広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    エンドラン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    谷繁解説「カープ會澤翼のリードは球数が多い」
    https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/201902050000578.html

    35: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2021-04-09 18:10:36
    なんか何年、谷繁の解説が上手くなってない?
    カープも自然に褒めてくれるし

    166: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2021-04-09 18:25:50
    >>35
    広島出身の谷繁さんはカープ大好きだから
    引用元:【カープ実況】大瀬良大地vs菅野智之。坂倉5番ファースト 菊池1番 安部2番 田中8番の新打線【広島-巨人/マツダスタジアム】 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ佐々岡監督バントをやめてエンドラン
    ※今季は早い回からバントをすることが多かったが、この試合は1回から2番菊池涼介がヒットエンドランを成功させる。


    広島・佐々岡監督 打線テコ入れが成功 攻撃的さい配で初回一挙5得点

    この日は1番に今季初めて長野を起用するなど、打線をテコ入れして臨んだ。初回無死一塁で、佐々岡監督は送りバントではなくヒットエンドランを選択。攻撃的な采配がピタリと当たって無死一、三塁とすると西川の二塁内野安打で先制点を奪った。その後は坂倉に1号3ランなどが飛び出した。

     初回に5点を奪ったのは今季52試合目で初めだ。前日のDeNA戦から打順を変更した佐々岡監督は「きのうまでの試合で点が取れていなかった。初回はうまくいった。(ヒットエンドランが決まり一、三塁となったことは)理想の形」と振り返った。

    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/08/21/0013624698.shtml

    105: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/08/21(金)21:04:13 ID:hF.u6.L30
    あの阪神を3タテした巨人に勝った
    これどういう意味?

    85: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/08/21(金)21:01:47 ID:mL.wx.L7
    フランスアがマジで守護神

    89: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/08/21(金)21:02:17 ID:U1.ab.L20
    フラさんもありがとうな
    誰かの失敗を庇えるチームでなきゃいかんよ
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1598010307/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    北別府がカープ佐々岡監督に激!「選手に遠慮せず厳しい采配を」

    広島・佐々岡監督は選手に遠慮することなくもう少し厳しい采配を 北別府氏が注文

    広島は12日の中日戦(マツダ)で4安打、3併殺もあり1得点で敗れた。北別府氏は「相手の投手が良かったといえばそれまでだけど、チーム打率がいいから打者任せになっている」と指摘した。

     続けて「もう少し足をからめる野球ができないだろうか。エンドランは危険が高いけど、他のチームはじゃんじゃん走ってくる。カープは走れる選手がいるのに今、仕掛けていない。次のバッター待ちという感じになっている」という。

     投手目線で「ランナーが走ってこなければ打者に集中できる。走るかもしれないと思うと、けん制を入れたり間合いを長くしたりと投手はやるべきことが増え、集中できなくなる。加えて配球も直球系の球が増えてくる」と話した。

     チーム打率・275はDeNAと並んでリーグトップ。得点も巨人に続いて2位だが、勝負どころでの一打が出ていない。北別府氏は「打率はいいんだけど、走者がいるときに引っ掛けたりするなどのチームバッティングができていない」と状況に応じた打撃ができていないと分析する。




    ・北別府さんのおっしゃる通りだと思います!!!



    ・負けても、昔の決して諦めないワクワクする野球を観たい。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ