小窪哲也スタメンの神様
広島・小窪が勝ち越し打「思いきり振り抜きました」


「中日-広島」(14日、ナゴヤドーム)

広島が2-2で迎えた六回、小窪哲也内野手(31)の左翼線二塁打で勝ち越した。

2死から死球、四球で一、二塁となったところで打席へ。中日・ジョーダンに対し、フルカウントから6球目、内角高めの140キロ直球を狙った。振り抜いた打球は左翼線で跳ねる。一気に2者が生還して2点を勝ち越した。

前日13日の同戦では、四回に今季1号の同点2ラン。2試合連続のスタメン出場で、選手会長が結果を残した。「打ったのはストレート。チャンスだったので、積極的に思い切り振り抜きました。いい結果になりました」と振り返った。
http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/05/14/0009083285.shtml

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1463210468/
760: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/05/14(土)16:59:49 ID:x6z
小窪、外野の間ぶち抜いてエルを余裕持って帰らせてくれ
続きを読む⊂( ●▲●)⊃