広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    インタビュー

    緒方監督過小評価
    https://www.nishinippon.co.jp/nsp/baseball_lions/article/491195/

    緒方監督インタビュー、常勝カープは「戸惑い」から

    セ・パ2リーグ制に移行した1950年以降、3連覇を達成した球団は6。セ・リーグではV9という圧倒的な時代を築いた実績を誇るジャイアンツが5回3連覇以上を成し遂げているが、あとは昨年から続くセ・リーグ王者の広島東洋カープのみである。

     カープの指揮官・緒方孝市は4年間で3度のセ・リーグ制覇を果たした。今、「もっとも勝っている監督」といって差し支えない。しかし、かといってそれにふさわしい評価を受け取っているわけではない。

    「12球団一、過小評価されている」といっても過言ではないだろう。

    それでも当の本人は表情ひとつ変えずに「当たり前だ」と言った。

     なぜか? 

     いかにして“勝てるチーム”を作り上げ、勝利に導いているのか?  普段は寡黙な指揮官の独占インタビューで送る。

    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55858


    ・素晴らしいインタビューだと思いました。緒方さんの質の高い人間性が感じられます。

    3連覇の監督となったのは偶然ではなく必然だったのだと、いまさらながら理解できた気がします。

    足し算だけでなくかけ算、というのは他所の監督への皮肉ですかね、いや単なる私の色眼鏡か。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    カープ野間目標一番センター3割

    【広島・野間インタビュー1】目指すは「1番・中堅」&打率3割 開幕スタメン狙う


     広島・野間峻祥外野手(26)が27日、デイリースポーツの独占インタビューに応じた。昨季は初の規定打席に到達するなど、リーグ3連覇に貢献したブレーク男。攻守でチームの中心だった丸がFAで巨人に移籍した今季、レギュラーを念頭に置く中、進化の年へ「1番・中堅」と打率3割を目指す思いを語った。

     -中堅手は外野を統率する部分もある。

     「去年丸さんがやっていたのを見ていますし、打者によってある程度3人で話しながらやっていければいいかなと思います」

     -丸はFAで巨人に移籍したが、その丸から学んで生かせる部分は?

     「指示だったりは常に気を配ってやってもらっていましたし。そこはやらないといけないなと」

     -センターに入ると責任感も出てくる。

     「だいぶそこはありますね。センター中心で両サイドに動いていくので、大事だなと思ってやっていきたいですね」




    ・野間がセンターに入れば守備面での丸の穴は埋まる。あとは出塁率を含めた打撃面をみんなで埋められるか、が課題になると思う。ピッチャーにも頑張ってもらって失点を減らせば丸の穴は完全に埋まると思う。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/02/19(火)23:15:44 ID:kHT
    菊池涼介補殺数減少原因

    その華麗でアクロバティックな守備から「日本球界屈指の二塁手」と呼ばれる菊池だが、気になるデータもある。

    14年に補殺(野手がアウトを成立させた際につく記録)でプロ野球記録となる535をマークしたものの、昨年はこれが420まで減少。

    これは肉体の衰えなのか? また、昨年の契約更改の席で球団に近い将来のメジャー挑戦を直訴したが、「メジャーで通用する内野手」についてどんなイメージを持っているのか?

    (全文はリンク先)
    https://wpb.shueisha.co.jp/news/sports/2019/02/19/108217/

    17: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/02/19(火)23:25:03 ID:3Jn
    本当にポスティング狙っとるなら今年は勝負の年やな

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    野間峻祥岡田明丈広島アスリートマガジン

    418: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/01/26(土)09:26:14 ID:uY0.re.69
    岡田明丈

    ー 普段の野間選手ってどんな人?
    「本当にあのまんま、いつも明るくてすごいなと思います。僕がイジっても怒らないですし優しい先輩ですね。実は2017年、僕の方が野間さんより打点を稼いでいるんです(野間:2打点、岡田:8打点)。そのことを言ったら、「お前いつか覚えておけよ」って笑いながら言ってくれました(笑)。でも面白いだけじゃなくて、逆に真面目にやるときはトコトン真面目に練習をしています。投手と野手で役割は違いますが、尊敬できる先輩のひとりです。

    (全文はリンク先)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190126-00010001-hathlete-base
    岡田、野間をいじる




    419: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/01/26(土)09:56:38 ID:4NC.aa.r9
    饒舌すぎやろ岡ちゃん
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547985097/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/10/11(木)20:38:04 ID:0jZ
    菊池涼介ポジショニング

    球団史上初となるセ・リーグ3連覇の偉業を果たした広島カープ。

    菊池涼介内野手は二塁手として両リーグトップの守備率.996を記録し、華麗な守備で栄冠に貢献した。

    菊池といえば、トリッキーなグラブ裁きなどメジャーリーガーを彷彿とさせる守備技術に加え、独特のポジショニングが輝きを放つ。「なぜ、菊池はそこにいるんだ?」と相手や観衆が驚くような位置取りでヒット性の当たりを次々にセカンドゴロに変えてしまう“一人シフト”について、菊池がFull-countの単独インタビューで語ってくれた。

    https://full-count.jp/2018/10/11/post225327/

    30: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/10/12(金)00:25:17 ID:AmT
    >>1
    守備率これマジかよ
    守備率なんてパワプロでしかみないが
    二塁手でこれってなかなかないやろ
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539257884/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    ■広島カープ・ジャクソンがフリーペーパー『リビングひろしま』の独占インタビューに答える「サファテとマシソンに電話して助言をもらった」「引退したらプロレスラーになるかも(笑)」


    広島カープ_ジャクソン_サファテ_マシソン

    ~中略~

    何かを学ぶときは貪欲に。躊躇はしない

    編集部
    昨年6月、突然のスランプになりました。初対面のサファテ投手(福岡ソフトバンク)に、思い切って電話を掛けて相談したそうですが、その行動力がすごいですね。
     
    ジャクソン
    実際に6月に電話をしました。ただ自分としては、調子は悪くなかったのですが、数字的な結果が付いてきていなかっただけで、不調とは思っていません。結果が付いてこないと、チームから自分に対する信頼度が変わることも理解しています。そのため、日本で長く経験しているサファテ選手にアドバイスをもらおうと思い、彼に電話をしました。
     
    編集部
    電話することにためらいはなかったですか。

    ジャクソン
    サファテ選手以外にも、マシソン選手とも話をしました。僕にとって、〝何かを学ぶ、何かを得る〟ために、躊躇(ちゅうちょ)することはありません。

    (全文はリンク先)
    http://www.livinghiroshima.com/?cn=111083



    7: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃
    >>「日本でいいリリーフ投手になるには、現在日本で活躍している最高のリリーフ投手に相談するのがいいと思ったんです」

    ぐうの音も出ない正論だなwしかし、サファテは相変わらずいい奴だなぁ…。去年の日本シリーズでの三回回跨ぎには鳥肌が立ったもんだぜ。
    http://carp-matome.blog.jp/archives/1070733634.html 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    會澤翼_誰かが抜けてもカバーする力がカープにはある
    広島・会沢選手会長インタビュー【前編】誰かが抜けてもカバーする力がカープにはある

    球団史上初のリーグ3連覇へ死角はない。広島・会沢翼捕手(30)がデイリースポーツのインタビューに応じ、今季から務める選手会長としての在り方や、投打の懸け橋としての責任感などを語った。優勝と日本一へ向けては、チーム内の競争と助け合いの必要性を強調。22日に再開するリーグ戦でも、一丸で戦う決意を表明した。
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/06/20/0011369649.shtml


    ・現状、カバーできていないよね。特に投手陣。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ