広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    ストレス

    プロ野球監督ストレス


    1: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 19/10/01(火)17:33:51 ID:GHN
    原「寝る前にワイン飲んだら全部忘れてグッスリ眠れる」
    和田「帰り道を変えるだけですぐ元気になる」
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1569918831/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    會澤翼戦国時代ストレス
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/06/0010530707.shtml


    「戦国時代ストレスなんて言葉はない」広島言葉の力

    <言葉の力:広島>

     広島は79、80年以来37年ぶりにセ・リーグ連覇を達成した。胃がんを公表し、グラウンドに戻ってきた赤松の存在がナインを鼓舞。チーム最年長40歳の新井を中心に一丸となって戦った。担当記者の印象に残った言葉は…。

    ▽緒方監督「一番邪魔なものは情なんよ」(大きな補強のないまま迎えた今季。チーム全体の底上げを目指し、競争を激化させた指揮官。心根の優しさを欠くし、ときに冷酷な判断に徹したことを表す一言だった=池本泰尚)

    ▽赤松「34歳で胃がんでしょ。死んでても不思議じゃない。でもそこで俺を死なせなかったというのは、何かあると思うから。もう、自分のために野球をするわけじゃない」(前例のない胃がんからの復帰を目指す中で出た一言。ただならぬ使命感を背負い、グラウンドを目指す=池本泰尚)

    ▽鈴木「神様が変われるチャンスをくれた」(11月、シーズン終盤に右足首の負傷で長期離脱も、自分自身と向き合う貴重な時間になったと感謝した。来季、変化した姿が楽しみだ=前原淳)

    ▽会沢「ストレスは現代人がつくった都合のいい言葉。戦国時代にストレスなんて言葉はない。そんなヤツはすぐに斬られる。生きるか、死ぬか。その世界にストレスは関係ない」(主戦捕手としてマスクをかぶり、批判、重圧をはねのけた。真っ向から立ち向かう意気込みを感じた=池本泰尚)

    (全文はリンク先)


    ・この「広島言葉力」がチームの団結力となった


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ