広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    カープ愛

    栗原健太退団_05
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1444398201/

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/10/09(金)22:43:21 ID:jJT
    広島を退団することが発表された栗原健太内野手(33)が9日、自身のブログを更新し、深いカープ愛をつづった。

     かつての4番打者は、今季の年俸3360万円から野球協約で定められた減額制限(1億円以下は25%まで)を超えるダウン提示による自由契約を選択。
    「ご報告。」と題したブログでは「カープを退団させて頂く道を選ぶことに決めました」と冒頭で報告。

     「長くカープでお世話になっているからこそ、球団には気も遣わせてしまい、はっきりとは言われないままですが、僕の中で色々と理解し、僕の自信と重なった今、カープを去る決意を伝えました。カープでの復活を待って頂いてくださった方々、申し訳ありません」とわびた。

     「ただひとつ僕が胸を張れるのは、必要とされている時に逃げず、不必要とされた時に別れを告げる、それほど僕はカープが、広島が好きだったという証拠になると思っています」と感謝は尽きない。

     獲得に乗り出す球団があるかは現時点でわからない。「そこでもし僕の希望が叶(かな)わなかった時、それは今は考えません。(中略)
    僕はカープのユニフォームが着れて本当に幸せ者でした。(中略)僕はこれからも広島と縁もゆかりもあります」と広島との絆を強く感じている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-00000175-sph-base
    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/10/09(金)22:44:57 ID:Jlr
    何らかの形でまた帰ってきてほしいなあ
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    黒田_柳田_対戦
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/06/12/kiji/K20150612010532020.html
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1434120556/
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1434119404/


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/06/12(金) 23:30:04.90 ID:4bEOLCC90.net
    交流戦  ソフトバンク0―6柳田 (6月12日  ヤフオクD)

    柳田、2安打放った黒田から賛辞「末恐ろしい」

    前日の阪神戦で左前腕付近に投球を受けて途中で退いたソフトバンクの柳田がフル出場し、黒田から左右への2安打をマーク。広島県出身の柳田が憧れる黒田から「あれだけ日本人で振れる打者はいない。まだまだ若いし、末恐ろしい」と賛辞を贈られ、本人は「リップサービスじゃないですか。負けたので悔しいです。(腕は)大丈夫です」と話した。 

    1回に右前打で出塁し、次打者の内川の初球で二盗。4回の守備では前方への打球を滑り込みながら好捕し、三拍子そろったプレーを披露した。打撲の影響を感じさせず、工藤監督は「来るボールに負けない力があるから、あそこまで持っていける」と評した。

    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/06/12/kiji/K20150612010532020.htm

    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/06/12(金) 23:30:44.39 ID:OEhW/xZV0.net
    俺自信がカープになることだ
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    yanagita
    http://open02.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1412921005/

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)15:03:25 ID:ae9ofqZ2p
    それともネタとして言ってるだけ?
    どっちなん?
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ