の奥さんでそんな人いたでしょうか。

お子さんがいたら難しかったかもしれませんが、高収入の旦那さんに甘えず、なんとか好きな仕事を続けようというのは素敵です。




【関連記事(堂林翔太×枡田絵理奈アナの広島での子育てエピソード)】






__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認